下痢が続く方に、その原因や注意点、改善方法などをお伝えしています

続くお腹のゆるさにお悩みの方へ なっとークィーン10日間お試しセット

下痢の原因は季節と食生活

秋口に下痢する人います夏の疲れが出ているせいか、自律神経が乱れ、すぐに下痢が続く、突然の下痢になるなど、下痢に悩まされる人が多くなります。

下痢の原因は季節の変化と食生活

体は季節に合わせて変わっていきます。体温調節、食べ物の変化による胃腸の働き、気圧の変化などなど挙げればきりがありませんが、本来なら、身体は季節に合わせて、下痢などしない様に上手く調節できるようになっているのです。

しかし下痢が続く人は、夏の間の食生活や生活態度などが下痢の原因となっているのかもしれません。



「怖くて、満員電車に乗れません。下痢は突然、やってきます。」という経験がある人もおられます。

下痢は誰しも経験のある症状ですが、突然の下痢は普段の生活習慣のなかに、意外な下痢の原因があることがあります。自分の食生活を一度、良く見直してみましょう。

突発性と慢性的な下痢の違いは?
下痢の症状は、突発性と慢性の2種類に分かれます。大事な要件の前に、突然の腹痛とともに何度もトイレに駆け込んだ…といった経験のある人は多いでしょう。これが突発性の下痢で、「過敏性腸症候群」と称されます。

ストレスなどで腸の神経が刺激され、腸の運動が活発化することによって便が速いスピードで押し出されるため、腸内で水分の吸収に必要な時間を取ることができず下痢になるとされています。

一方、慢性下痢は過労や睡眠不足、不規則な食習慣などが原因で起こるもので、長期間にわたって症状が続いたり再発を繰り返したりすることになります。

下痢の原因として考えられるのは、先に挙げたストレスや過労、睡眠不足、食習慣など様々です。
睡眠不足で下痢
不安や緊張などのストレスは自律神経の乱れにつながり、腸の働きに影響を及ぼします。過労や睡眠不足も放っておくとストレスになり、下痢の症状を引き起こしかねません。

食生活にも注意が必要です。食べ過ぎや水分の摂りすぎは腸粘膜を荒らし、下痢の原因となります。

また、そろそろ冷えに悩む人が多くなる季節。冷えは自律神経の乱れによって起こりますから、手足が冷えると感じたら、下痢にも注意したいところです。

下痢の対策

突然の下痢を防ぐためにすべきことは、食習慣の改善や睡眠、運動やストレス解消など、そんなに難しいことではありません。腸を整えることを意識して、栄養バランスに気をつけて毎日3食をしっかりとるよう心がけましょう。



辛すぎる食事や脂っぽいものは、腸に強い刺激を与えるため控えめに。冷たい飲食物も下痢を引き起こしやすいため、注意しましょう。

普段から食べておくとよいのが、便の状態を整える食物繊維を多く含んだ食材や、腸内細菌を増やしてくれるもの、消化吸収のよいおかゆ、野菜スープや豆腐など脂分の少ないものがおすすめです。

外で運動する時間が取れない場合は、室内でストレッチをするのもよいでしょう。ぬるめのお湯にみぞおちまで浸かる半身浴も、気分がすっきりして気持ち良い睡眠につなげることができます。食生活に加えて、こうした生活リズムを整えることが、下痢の防止に大いに役立つのです。
腸内善玉菌が善玉菌が多い腸内環境にしよう!
 「元気の元は胃腸か」は昔からよく言われています。人は食べることで生きていくことができますし、また健康を維持することができます。

健康の基本はまず食べることから始まりますので、胃腸を丈夫にすることがなによりも大切です。

胃腸を丈夫にするサプリメントがありますので、上手に利用してみましょう。腸が丈夫になると身体は自然と丈夫になり、下痢はいつの間に改善されてきます。

※慢性的な下痢が解決しない場合は、お近くの病院で医師の診断を受けて下さい。また、 必要なサプリメントで腸内の悪玉菌と善玉菌のバランスを整えることで解決する場合もあります。
いずれにしても、正しい栄養補給や生活習慣を心がけて、下痢体質をしっかりと改善していきましょう。

秋に起こる下痢の原因の最近記事

関連記事

おなかのゆるさに
お悩みの方へ
なっと~クィーンお試しセット

クィーン10日間
お試しセット
¥980

詳細はこちら