下痢が続く方に、その原因や注意点、改善方法などをお伝えしています

続くお腹のゆるさにお悩みの方へ なっとークィーン10日間お試しセット

下痢の原因は花粉症から

下痢が続く原因は様々ですが、花粉が飛散する時期は要注意です。

下痢の原因は花粉症から?

この時期になると下痢が続く方も多くなります。中でも下痢が続く原因の一つとして花粉が下痢の原因として挙げられるのは珍しいことですが、様々な花粉が下痢の原因として起こることがあるのです。

スギ花粉症は今でこそ認知度が高いのですが、昭和30年代終盤に発見された比較的新しい疾患です。

そして、その後、花粉症患者は増え続ける一方です。毎年花粉が飛び散る季節になるとなんだか吐き気や下痢を起こすという場合、花粉症が原因であることもあるようです。

花粉症と下痢、吐き気の関係性

たとえば、毎年花粉が飛散する時期に吐き気や下痢下痢が続くなどの症状があったとしても、その症状が軽ければ見逃したり、そのままにして、忘れてしまうことも多いでしょう。

実は花粉症には下痢や吐き気の症状を起こす原因にもなるのです。
そして、これらの症状は花粉が原因だと知らずに下痢が続くことに悩まされている人のなんと多いことでしょう。

口や鼻から肛門まではひとつの管で繋がっています。そのため、内壁は同じような粘膜で覆われています。
下痢の原因は冷え2
鼻や口は例えるなら体の玄関であるため、花粉の影響を最も受けやすい場所といえるでしょう。

しかしながら、口や鼻から入った花粉が、唾液と共に胃腸へ運ばれてしまうこともあり、そんな時、胃腸の粘膜が反応して、胃では吐き気、腸であれば下痢という症状として現れるのです。

花粉症の色々な症状は、そもそも、体内に入った異物に対する過剰な防衛反応によるものです。
口や鼻から運ばれた花粉は、胃や腸でも体に有害な物質と判断されるため、体は排除しようとします。
その時分泌される物質が、アレルギー症状を起こしてしまい、下痢の原因やこの時期特有の下痢が続く原因となるのです。

🔷花粉症の二次的疾患

花粉症の二次的疾患として、花粉が直接の原因ではなく、花粉症による目のかゆみ、頭痛、鼻づまりなどにより、極度のストレスを感じることで、自律神経が乱れてしまい、吐き気や下痢の症状があらわれることもあります。

花粉症はなかなか治りにくいものです。マスクやゴーグルで体に花粉を入れない対策はもちろん、合わせて腸内の環境を整えたり、体質改善に取り組むなど、対策が必要です。
特に腸内環境は免疫に影響を及ぼすといわれています。

おなかの調子を整えることで、副次的にアレルギー体質が改善することもあるようです。

代謝機能が正常に働いていれば、体内に蓄積した化学物質(毒素など)は便なや尿と一緒に体外に排出されます。しかしアレルギーの方は化学物質の蓄積に対し、その排泄が追い付かず、体内に蓄積され続けると考えられます。

代謝機能を正常に保つ基本は腸内環境です。腸内環境を正常に保つのは腸内善玉菌の働きです。
腸内善玉菌が善玉菌が多い腸内環境にしよう!
腸内善玉菌のサプリメントを毎日補うことで腸内環境はすこぶる良くなります。結果として花粉症が治り、下痢が改善されます。上手に下痢改善のサプリメントを使ってみましょう。

※慢性的な下痢が解決しない場合は、お近くの病院で医師の診断を受けて下さい。また、 必要なサプリメントで腸内の悪玉菌と善玉菌のバランスを整えることで解決する場合もあります。
いずれにしても、正しい栄養補給や生活習慣を心がけて、下痢体質をしっかりと改善していきましょう。

下痢の原因の最近記事

関連記事

おなかのゆるさに
お悩みの方へ
なっと~クィーンお試しセット

クィーン10日間
お試しセット
¥980

詳細はこちら