下痢が続く方に、その原因や注意点、改善方法などをお伝えしています

下痢の原因・改善方法を徹底解説 | 下痢改善相談室
下痢を改善するには?

下痢の原因は夏の食べ合せ

下痢の原因は暑の食べ合せに
下痢の原因は色々ありますが、習慣的な食生活が下痢の原因となることもあります。これから連日暑い日が続くと、胃腸の能力も低下し、下痢の発生も多くなります。

胃腸が弱ったところに食べ合せが悪いと、更に消化能力が落ち下痢になりやすくなります。食中毒とは違う、食べ物の組み合わせで下痢になることが大いにあるのです。

特にこの夏場では、冷たい物、寝不足、クーラーなどによる体の冷えから来る胃腸の低下で、ちょっとしたことの変化でも対処しきれなくて、下痢の原因となることがあります。では食べ物の組み合わせで下痢になりやすいものはどんなものがあるのか調べてみましょう。


食べ合わせによる下痢
美味しい食事は楽しいものです。なんでも好き嫌いなく食べるのが理想ですが、食べ合わせにも積極的に摂ると効果的なものと、避けたほうがよい食べ合わせがあります。

子供の頃、“天ぷらとスイカ、うなぎと梅干、氷と天ぷら”を食べたら、おなかをこわすから駄目だよと言われていた記憶がありませんか。大人になってもその食べ合わせの記憶は残っていると思います。

食いあわせは、一緒に食べる時に食材の取り合わせが悪いと言い伝えられているもので、一般に消化に悪いとされています。ちゃんとした化学的根拠はあいまいですが、昔からの民間療法として現代でも通用する避けたい食べ合わせです。

特にすぐに下痢をする人、胃腸の弱い人には注意
日本に古くから伝えられている“食いあわせ”による、消化に悪い物同士の組み合わせによる下痢は次のようなものがあります。


①ウナギに梅干し

ウナギの脂っこさと梅干しの強い酸味が刺激し合い、消化不良を起こします。胃腸が弱っている場合、脂分と酸味の強いものを多量に摂るのは注意が必要です。

②天ぷらに氷水(天ぷらとスイカ
水と油で消化が悪く、胃の負担が増加し、消化に支障をきたす事が確認されている。 特にスイカが出回る夏には食べ合わせしやすいので、注意しましょう。

③蟹に氷水
蟹も氷水も体温を下げる効果があるので、お腹が冷えると腸内環境が悪くなり下痢をしやすくなります。
④冷たい蕎麦と茄子の漬物
ナスの漬け物は体を冷す作用があります。そばには胃を冷やす作用があります。冷たいまま両者を食べるとより体を冷やすことになり、ますます下痢をしたり手足が冷えてしまいます。

⑤夏野菜、南国の果物など
体を冷やす野菜・温める野菜は、伝統医学や食事方法によって分類が違います。同じ野菜であっても、一方では体を温める野菜、一方では体を冷やす野菜になっていることもあります。一つだけ間違いないのは、『冷たいものは体を冷やす』ということ。

冷えが気になる人は、サラダは冷やしすぎない、青汁や野菜ジュースには氷を入れないようにするなど、冷たすぎるものを摂取する回数を減らしましょう。

冷えを気にするあまり、食べる野菜を制限することで栄養が偏ってしまってはいけません。どの季節も色々な種類の野菜を食べて、栄養をしっかり摂るようにしましょう。野菜による体の冷えを気にするよりも、野菜から摂取できる栄養成分に目を向けるようにしましょう!

⑥生卵とところてん
両方とも消化に時間がかかるので、胃腸に負担が掛かる
⑦きゅうりとトマト
きゅうりとトマトは夏野菜の定番です。パンに載せたり、サラダにと料理のバリエイションは豊富です。
キュウリはビタミンC・カリウムが豊富で、利尿・健胃・解毒作用があり、むくみや二日酔いにも有効ですが、キュウリを食べ過ぎると、筋肉が揺み、胃腸がさらに下垂して、下痢の原因となってしまいます。
トマトは、野菜の中でも 内臓を冷やしやすい野菜です。特に季節はずれに食べると内臓を冷やし下痢の原因となります。おなかの弱い人は、サラダよりも熱を加えて食べましょう。栄養吸収がとてもよくなります。

夏は特に食べ合せや調理の仕方に注意しましょう
悪い食べ合せを食べてもあまり問題のない人もいます。胃腸が元気で正常に働いている場合はちょっと体がだるくなるくらいで下痢まではいかない事も多いものです。

夏場に冷たい物をいっぱい食べても身体が疲れやすくはなりますが、下痢をしない方も多いものです。
また、調理の仕方で消化が良くなる、食べ合わせで栄養の吸収が良い物もありますので、それぞれに自分に合った工夫をしましょう。

食べ合せの良い例を2~3挙げてみると
①からあげとレモン
唐揚げには必ずと言って良いほどレモンが添えられていますが、この組み合わせも理に適っています。

レモンのクエン酸やビタミンCは唾液や胃液の分泌を良くして消化吸収を促進する効果があり、ビタミンCには血中コレステロールを下げる効果があります。ですから油の多い唐揚げには持って理想的な組み合わせです。

②焼き肉と大根おろし
焼き肉はとても油っこく、たくさん食べるとドロドロになった血液を大根おろしはサラサラにしてくれます。また、肉の焦げた部分の発がん性物質を、大根おろしのビタミンCが中和してくれる効果もあるようです。

③とんかつとキャベツ
キャベツにはビタミンUという珍しい栄養素が入っていて、これは胃腸薬にもなるくらい胃腸を保護する働きが強いんです。そのため、油っこいものを食べた時の胃もたれやむかつきを抑え、消化を助けてくれます。

このように昔からの付け合わせには理にかなっています。特に消化能力が落ちる夏には脂っこいものを食べる時には食べ合せを考えましょう。食べ合せによって様々な良い効果や悪い効果が発生します。食べ物は数えきれない程、溢れており、実際どの組み合わせが悪いかわからない程です。

腸内善玉菌が善玉菌が多い腸内環境にしよう!
健康の要は何といってもおなかが丈夫であることにつきます。昔から「元気の元は胃腸から」と言われています。レトルト食品やコンビニ食品、カップ麺、惣菜など、添加物がたくさん含まれている様な食べ物は有害な物質が多く、当然腸内の環境を悪くしてしまいます。消化力、免疫力も低下します。

腸内が弱くなると正常な働きが行なわれにくくなり、水分調整も正常に出来ず、水分の多い、つまり下痢状態の便となってしまうのです。下痢が続く、すぐ下痢になる方はまずは腸内環境を整えましょう。腸内環境を整えるサプリメントがありますの上手に利用しましょう。下痢の改善は一段と早くなります。

PageTop

PageTop

下痢の基礎知識

下痢の改善方法

子供の下痢

病気の可能性

下痢の原因

下痢+別の症状

下痢が続く(慢性的な下痢)

食べ物・飲み物による下痢

腸内環境を改善する菌や成分

コラム

下痢の原因 食品添加物

下痢の治し方

冬に起こる下痢の原因

夏に起こる下痢の原因は

秋に起こる下痢の原因

綺麗な腸は病気にならない