下痢が続く方に、その原因や注意点、改善方法などをお伝えしています

続くお腹のゆるさにお悩みの方へ なっとークィーン10日間お試しセット

下痢の原因はコーヒーに!

下痢の原因は様々です。人によっては下痢の原因にはならない、下痢になったことがないなどの人がいます。

下痢の原因・・コーヒーの飲み過ぎ

しかし下痢が続く原因は食べ物と体質、その時の身体の状態などで下痢になったり、下痢が改善されず、下痢が続くことがあるのです。

例えば、多くの人が好むコーヒーですが、コーヒーが下痢の原因で悩む人もいます。中にはコーヒーを飲むと下痢ではなくても体の調子が悪くなる人もいます。

コーヒーは、インスタントコーヒー、ドリップコーヒー、缶コーヒーなどありますが種類に関係なく、下痢の原因になる人がいます。

コーヒーの何に反応して下痢の原因となっているのでしょうか?
コーヒーには、カフェインがたくさん含まれており、このカフェインが交換神経を刺激して、胃腸の働きを鈍らせ下痢の原因を作ってしまうようです。また、豆を焙煎したときにできる化学物質が胃腸を刺激することが下痢の原因としてあるようです。コーヒーは下痢を誘発しやすい原因の食品にあたります。

ちなみに、ドリップコーヒーでは、100mlあたり90mgのカフェインが含まれ、インスタントコーヒーでは、100mlあたり45~60mgのカフェインが含まれています。
缶コーヒーでは、種類により大幅に異なり、キリンファイア 挽きたて微糖では、1本で136.8mgのカフェインが含まれています。

しかし、カフェインを含む飲料にはコーヒーに限らず他にもたくさんあります。ココアや紅茶、お茶などで下痢にならないのは、なぜでしょうか?

 一概には言えませんが、カフェイン量が原因となっている可能性があります。ココアのカフェイン量は、コーヒーのおよそ1/6だといわれていますし、 紅茶もお茶もコーヒーと比べるとカフェイン量は少ないです。

ですので、他のカフェイン含有飲料を飲んでも、下痢にならないという可能性があります。
ただし、玉露はカフェイン量が多く、コーヒーの倍程度含まれています。 玉露を飲むとお腹を壊すかもしれません。

コーヒーにはカフェインだけではなく、タンニンも含まれています。このタンニンが下痢の原因となっていることもあります。

タンニンは本来胃腸を修復する作用をもっていますが、 多量に摂取したり、タンニンが合わない方にとっては、 胃腸を荒らす原因ともなり、お腹が緩くなったり下痢になる可能性があるのです。

タンニンは、コーヒーだけでなく、緑茶や紅茶などにも含まれています。

こうした嗜好品は体の調子が良くない時には、下痢の促進するかもしれませんので、下痢の傾向にある人は避けた方がいいでしょう。
腸内善玉菌が善玉菌が多い腸内環境にしよう!
元気の元は何といっても腸からです。腸が元気で丈夫であれば、少しくらい下痢の原因となるものが入ってきたとしても跳ね返すことができます。

下痢で悩んでいる方は、まずは腸内を整える事から始めましょう。腸内を整えるさサプリメントがありますので上手に利用しましょう。下痢の改善が一段と早くなります。

※慢性的な下痢が解決しない場合は、お近くの病院で医師の診断を受けて下さい。また、 必要なサプリメントで腸内の悪玉菌と善玉菌のバランスを整えることで解決する場合もあります。
いずれにしても、正しい栄養補給や生活習慣を心がけて、下痢体質をしっかりと改善していきましょう。

下痢の原因の最近記事

関連記事

おなかのゆるさに
お悩みの方へ
なっと~クィーンお試しセット

クィーン10日間
お試しセット
¥980

詳細はこちら