下痢が続く方に、その原因や注意点、改善方法などをお伝えしています

続くお腹のゆるさにお悩みの方へ なっとークィーン10日間お試しセット

下痢の原因に女性ホルモン

下痢の原因は様々な要因が絡み合って複雑です。人によって下痢の原因は異なります。下痢の原因の多くは日常の生活習慣から始まることが多いものです。

下痢の原因は生理中の女性の甘い物好き

例えば下痢の原因は女性が大好物な甘いものにあるとしたら驚かれることと思います。甘いもので下痢の原因になることは女性ホルモンが関係していることもあるようです。

生理中の下痢はホルモンによる甘いが欲しくなるから

普段から甘いものには目がない女性もいますが、生理前や生理中には普段よりも甘いものをたくさん食べたくなる事があるようです。

女性ホルモンは脳の下垂体から信号が卵巣に送られて作られていますが、脳はストレスを感じるとこの信号を送るのが乱れてしまい、上手く分泌が出来なくなります。

生理前からイライラしたり気分がすぐれないのは、このホルモンの変化によるもので、セロトニンの分泌が同時に減るために体調を崩したり、精神的に不安定になるとされています。

体調を元に戻そうとして甘いものが欲しくなる

ホルモンバランスの乱れによりセロトニンを分泌して、体調を元に戻そうとしてしまうと甘いものが食べたくなるそうです。甘いものを摂り過ぎるとはミネラルを消費することで下痢の原因となりますし、また浸透圧を上昇させ下痢の原因にもなります。砂糖の代わりにオリゴ糖ではと思われますがこれがまた下痢の原因にもなります。

更に甘いものは糖反射という現象で胃腸の働きを弱めてしまいます。こうしたダブルの現象で胃腸の働きが弱くなると、消化不良を起こし下痢の原因ともなりかねません。

特に甘いものが食べたくて仕方がない、食べても、食べても止まらないようならホルモンバランスが崩れていると考えてみましょう。おなかの弱い方は下痢の原因を作らないよう、生理時には甘いものに特に注意しましょう。

血糖値が上がると甘いものが欲しくなる

生理が始まる前には、プロゲステロンと呼ばれる黄体ホルモンの分泌が多くなります。この黄体ホルモンは、インスリンホルモンを抑え血糖値を上昇させてしまいます。

血糖値を下げる働きをするインスリンは、これを察知すると急激に増えてしまい今度は血糖値がどんどん下がってしまうので甘いものが食べたくなるようです。

糖質が多い、炭水化物を食べると甘いものが食べたくなるのもインスリンホルモンの働きによるものかもしれません。砂糖のような糖分を常に摂取していると、インスリンの働きが正常に働かずに甘いものがなくては落ち着かなくなる事もあります。

ビタミンB1不足で甘いものが欲しくなり下痢の原因に

甘いものがないと落ち着かなかったり、生理以外でもイライラすると甘いものが食べたくなる。そんな人は血糖値が低かったり、ビタミンB1不足により、甘いものを常に身体が欲するようになっているかも知れません。

ビタミンB1が不足すると脚気になる可能性があります。脚気は両足のむくみ、麻痺、下痢、体重減少などの症状が現れます。重症になると心臓の肥大を促すことがあります。

下痢が続いている方はもしかしたら、脚気とまではいかないにしても、それに近い状態にあるのかもしれません。

下痢の原因は閉経前後のホルモンの変化

女性は甘いもの限らずホルモンの変化によっても下痢の原因になることがあります。女性は閉経前後に女性ホルモンのバランスが急激に変化します。それによって現れる更年期障害による体の不調が現れます。

更年期障害は50代女性に多く、だるさや頭痛・めまい、倦怠感といった体の症状から、イライラなどの精神症状も現れ、自律神経のバランスが崩れると下痢になることもあります。

生理中のプロゲステロンの働きが腸に影響する

ある調査では、生理年齢にある女性の15~20%の人が生理時に下痢をしてしまう事があるそうです。生理周期は、約5日間の「月経期」から約8日間の「卵胞期」を経て排卵し、約15日間の「黄体期」を経て、また月経期へと戻ります。排卵の前後で、体内では女性ホルモンのプロゲステロン(黄体ホルモン)が分泌されます。

プロゲステロンには、子宮の収縮をおさえる作用なのですが、しかし、子宮だけでなく腸にも作用してしまい、便をスムーズに移動させるための腸の収縮運動も抑制してしまうため、黄体期には便秘がちになるという人もいます。

閉経後のプロスタグランジンで下痢になる

一方、生理が始まって月経期に入ると、プロゲステロンは減少。今度は子宮を収縮させる作用があるプロスタグランジンという物質が体内で分泌され始め、プロスタグランジンも子宮だけでなく腸の異常収縮を促すことがあり、下腹部痛を伴う下痢を引き起こしてしまうことがあるのです。

生理時の下痢の原因の対処法

①甘いもの、糖類や「人工甘味料」が含まれている食べ物も、水分を腸にためる作用があるため、生理中は控えめにしましょう。


②早食いや食べすぎの場合も、消化不良を起こして腸を刺激するガスが発生してしまうという。食事では腹八目を意識し、ゆっくりと味わって食べましょう。

③腹部をあたたかくして体を冷やさないことも対策の1つです。冷えの改善は下痢に限らず、生理痛にもよいといわれます。

腸内環境を強化しよう

「元気の元は胃腸から」昔から言われているように、健康で病気知らずの人は胃腸がとても元気です。近年では腸活という言葉が流行していますが、それほど腸の働きは健康に関わるのです。

ある医学博士は腸が汚れると病気になる、あるいは成果鵜習慣病の9割は腸で治るとも言われています。生活習慣からくる下痢は腸内環境が良くなれば自然と良くなるのです。

それほど腸は健康に関与しています。腸が元気になれば自然と下痢も改善するのです。腸内環境を整えて腸を元気にするサプリメントがありますので、上手に利用しましょう。

※慢性的な下痢が解決しない場合は、お近くの病院で医師の診断を受けて下さい。また、 必要なサプリメントで腸内の悪玉菌と善玉菌のバランスを整えることで解決する場合もあります。
いずれにしても、正しい栄養補給や生活習慣を心がけて、下痢体質をしっかりと改善していきましょう。

下痢+別の症状の最近記事

関連記事

おなかのゆるさに
お悩みの方へ
なっと~クィーンお試しセット

クィーン10日間
お試しセット
¥980

詳細はこちら