下痢が続く方に、その原因や注意点、改善方法などをお伝えしています

続くお腹のゆるさにお悩みの方へ なっとークィーン10日間お試しセット

下痢の原因はクーラーに!

下痢の原因は様々です。一般的に下痢が続く原因はストレスから方が多いようですが、ストレスにも精神的なものや環境、化学的なものまで様々です。

下痢の原因はクーラーに!
下痢が続く最初の原因として、日常的な何でもないことから始まることがあるものです。

たとえば、最近、夏になるとクーラー病という言葉を耳にするようになりました。クーラー病とは、体の冷え、倦怠感、食欲不振、頭痛、腹痛、下痢、神経痛、生理不順などが主な症状だといわれます。

 一見すると、夏バテとよく似てるいのですが、クーラー病と夏バテでは原因が異なります。夏バテは汗がうまく蒸発せず表面に残ってしまい、のぼせたような状態になることから始まります。クーラー病は体温調節ができずに汗をかけなくなってしまう状態になることです。

下痢の原因はクーラーのつけっぱなしに?
体の表面は暑いので、体が暑いと錯覚してしまってクーラーの設定温度をもっと下げたくなってしまい、悪循環に陥ってしまいます。

鼻水や鼻づまりなどの鼻かぜ症状や肩や腰だけ冷えたり、風邪をひきやすいなどの体調不良、お腹が弱い方は特に下痢や便秘に悩まされます。

また、小さなお子さんがいるご家庭では、お子さんの熱量に調整してクーラーをつけておかなくてはならず、親御さんはクーラーによって下痢になってしまうことも少なくありません。

その他、更年期障害の方は汗が止まらずクーラーで冷蔵庫の中にいるような環境を作っている方もおり、同居している家族の方は寒くてしょうがないという話も耳にします。

下痢で辛い

このように、クーラーのつけっ放しが下痢の原因になることもありますが、日中のクーラーだけで下痢を起こしてしまう人もいます。

日中のクーラーで下痢を起こしてしまう人は、自律神経の体温調節が上手に行えていないことが考えられます。

クーラーがついている季節は外気温の差が激しく、屋内は寒く屋外は猛烈に暑いという環境が出来ているので、自律神経も大きく揺さぶられてしまうことになります。
腸の運動も自律神経が関与しているのでクーラーによってお腹が冷やされ、腸の運動も異常をきたし結果的に下痢の症状があらわれてしまうのです。

下痢の原因がクーラー病による方の下痢対策として
クーラーが原因の下痢は防ぎようのないものに思われがちですが、暑い時期が来る前から冷えないような体作りをしておくことが大切です。

自律神経の乱れはストレスによって誘発されることもあるので、自分にあったストレス発散方法を見つけておくとよいでしょう。

また、冷えがちなお腹まわりを腹巻きや毛糸のパンツで暖めるのも良いでしょう。
同時に、冷たい物を飲むのを控えます。
腸内善玉菌が善玉菌が多い腸内環境にしよう!冷房を使うような暑い時期には、とかく氷の入ったキンキンに冷えた飲み物を飲みたくなりますが、そこはグッと我慢して、常温もしくは温かい飲み物を飲むことを習慣づけます。

身体の表面が冷房によりかなり冷えていますので、せめて身体の中には温かいものを入れてあげて、胃腸の活動がスムーズに行われるようにしておくという身体への配慮が大切です。

腸内環境を整えましょう
健康の要は何といっても腸です。腸が丈夫で腸が正常な働きをすれば健康は維持できます。

腸の健康を維持するのは腸内に棲む腸内細菌の活躍です。腸内善玉菌をたくさん増やすことで腸内環境が整い、腸が丈夫になります。腸内善玉菌を増やすサプリメントがありますので上手に利用しましょう。下痢の改善は一段と速くなります。

夏に起こる下痢の原因はの最近記事

関連記事