下痢が続く方に、その原因や注意点、改善方法などをお伝えしています

続くお腹のゆるさにお悩みの方へ なっとークィーン10日間お試しセット

原因が分かっても治らない

下痢の原因が分かってもなかなか治らない場合

さて、下痢の原因をいくつか考えてみて、思い当たることがあったとします。原因となるものを改善し、それでもなかなか下痢が治らなかった場合はどうしたらいいのでしょうか?
例えば、食生活や生活習慣に偏りがあることが原因の下痢であれば、やはりもう少し食生活と生活習慣を 改善する余地があると言えます。

あるいは、まだ時間が足りないのかもしれません。腸内環境が改善し、安定するまではしばらく時間がかかります。数ヶ月から半年以上かかるとも言われていますので、もっと少し長い目で見る必要があります。

下痢の原因がストレスの場合はどうでしょうか?

ストレスの場合、「何がストレスになっているかわかった」というだけでも、少しストレスを感じにくくなる場合があります。原因がわかることで改善策にも近づき、前向きになれるからです。

しかし、逆にストレスの原因を特定したことで、そのことやそのひとに苦手意識 が出てしまい、状況が悪化してしまうこともあるかもしれません。

ただし、よく考えてみましょう。あなたの意識が変わっただけで、原因はよくも悪くも変わっていないのです。であれば、よい方向に考えるだけでもあなたの意識が変わる可能性があるのです。

ストレスはあくまでも「感じ方」ですから、慣れてしまったり、特にご自身にとって核心を突くことでなければ、ストレスとしてのレベルはぐっと低くなります。

下痢の原因ストレスを上手に回避

また、ストレスを感じ続けることでストレスの威力が大きくなってしまうこともあります。途中でストレスの原因から離れる時間があるだけで、精神的にも非常に楽になります。

例えばお仕事の場合、お休みの日にどれだけリフレッシュできるのか、体力・気力を取り戻しておけるのか、ということも大切になってくるのです。

いつも仕事のことを考えてしまう・・・という方は、「どのようにして仕事から離れる時間を持つか」ということを考えましょう。丸一日である必要はないのです。

もししっかりとお休みを取れたとしても、そんな日にインスタントラーメンだけの食事だったりすれば、やはり体は回復しません。睡眠不足がち、アルコール漬けの生活でも体は疲れてしまいます。

生活習慣の改善は、自律神経の正常化に繋がります。よりよい生活がストレスを軽減してくれるということもしっかり理解しておきましょう。

下痢の原因を調べよう!

ご自身で解決しきれない場合は、腸過敏性症候群の可能性もあります。腸過敏性症候群は心理的な要因が大きいので、心療内科を訪れることをお勧めします。

病院を訪れることは治療への第一歩になりますので、深刻にならず、「自分の分析を誰かに手伝ってもらおう」という程度の気持ちでいてくださいね。

下痢の原因を改善する腸内環境の力!

私たち人間の身体は本来なら少々の有害な物を食べても健康に保つことが出来ています。腸内環境が正常であれば、例えば食べた物が有害な物であっても腸が排出してくれます。

腸内では有害なものと有益なものを見分けることが出来るからです。こうした正常な機能を保つには腸内に有益な菌がたくさんいる事が必要なのです。
腸内善玉菌が善玉菌が多い腸内環境にしよう!
有益な菌、つまり腸内善玉菌を増やせば腸内は正常な活動を取り戻すことが出来ます。また、腸内では幸せを感じる物質セロトニンも作られています。

「心の病」は脳内のセロトニン量が少なくなると発生する事が分かっています。腸内環境を正常化することにより、下痢も改善され、心と体の健康を取り戻すことが出来るのです。
腸内善玉菌を増やすサプリメントがありますので上手に、賢く利用してみましょう。

※慢性的な下痢が解決しない場合は、お近くの病院で医師の診断を受けて下さい。また、 必要なサプリメントで腸内の悪玉菌と善玉菌のバランスを整えることで解決する場合もあります。
いずれにしても、正しい栄養補給や生活習慣を心がけて、下痢体質をしっかりと改善していきましょう。

下痢の原因の最近記事

関連記事

おなかのゆるさに
お悩みの方へ
なっと~クィーンお試しセット

クィーン10日間
お試しセット
¥980

詳細はこちら