下痢が続く方に、その原因や注意点、改善方法などをお伝えしています

続くお腹のゆるさにお悩みの方へ なっとークィーン10日間お試しセット

下痢の原因は糖分の過剰

下痢の原因は様々です。特に慢性的な下痢の方、下痢が何年も続く方、ちょっとしたことでもすぐに下痢になる方、下痢が続く症状は様々です。

こうした慢性的な下痢は食べ物あるいは精神的な要因が大きいものです。下痢になっている方はご自分の食生活を見直す良い機会かもしれません。

下痢の原因は糖分の摂りすぎに!!

例えば、下痢でお困りの方で、以前より甘いものが欲しくなったという方はいらっしゃいますか?

それもそのはずで、胃腸が悪い人は、消化力が弱まっていますので、すぐにエネルギーになる砂糖を自然と好む傾向にあるようです。

しかし、砂糖は下痢の原因となる食品の一つ。
摂りつづける事で負のスパイラルに陥ってしまいます


甘い砂糖を使ったお菓子は、果物と違って、消化酵素やビタミン類があるわけではありません。むしろ、消化するときに、消化酵素とビタミン類を、過剰に使ってしまいます。下痢の方は栄養の吸収力も落ちてしまいますので、ともするとビタミン不足に陥ります。


また、砂糖を使ったお菓子は、強酸性のため、酸性の体液を元に戻そうとして、カルシウムなどのミネラルを消耗してしまいます。体内のカルシウムが欠乏してくると、自律神経が失調気味になっていきます。

下痢が続く原因

胃腸の働きは自律神経によるものですので、自律神経が弱ってくると、下痢の回数が増えたりといった症状になることもあります。
また、カルシウムが不足すると、身体が酸性化します。

すると、消化するうえで、最も重要な胃酸の酸性度が低くなっていきますので、ただでさえ弱っているところに消化力まで低下し、胃腸はさらなる負担に悲鳴を上げ続ける事になります。
下痢で辛い

下痢
である→甘いものが欲しくなる→ビタミン・ミネラル不足になる→
→自律神経が乱れ、消化力が落ちる→下痢がさらに加速する……


砂糖による下痢の負のスパイラルとはこのような形でぐるぐる回ることになります。
どうしても、甘いものが欲しい場合は、食後すぐに、果物を食べるのが良いでしょう。生の果物は消化酵素を持っていますので、消化を促し、手助けしてくれます。

また下痢を悪化させる原因は、甘いお菓子だけではありません。甘くなくても悪さをするお菓子もあります。その代表がポテトチップスです。

ポテトチップスは塩分や脂肪が多い高カロリーの食品です。それだけでも下痢の方には避けていただきたいのですが、さらに油を使用している点に注意が必要です。酸化して古くなっている油は、腹痛や下痢の原因になります。



さらに、味によってスクラロースやカラメル色素など添加物が入っているものだと、もっと注意が必要です。
合成甘味料のスクラロースは、有機塩素化合物の一種であり、体内で分解・消化されることがありません。消化できないものは腸の働きを妨げ、負担になります。

こうした負のスパイラルに陥ってしまうと、なかなかそこからの改善は難しいものです。自分の食生活をがらりと変える勇気をもって克服しましょう。自分ができる範囲で無理なく食生活の改善をすれば下痢はいつの間にか治まっていくはずです。

腸内善玉菌が善玉菌が多い腸内環境にしよう!

下痢の改善は腸内環境を整えよう

健康の要は何といってもおなかが丈夫であることにつきます。昔から「元気の元は胃腸から」と言われています。

おなかが丈夫という事は免疫力が高いという事です。免疫力の高い人はたとえ有害な物が体の中に入ってきたとしても腸内で十分に処理する事ができるからです。

例えば、あるレストランで有害な下痢の原因となる細菌のついた食べ物を食べたとします。その時、下痢となって症状が表れる人と、全く下痢の症状にならない人がいます。

これは腸内環境の良しあしで決まります。腸内環境が良い人は、有害菌が増えにくい環境になっており、そのため下痢にならないでいるのです。

下痢が続く、すぐ下痢になる方はまずは腸内環境を整えましょう。腸内環境を整えるサプリメントアありますので、上手に利用しましょう。

※慢性的な下痢が解決しない場合は、お近くの病院で医師の診断を受けて下さい。また、 必要なサプリメントで腸内の悪玉菌と善玉菌のバランスを整えることで解決する場合もあります。
いずれにしても、正しい栄養補給や生活習慣を心がけて、下痢体質をしっかりと改善していきましょう。

下痢の原因の最近記事

関連記事

おなかのゆるさに
お悩みの方へ
なっと~クィーンお試しセット

クィーン10日間
お試しセット
¥980

詳細はこちら