下痢が続く方に、その原因や注意点、改善方法などをお伝えしています

下痢の改善相談室
       
下痢を改善するには?

下痢の原因はごぼう茶

下痢の原因の多くは食べ物によることが多いようです。最近TVや雑誌で大注目のごぼう茶ですが、確かに体にとって良いものを齎しますが、人によっては下痢の原因になることがあります。では、ごぼう茶が下痢になる原因を考えてみましょう。

下痢になった多くの人は原因が分からないと言いますが、必ず下痢の原因、特に慢性的な下痢の原因は自分の食生活習慣や生活環境の中に原因が見つかるものです。


目次
・ごぼう茶の摂り過ぎで下痢に  ・ごぼう茶ダイエットで下痢に  ・ごぼう成分が下痢に  ・ごぼう茶が下痢の原因に②  ・アレルギーで下痢に  ・ごぼうのサポニンで下痢に  ・溶結作用を持つサポニン  ・腸内環境を強化しよう

下痢の原因はごぼう茶摂り過ぎに

ごぼう茶のメリット
ごぼう茶には健康に良いとされるイヌリンやサポニン、食物せんいが含まれています。ごぼうの芯には、水溶性食物せんいと不溶性食物せんいがバランス良く含まれています。

ごぼうには可食部100gあたりレタス5個分、さつまいもの約2.5倍の植物せんいが含まれているようです。

ごぼう茶ダイエットで下痢に?

近年若い女性の間でダイエットが盛んに行なわれています。ダイエットには色々な方法があり、多くの方が○○でダイエット効果があったと盛んにネットでも話題になっています。

そうしたダイエットには効果があるのかもしれませんが、副作用として体の調子を壊し、おなかが不調となり下痢になる人が後を絶ちません。そうしたダイエット方法の一つにごぼう茶ダイエットと言うのがありますが、副作用として下痢になる人がいます。

目次へ

🔷ごぼうに含まれる成分が下痢に

腸内環境を良くして便秘を改善し、お通じを良くできるという効果があるごぼう茶ですが、逆に飲み過ぎて下痢になってしまったという方はいらっしゃいます。

ごぼうはサラダやてんぷら、煮物など食べることが多いごぼうですが、お茶として飲むことに人気があるようです。というのも余分な脂肪や悪玉コレステロールを排泄する効果とむくみ解消、便秘の改善などの効果が大いにあるということがわかり、ダイエットに人気があるようです。

ごぼうは水溶性、不溶性共に食物繊維を豊富に含み、水溶性:不溶性=2:3で食物繊維が含有されていて、非常にバランスが良いということです。

しかし、ごぼう茶の場合、“水溶性食物繊維のみ”を抽出して、不溶性食物繊維はガラに残ったままなので、ごぼうのすごさが一つ失われているといえるのです。

“不溶性食物繊維”が摂取できないということでしょう。

普通に考えて、ごぼうから抽出した液体よりもごぼうそのままを食べた方が栄養面で良いというのは直感的に分かると思いますが。水溶性食物繊維の過剰摂取による“下痢”が起こりやすくなります。

水溶性食物繊維は便を水分で柔らかくして便秘解消を促進する効果がありますが、過剰摂取してしまうと水分過多で逆に下痢で悩まされることも考えられます。

下痢を起こすとビタミンやミネラルを排出してしまうことになるので、栄養不足に陥り、下痢の改善もなかなか出来ない状態に陥ってしまいます。
目次へ

🔷ごぼう茶による下痢の原因②

●豊富な食物せんい(不溶性食物せんい)
ごぼう茶は薬と違い食品ですので副作用はありませんが、ごぼう茶には食物せんい(不溶性食物せんいと水溶性食物せんい)が豊富に含まれています。

不溶性食物せんいは、文字通り水に溶けない食物せんいです。

水を含んで何倍にも膨らむため、腸を刺激してぜん動運動を活発化させます。ですので、ごぼう茶を飲み過ぎると多少お腹が緩くなり下痢になることがあります。中には、逆に「便秘になった」という方もいるようです。

下痢は、ぜん動運動が早くなり、便が固くなる前に出てきてしまっている状態なので、不溶性食物せんいを摂るとさらに便の進むスピードが早くなり、下痢が悪化してしまいます。

また、食物せんいの刺激が腸へのダメージにもなります。

炎症を起こしている状態で不溶性の食物せんいを摂取するのは、腸を乾いた布で拭いているのと同じようなぐらいの刺激になってしまうので、特におなかの調子が悪い時には不溶性食物せんいは摂取しないほうが良いのです。

不溶性食物せんいが多く含まれている食べ物の特徴は、口に入れた時にボソボソしていたり、歯ごたえが強く噛みにくいものが多いです。

不溶性食物せんいが多く含まれている食品はごぼう、たけのこ、とうもろこし、さつまいも、だいこん、きのこ類、カボチャ、いんげん豆、 大豆などが挙げられます。

水溶性食物せんいは、下痢の時に食べても特に問題ありません。不溶性食物せんいとは違い、水に溶けてゲル状になるので、腸を刺激せずゆっくりと腸内を進行します。

ゼリー状になって食べたものを包み込み、悪いものの吸収を防いでくれます。腸に刺激となるものを食べてしまっても、刺激を最小限に抑えられます。

また、水溶性食物せんいは大腸で分解され、善玉菌のエサになります。善玉菌が増えることで腸内環境が改善するので、下痢の時には欠かせません。

目次へ

キク科によるアレルギーギーで下痢に

ごぼう茶に限らず、ごぼうそのものに対するものですが、ごぼうはキク科の植物なので、キク科アレルギーを持つ人は注意が必要です。アレルギーはおなかの調子が悪くなると起こるようです。ですからおなかも壊しやすくなります。

●菊科のアレルギー
ごぼうは菊科の植物です。菊などにアレルギーがある方は、アレルギー反応(ごぼう茶中毒)が起きる可能性があります。

菊科のアレルギーの方には、ごぼう茶中毒として下痢や吐き気、むくみや息苦しさ、口内の乾きや肌のぶつぶつ、全体的な不調、眠気や不安定、頭痛や発熱という症状が現れることがあります。

特に春のスギ花粉、夏から秋にかけて菊科の花粉が飛びやすい時期に花粉症を起こす人は要注意です。また、カモミール、エキナセア、カレンデュラなど菊科のハーブ、特にカモミールなどは不眠や不安、胃腸の不調などに効果があることからハーブティーなどで摂取する機会が多いハーブですが、秋にくしゃみや鼻水がでるといった方は注意しましょう。

このほかにも、菊科のハーブにはタラゴンやステビア、タンジーなどがあり、これらのハーブでもアレルギーに注意したほうがよいでしょう。

●ブタクサ、菊、マリーゴールドで花粉症の人は悪化しやすい
秋に花粉が飛散する植物には、菊以外にも稲やブタクサ、マリーゴールドなどが挙げられます。これらの花粉症を持っている人が、同じ時期に菊科のハーブを摂取すると、相乗効果が生まれて花粉症が悪化する場合もあります。

それでも気づかずにハーブを摂取し続けていると、どんどん症状が悪化、嘔吐や下痢、胃の痛みなどを引き起こすこともあります。

もし体調が悪化した場合、どんなハーブを摂取したかについて注意してみることも必要です。心配な方は、通常より薄めにするか、一度に飲む量を減らして飲むと良いでしょう。
目次へ

🔷ごぼうに含まれるサポニンで下痢に

ごぼう茶を飲んだことで、下痢が引き起こされてしまった方はいらっしゃいます。基本的には安全に飲めるものであることには間違いないのですが、ごぼう茶にはサポニンという成分が配合されております。

●サポニン
ごぼうの皮やアクにはポリフェノールの一種のサポニンが含まれています。ポリフェノールは植物が紫外線から自分を守る抗酸化物質ですが、活性酸素を抑制する働きがあります。

美容と健康に効果が期待できます。
サポニンは体の中に取り入れると、腸の中の余分な油分を分解してくれる働きがありますごぼう茶に含まれるサポニンは、腸や血管の中にある悪玉コレステロールを分解し、洗い流す効果があります。

ごぼう茶の有効成分サポニンはごぼうの皮やアクに含まれていますので、アレルギー体質の方にはアクが強い為、吐き気がする方もいるようです。

また、このサポニンという物質が胃痛・下痢・眠気・口の渇きなどの症状を起こす場合があります。

それは、ごぼう茶の中に殺菌成分であるサポニンが含まれていることが大きな要因で、摂り過ぎると下痢の原因になることがあります。

しかしごぼう茶に含まれているサポニンはしっかりと加工されているので、多くの方は異常なく摂取できるのですが、特にお腹の具合が悪いという時に大量のごぼう茶を飲んだ場合は、下痢が引き起こされる確率が高まるかもしれません。

また、自宅でごぼうを使った料理を作る場合、しっかりと灰汁抜きをしていないとごぼうの皮に含まれるサポニンが原因で胃腸が弱い方は過剰摂取すると腸内環境が乱れて下痢が引き起こされる可能性があります。

目次へ

🔷溶血作用を持つサポニン

下痢にならないための許容摂取量は人によって異なるので、正確な数値を挙げることはできませんが、飲み過ぎにだけ注意していれば下痢は起こらないはずです。



どちらにしても、水分の摂取しすぎによって下痢は起こるので、ごぼう茶が必ずしも一番の原因ではないと言えるのですが、もし下痢が起こったのであれば、ごぼう茶は飲まない方が良いです。

しかし、サポニンが人体にとって危険な成分というわけではなく、サポニンのサポは、シャボン玉のシャボンという意味で、石鹸と同じような界面活性作用を持ち合わせています。

サポニンは、脂と結びついて体内のいらない脂を分解、排泄してくれます。
ダイエット効果もあれば、血中のコレステロールを減少させて高脂血症から身を守る、動脈硬化の予防になるということがいえます。


大量の細菌が生息している土の中で、ごぼうが育つことができるのはサポニンが含まれているからで、体にも良い影響はあるものの、溶血作用が強いので下痢にならないためにも過剰摂取には注意しなければなりません。

?腸内環境が良くなれば、下痢といった症状を緩和させることもできるのですが、だからと言ってごぼう茶を飲み過ぎてはいけません。

胃腸が弱まっているという方が大量にごぼう茶を飲むことにより、腸内環境を正すどころか逆に下痢に悩まされてしまうかもしれないので、摂取する量には十分に気を配らなければならないのです。

単純に水分の過剰摂取によって下痢を患ったというケースもあり、全てがごぼう茶のせいだと言い切ることはできないのですが、どんなに身体に良い栄養素が含まれていたとしても、過剰に取り入れても比例した効果は得られないということを頭に入れておきましょう。


目次へ

腸内環境を強化しよう

「元気の元は胃腸から」と昔から言われています。医学が発達していなかった時代に健康を保つためにはやはり胃腸が一番大事だという事が経験からわかっていたようです。

医学が発達した現代でもすべての病気は腸内環境が悪くて発生すると言われているほどです。

下痢を改善するには腸内環境を改善することが一番の早道です。腸内環境を整えるサプリメントがありますので、上手に利用しましょう。


PageTop

「下痢の原因」の記事一覧

PageTop

下痢の基礎知識

下痢の改善方法

子供の下痢

病気の可能性

下痢の原因

下痢+別の症状

下痢が続く(慢性的な下痢)

食べ物・飲み物による下痢

腸内環境を改善する菌や成分

コラム

下痢の原因 食品添加物

下痢の治し方

冬に起こる下痢の原因

夏に起きる下痢の原因

春に起きる下痢の原因

秋に起こる下痢の原因

綺麗な腸は病気にならない