下痢が続く方に、その原因や注意点、改善方法などをお伝えしています

続くお腹のゆるさにお悩みの方へ なっとークィーン10日間お試しセット

下痢の原因・砂糖摂り過ぎ

下痢が続く原因は様々で、最近特に、慢性の下痢に悩む方が急増しています。

下痢の原因は砂糖の摂り過ぎにも!
 その中の原因の一つ身近な調味料が挙げられます。

 私たちは毎日美味しく料理をして食べることはとっても楽しみの一つです。塩、砂糖、醤油は料理には欠かせない調味料となっています。



砂糖にも白砂糖、黒砂糖、和三盆糖・・・ といろいろ種類がありますが、下痢の人には白砂糖と液糖が最も悪いようです

砂糖は浸透圧を上昇させるますので、腸内は浸透圧を低下しようとして、腸管壁から水分を引きだします。これが原因で水分の含有量が多くなり、浸透圧性の下痢になるのです

おなかが弱い方は特に砂糖の摂り過ぎは絶対に避けましょう。健康な人でも砂糖の摂り過ぎ健康によくありません。白砂糖は、精製過程でビタミンやミネラルなどの微量栄養素を失った酸性食品です。

人間の体は基本的に弱アルカリ性ですので、酸性食品である砂糖が大量に体内に入ると、中和するために体内のミネラル分が使われます。

この時、最も多く消費されるのがカルシウムなのです。白砂糖は、カルシウムがほとんど含まれていないので、必要なカルシウムは体内の骨や歯を溶かして供給されます。これが甘いものを摂ると虫歯になったり骨が弱くなる理由です。
下痢の原因は栄養失調

更に白砂糖は、血糖値を急激に上昇・下降させます。低血糖症の原因となり、またその他ミネラル・ビタミン不足を引き起こし、鬱、疲労、眩暈、貧血、頭痛、浮腫、湿疹、脂肪肝、心疾患、呼吸器病、記憶障害といった様々な症状を招いてしまいます。

ですから、砂糖の摂り過ぎ被害は全身に影響し、腸内環境が悪くなり、下痢が続いて、悩む人も多くなるのです。

コンビニ、出来あい商品、冷凍食品、お菓子、白砂糖を液体化したシロップ、ジュース、菓子、ドレッシングなどにもいっぱい入ってます。

ですから意識して砂糖を摂っていないと言っても、毎日摂っている人がほとんだと思います。もう日本中、世界中が、砂糖中毒といっても過言ではないくらいです。
下例の原因は白砂糖の摂り過ぎに

では砂糖の代わりに、合成甘味料(人工甘味料)ではと言いたいところですが、これまた合成甘味料が下痢の原因にもなるのです。

その他乳糖、果糖、高果糖コーンシロップ、ソルビトールが多く含まれている食品や飲み物を制限しましょう。

砂糖が決して悪いのではありませんが、摂り過ぎが悪いのです。砂糖を摂った時にはビタミン・ミネラルも十分に補給しましょう。特に慢性的に下痢が続く方は意識してビタミン・ミネラルなどバランスよく摂り、砂糖を摂りすぎないようにしましょう。

腸内善玉菌が善玉菌が多い腸内環境にしよう!

すべて食べたものは腸内で処理されますので、腸内が正常に働きをすれば、下痢にも病気にも負けない体になります

まずは食べ物に注意しながら腸内を正常に整えるために必要なサプリメントがありますので、上手に利用しましょう。下痢改善は一段と速くなります。



腸内環境を整えよう
「元気の元は胃腸から」と昔から言われています。昔は今ほど添加物はなかった時代に、腸内環境が健康に大きく左右していることが体験してわかっていたのです。

現代では世界中の食材が満ち溢れ、どの食材が日本人の健康に良いのかさえ分からなくなってきています。一つ一つの食材は確かに栄養豊かであったとしても、日本人の体質に果たしてあっているかどうかは疑問となることが多いものです。

「身土不二」と言う言葉がありますが、身土不二というのは地元の旬の食品や伝統食が身体に良いのでそれを食べましょうという事です。身体に合わないものはそれを早く出そうとして下痢になってしまいます。



何を食べても下痢にならない人がいます。そういう人は腸内環境が非常に整っている人です。腸内環境を強化すると、下痢の改善は早くなります。腸内環境を整えるサプリメントがありますので上手に利用しましょう

※慢性的な下痢が解決しない場合は、お近くの病院で医師の診断を受けて下さい。また、 必要なサプリメントで腸内の悪玉菌と善玉菌のバランスを整えることで解決する場合もあります。
いずれにしても、正しい栄養補給や生活習慣を心がけて、下痢体質をしっかりと改善していきましょう。

食べ物・飲み物による下痢の最近記事

関連記事

おなかのゆるさに
お悩みの方へ
なっと~クィーンお試しセット

クィーン10日間
お試しセット
¥980

詳細はこちら