下痢が続く方に、その原因や注意点、改善方法などをお伝えしています

続くお腹のゆるさにお悩みの方へ なっとークィーン10日間お試しセット

カップ麺が下痢の原因?

下痢の原因は様々ですが、カップラーメンやカップ焼きそばなどインスタント食品を食べると、なぜか決まって下痢をしてしまう人がいるようです。

カップ麺が下痢の原因?

その原因は、粗悪な油、古くなったため酸化した油だったり、塩分や摂取量などによる原因もありますが、その原因以外にめん類は「かんすい」という添加物を使用していますのでそれが下痢の原因になることがあります。

かん水は、中華麺やワンタンの皮などに食品添加物として加えるアルカリ塩水溶液です。かんすいは、ラーメンの麺にとって欠かす事の出来ない副原料です。

このかんすいのお蔭でラーメン独特のコシと風味、スープとの絶妙なバランスが生まれてくるのです。普通の水で打つとうどんのようになってしまいます。うどんは白色で、中華めんは黄色ですが、これは卵が入っているのではなく、かん水によるものです。

かんすいは、昔は粗悪品(高アルカリ性のもの)が出回り、その腐食性から発がん性や嘔吐や下痢などを引き起こすといわれました。現在では食品販売法で成分が制限されていますので、胃荒れや下痢など毒性上の心配はありません。

しかし「かんすい」は、炭酸カリウム、炭酸ナトリウムなどの強いアルカリ性をしめす物質が主原料ですから、多量に摂取した場合、腐食性がある為、おなかの弱い人は吐いたり、下痢などすることがあります。

中華麺は固めに茹で上げるのが美味しいですが、固めにゆでるということは生に近い状態ですので、アルカリ成分が残ってしまいます。

ですから、おなかの弱い人は下痢になることがあります。お腹の弱い人はしっかり茹で上がった柔らか麺で食べましょう。


カップラーメンは、麺を茹でたお湯を捨てずにそのまま食べるので、アルカリ成分も一緒に食べてしまいます。
下痢の原因はカップ麺
アルカリ成分がしっかりついています。カップ焼きそばの場合はお湯を捨てますが、その後は麺だけ食べるので、濃度が薄まらないのかもしれません。ラーメンは決して汁まで飲まないようにしましょう

体質や体調によっては、下痢の原因となりますので、古いものや粗悪なカップめん(外国製のカップめん?等)は避けましょう。現在では添加物を使用していない麺などがありますので、おなかの弱い人は無添加・無かんすいの麺を利用しましょう。

現代の若者はお母さんのおなかの中にいるときから、添加物や農薬の被害を受けています。生まれたからまた自分で知らずに平気で食べています。

ですから知らず知らずのうちに体には悪いものがどんどん入り込んでしまっています。体は弱体化してしまっています。腸内環境も悪化の一途をたどっています。若者に腸のトラブルを抱えている人が多いのもこのためです。
腸内善玉菌が善玉菌が多い腸内環境にしよう!
健康はすべて食べることから始まります。そして食べたものを腸がどのようにすることができるかが健康の要です。

下痢の改善に良いもの、下痢になるものを避ける食事をしましょう。腸内環境を整え、腸を元気にするサプリメントを利用すると、下痢改善は早くなります。

腸内環境を強化して消化力を上げ下痢を改善しよう

私達の身体は食べる事で健康を維持しています。
しかし、何をどの様に食べるかが大きな要因です。 レトルト食品やコンビニ食品など、添加物がたくさん含まれている様な食べ物は有害な物質が多く、当然腸内の環境を悪くしてしまいます。消化力、免疫力も低下します。

腸内が弱くなると正常な働きが行なわれにくくなり、水分調整も正常に出来ず、水分の多い、つまり下痢状態の便となってしまうのです。 まずは体に良いものを食べましょう。

そして体に良くない冷凍食品や添加物、インスタント食品、加工食品を避け、食生活を見治すと同時に、善玉菌を増やすサプリメントを利用し腸内環境を正常な状態に戻すことが下痢改善のためには一番の近道です。上手に利用しましょう。

※慢性的な下痢が解決しない場合は、お近くの病院で医師の診断を受けて下さい。また、 必要なサプリメントで腸内の悪玉菌と善玉菌のバランスを整えることで解決する場合もあります。
いずれにしても、正しい栄養補給や生活習慣を心がけて、下痢体質をしっかりと改善していきましょう。

下痢の基礎知識の最近記事

関連記事

おなかのゆるさに
お悩みの方へ
なっと~クィーンお試しセット

クィーン10日間
お試しセット
¥980

詳細はこちら