下痢が続く方に、その原因や注意点、改善方法などをお伝えしています

続くお腹のゆるさにお悩みの方へ なっとークィーン10日間お試しセット

下痢が続く原因は朝食に?

下痢の原因は様々ですが下痢の原因がわからない、下痢の原因に思い当たる事がない、ひょっとしたらこれかな?あれかな?やっぱり下痢の原因はストレスかな?などと悶々とされている方もおられます。

下痢が続く原因・・・胃腸が弱い人が朝食を摂ると下痢になる?

実は下痢の原因が朝食にるという事があります。「朝は朝食をしっかり食べて1日のエネルギーを蓄えましょう!」とよく言われますが、朝食を食べると下痢になる方は結構多いのです。

朝食を食べるとなぜ下痢になるのでしょうか?

朝は物を吸収する時間ではなく、体から排泄するための時間です。
朝の5時~10時ぐらいまでは、体が体内の不要物を出す働きをするので、もともと消化にはよくない為、お腹が弱い人が朝食を食べると消化不良を起こして下痢になることがあるのです。
朝食を食べて下痢になるなど、下痢の原因は人によって様々ですので、まずは、自分がどのようなときに下痢をしてしまうのか認識してみましょう。

①朝に食べること自体が下痢の原因

体質的に朝の食事が合わない人がいます。朝は水分補給(お茶など)だけにしてみましょう。

②朝、食べているものが下痢の原因になっている

下痢の原因となるものを摂っていせんか?
コーヒー、乳製品やカフェイン、脂などが朝は消化できずに下痢になることがあります。和食中心の朝食にしてみましょう。

③朝、起きてスグ食べているのが下痢の原因

朝は、体が活動していないので消化が十分できない場合です。起きて2時間後位に朝食を摂りましょう。運動をすればもっといいでしょう。

④昨日の夜に食べたものが下痢の原因

夜食事する時間が遅い場合や、脂っこいもの辛いものなど特定のものを食べた翌日に下痢になっていないでしょうか。思い当たる事があれば次回から控えましょう。

⑤精神的な原因による下痢

通勤や外出などでいつもトイレお事が気にかかり不安になると下痢を起こしやすくなります。学校ならトイレに行きやすいように先生に相談しておく、職場なら会議の前に排泄しておくなど。また、ストッパなどの水なしで飲める下痢止めの薬を携帯しておくことで安心できる環境をつくることも精神的な下痢に有効です。

朝食後の下痢は、原因がひとつではありません。 消化不良から精神的なものまで一人一人原因が違うので、自分でその原因を見つけて対処してみましょう。下痢の原因がわからない場合は、とりあえず朝食を抜くということも選択肢の一つです。

朝食を抜くとエネルギーがという説もありますが、抜く方が体によいという説も多いです。

なによりも、腸内環境を正常に保つ事が下痢改善の早道になります。腸内環境が良好であれば消化力も上がり、下痢の悩みも解決できます。腸内環境を良くするサプリメントがありますので上手に利用しましょう。

また上記のいろいろな原因のどれもあてはまらないという場合は、病気の場合もありますので一度専門医を受診してみてください。
腸内善玉菌が善玉菌が多い腸内環境にしよう!

下痢の改善には腸内善玉菌を増やす

「元気の元は胃腸から」と昔から言われています。おなかが丈夫であれば多少の有害なものを食べてもおなかが丈夫であれば、腸内が正常に働きますので、有害な物を即座に排出してくれます。

下痢という現象も体に悪い物をいち早く体外に出すという正常な働きなのですが、 下痢が続くという事は腸内が正常な働きをしていないという事になりますので、まずは腸内を正常な働きにすることが出来る様に腸内環境を整えましょう。

※慢性的な下痢が解決しない場合は、お近くの病院で医師の診断を受けて下さい。また、 必要なサプリメントで腸内の悪玉菌と善玉菌のバランスを整えることで解決する場合もあります。
いずれにしても、正しい栄養補給や生活習慣を心がけて、下痢体質をしっかりと改善していきましょう。

下痢の原因の最近記事

関連記事

おなかのゆるさに
お悩みの方へ
なっと~クィーンお試しセット

クィーン10日間
お試しセット
¥980

詳細はこちら