下痢が続く方に、その原因や注意点、改善方法などをお伝えしています

続くお腹のゆるさにお悩みの方へ なっとークィーン10日間お試しセット

下痢の原因はトマトに?

下痢が続く原因は色々ありますが、今日はポピュラーな野菜が原因で下痢をする場合を紹介します。

下痢の原因は一年中出回っているトマト

最近は季節を問わず、野菜の種類の豊富さに驚きです。冬場でも、夏の野菜が出回っています。夏の野菜でサラダと言えば代表的な一つがトマトですね。
トマトは色合いもいいですのでサラダなどには欠かせない野菜となっています。トマトは弁当や、料理の添え、サラダにと、とても人気のある野菜です。しかしこのトマトが下痢の原因となることがあるのです。

こういうと、驚く方がおられるかも知れまんが、トマトは、下痢が続く体質の人は、食べないようにしましょう。トマトは、野菜の中でも 内臓を冷やしやすい野菜です。特に季節はずれに食べると内臓を冷やし下痢の原因となります。

下痢が続く人は、胃腸機能が低下しているのですから、内臓を冷やす系の野菜を食べない方が無難です。

トマトが旬を迎えるのは、夏でとても暑く、体を冷やす必要があるからです。 ですから、猛暑日に、旬のトマトを少量食べるのは、良いですが、季節はずれの、ビニールハウス栽培のようなトマトは、下痢の原因となりますので生で食べるべきはありません。
どうしてもトマトが食べたい方は煮込み料理になどに利用しましょう。

しかし、トマトはナス科の植物なのでアレルギー反応を引き起こし、下痢の原因となり、下痢になる人もいます。トマトアレルギーの人は、生はもちろんの事、煮ても症状が現れる事があります。

トマトまたはナス科の検査項目がありますから、検査して下さい。検査で、もしアレルギーがある事が分ったら、下痢の原因となるナス、ジャガイモ、ピーマン、トウガラシ、シシトウ、パプリカも避けるようにしましょう。

身体は正直なもので、季節外れの野菜を食べ続けると、気候と身体のバランスが狂って、身体がおかしくなり下痢の原因をつくります。出るだけ季節の野菜をしっかり食べましょう。

健康は食べ物で決まります。何をどのように食べるかが重要です。偏食せずに何でも食べるようにしましょう。

またおなかの腸内善玉菌もたくさん増やしましょう。腸内善玉菌は下痢の原因となるものが体内に入ってきたとしても、排除する働きがありますので、下痢が軽くて済むか、症状が表れないことがあります。

下痢が続く方はまずはおなかの調子を整えましょう。おなかの調子を整えるのに必要なサプリメントがありますので上手に使うと下痢の改善が速くなります。

※慢性的な下痢が解決しない場合は、お近くの病院で医師の診断を受けて下さい。また、 必要なサプリメントで腸内の悪玉菌と善玉菌のバランスを整えることで解決する場合もあります。
いずれにしても、正しい栄養補給や生活習慣を心がけて、下痢体質をしっかりと改善していきましょう。

食べ物・飲み物による下痢の最近記事

関連記事

おなかのゆるさに
お悩みの方へ
なっと~クィーンお試しセット

クィーン10日間
お試しセット
¥980

詳細はこちら