下痢が続く方に、その原因や注意点、改善方法などをお伝えしています

続くお腹のゆるさにお悩みの方へ なっとークィーン10日間お試しセット

続く下痢とお腹が張る原因

下痢が長期間続くまたは突然下痢が起こるなど、下痢の原因は様々ですが、下痢で苦しく、食べ過ぎてもいないのに、さらにお腹が張って苦しい、ということがありますよね。

続く下痢に加えておなかが張る原因は?
下痢が続き、さらにおなかが張って苦しい…。
これらの原因は一体何でしょうか?

もしも病気だった場合は、放置しておくと危険なことになるかもしれません。早めにお腹の張りの原因を見つけ、それを取り除くように一緒に考えてまいりましょう。

下痢が続きおなかが張る原因は?

おなかが張る原因は、大きく分けて3つあります。
1つ目は、腸内にたくさんのガスが入ってきてしまうか異常にガスを産生してしまうものです。つまり腸内ガス過剰型です。

2つ目は、腸内からガスが排出されにくい状態になってしまうものです。つまり腸内ガス排泄低下型です。

3つ目は腸内の異常発酵による膨満感です。

腸内環境が悪くなり、悪玉菌の影響を受けお腹が張った状態に加え下痢が続くことがあります。このような場合の特徴は、おならが臭いです。

下痢が続きおなかが張る原因と改善策・その1

おなかが張る原因その1.腸内ガス過剰型の場合

呑気症といって、食事中などに過剰に空気を飲み込んでしまう人がいます。緊張などによって自律神経のバランスが崩れてしまい、この症状が出ることもあります。食事中はゆっくり噛んで食べているでしょうか。
また、食事中に話しすぎたり早食いしたりすることも、空気を飲み込みすぎてしまう原因になります。便秘も、腸内に停滞した便のために腸内ガスを産生しやすくします。

便秘の場合悪玉菌が腸内で増えすぎていることも考えられ、その場合、おならの臭いは強烈に臭くなっていきます。
食事では、甘いもの(糖質)の摂りすぎや、米やパン・イモ類などのでんぷん質の食品を食べすぎると腸内にガスを産生しやすくなり、お腹の張りを感じることがあります。

お腹が張って苦しい症状がある際には、できるだけ上記の食物の摂取量を減らし、様子をみましょう。
炭酸飲料も、飲みすぎは腸内にガスをたくさん入れてしまう原因になるので注意が必要です。何事も適量がいいようです。

下痢が続きおなかが張る原因と改善策・その2

おなかが張る原因その2.腸内ガス排泄低下型の場合

暴飲暴食が原因で絶えず食べ物が胃腸に入ってくるので、胃腸が休む暇がなくなり結果として動きが悪くなります。胃腸の動きが悪くなると腸内ガスをうまく排泄できなくなるので、お腹の張りを感じます。
このような場合は、暴飲暴食を止め、小食または腹8分を続けられると解決していきます。
下痢の原因はアルコールに

また、改善されない方は、半日断食がおすすめです。

他には胃腸に何らかの炎症や血流障害(血の巡りがわるいこと)がある場合や、過剰な緊張によって胃腸の動きが悪くなる場合も腸内ガスの排泄低下が起こると考えられます。
一日の終わりに、ゆっくりお風呂につかるなどして、体を温め、血流を良くしリラックスできる環境を作りましょう。

また、適度にウォーキングをするなど体を動かし、ストレスを上手に解消し良い睡眠につなげていきましょう。それでも不快な症状が続く場合は一度病院で検査してもらいましょう。


下痢が続きおなかが張る原因と改善策・その3

おなかが張る原因その3.腸内の異常発酵の場合

腸内環境が悪くなり、悪玉菌の影響を受けお腹が張った状態に加え下痢が続くことがあります。

このような場合は、おならが臭いです。納豆菌などのサプリメントを上手に利用すると腸内環境の改善につながってまいります。
腸内善玉菌が善玉菌が多い腸内環境にしよう!

下痢が続きお腹が張る際に考えられる病気と対策・その1

下痢の原因が急性胃炎・慢性胃炎の場合

暴飲暴食、ストレス、ウィルス感染、ピロリ菌感染、食中毒、アレルギーなどの原因で胃の粘膜が炎症を起こし、突然心窩部(みぞおち)辺りが痛むときは急性胃炎が疑われます。
胃の機能低下も伴うため、お腹の張りだけでなく、嘔吐や下痢、吐血などを起こすことがあります。

慢性胃炎の8割はヘリコバクターピロリ菌感染によると考えられていますが、その他にも解熱鎮痛剤や慢性的なストレスによる胃の粘膜の障害も原因になります。
長期間のお腹の張りに加えて、吐き気やげっぷを伴います。進行すると胃潰瘍になってしまうこともあるので注意が必要です。まずは胃腸科などがある病院に行きましょう。

下痢が続きお腹が張る際に考えられる病気と対策その2

下痢の原因が胃下垂・胃腸虚弱(機能性胃腸症)の場合

胃が正常な位置より垂れ下がっていると胃が正常に動かないため、お腹の張り、胃もたれ、吐き気、便秘などの症状が出ます。

生まれつきであったり、痩せている女性に多い体質です。少量の食事を1日4回または5回に分けて食べるなど、食事量などに気を付けて対処しましょう。また、よく噛んで食べると同時に、消化力を上げるために、納豆菌などのサプリメントを上手に利用しましょう。

下痢が続きお腹が張る際に考えられる病気と対策・その3

続く下痢の原因が過敏性腸症候群の場合

精神的なストレスによって腸の運動に異常が起こり、お腹の張りだけでなく腹痛を伴う慢性的な下痢や便秘などを引き起こします。何週間も続いたり、一時的に治ったと思ったら再発することもあります。
お腹の張りを感じる原因として、腸内ガスの量は正常でも、腸管がガスを過敏に感じやすくなっているという説もあります。

朝起きて瞑想する、深呼吸を意識して行う、夜はゆっくりお風呂につかるなどして、体をリラックスさせストレスを上手に緩和していきましょう。
下痢の原因は冷え2

下痢が続きお腹が張る際に考えられる病気と対策その4

下痢や腹痛の原因が腸閉塞の場合

がんや腸の動きの障害などによって、腸が詰まってしまい、そこから先に腸の内容物が運ばれずにお腹の張りや腹痛、嘔吐などの症状が出ます。
手術後にしばらくしてから腸が癒着することにより腸閉塞を起こすこともあります。開腹手術を受けた後は、繊維質のものを控えるなど食事内容にも注意が必要です。心配であればかかりつけのお医者様に相談しましょう。
また、術後が肝心です。
腸内環境を整えるのに必要なサプリメントなどを上手に利用しましょう。

下痢が続きお腹が張る際に考えられる病気と対策・その5

続く下痢の原因が大腸がんの場合

大腸がんは初期には無症状で、健診で血便を指摘されるぐらいですが、進行するとお腹の張り、頑固な便秘、下痢の症状が出ることがあります。気になる方は病院で大腸検査を行いましょう。
また、大腸がんになるということは、腸内環境が乱れています。
術後のケアーは、腸内環境を整えるサプリメントでしっかり行うことをお勧めします。

下痢が続きお腹が張る際に考えられる病気その6

下痢の原因が胆のう炎・肝炎・膵炎・腹膜炎などの場合

胃腸の病気以外の内臓の病気でもお腹の張りを起こすことがあります。これはある臓器に炎症が起きると、体もその炎症に反応するためです。
胃腸以外に炎症があっても、結果的に胃腸の動きが低下しお腹の張りを感じます。多くの場合、胆のう炎であれば発熱、腹痛、肝炎であれば倦怠感や黄疸、膵炎や腹膜炎であれば腹痛を伴います。
心当たりがあるかたは、一度病院にかかりましょう。


いかがでしたでしょうか。

お腹の張りは、腸内ガスの産生と排出のアンバランスがきっかけで起こるんですね。お腹の中で作られるガスのうち、おならとして排出されるのはそのうち10%程度といわれています。
残りは腸管から吸収され、肺など通じて呼気として排出されています。下痢や便秘で排出能力が落ちると、腸内環境が悪化し、食べ物も腐敗状態となります。

ガスも臭いがきつくなり、それが腸管から吸収されることで、毒素を溜め込んだり、体臭がきつくなったりという二次的な影響が体に現れることも。

どうやったら改善できるのでしょうか?

呑気症や便秘症であれば日常生活を改善すればよいかもしれませんが、胃腸の病気のこともあるので当てはまる症状があった人は早めに病院に行きましょう。

続く下痢を改善するするために

下痢の改善には腸内環境が良好であること
下痢の方はずばり、腸内環境が良好ではありません。腸内環境が良好だと腸内は正常な働きをしてくれます。水分調整、蠕動運動など規則た正しく行われます。その結果、下痢の悩みは解決します。

まずは腸内善玉菌を増やすサプリメントを上手に利用し腸内環境を整えましょう。下痢の改善は一段と早くなります

下痢の原因の最近記事

関連記事