下痢が続く方に、その原因や注意点、改善方法などをお伝えしています

続くお腹のゆるさにお悩みの方へ なっとークィーン10日間お試しセット

下痢が続く原因は太陽アレルギー?

下痢が続く原因や一過性の下痢の原因は様々ですが、ストレス性の下痢のほか、意外なところにもその原因が潜んでいます。

下痢が続く原因は紫外線・日光・太陽アレルギー?

最近は昔に比べて現代、紫外線の量が増えてきました。昔と違って、紫外線が有害なものという認識は少なからずみなさんご存知だと思います。確かに紫外線に当たらないとビタミンの代謝が進まなくなり、骨や筋肉の発達が遅れることがあります。

それで、紫外線や日光が下痢と関係があるかもしれないと想像する方は多くないでしょう。しかし、まれに日光の下にいると、じんましんが出る方がいます。実はこれ・・・日光じんましんと言われるもので、太陽に当たった部分がかゆくなります。

できやすい方はすぐに反応してしまうため、紫外線に当たって数秒後には発症しています。皮膚症状は発赤、浮腫、発疹(じんましん、水泡など)です。

日光じんましんと一緒に現れる症状に頭痛・悪心・吐き気・腹痛・下痢・発熱・倦怠感などがあります。場合によってはショック状態になることがあります。

このことから日光じんましんで他に身体の症状が現れる方は日光アレルギー(紫外線アレルギー、太陽アレルギー)を疑わなければならないと思われます。
下痢の原因は紫外線に
また、めったにありませんが、下痢が続く原因となる可能性も隠されています。
日光じんましんで他に身体の症状が現れる方は皮膚科かアレルギー科を受診しましょう。

似たような症状の病気があるので、決めつけずに検査を受けてみて下さい。日光じんましんは、日傘、帽子、サングラス、長袖など紫外線を通さないように心掛け、家でも遮光性の高いカーテンがお勧めです。
徐々に、下痢や頭痛、発疹等の症状が治まってくるでしょう。



日光アレルギーには内因性のものと外因性のものがあるそうです。内因性のものは多形日光疹という病気があるそうで、日光に当たる機械の少ない方や女性に多く見られるそうです。

食べものや薬の中に紫外線が反応してしまう光感作物質が含まれていて、それが原因となって皮膚に炎症反応が起こります。
もう一つ、内因性の病気としては慢性光線性皮膚炎というもので、多くは中年の男性に見られるそうです。紫外線を浴びた直後に症状が現れ、当たったところが非常にかゆくなります。
下痢や蕁麻疹の原因は太陽光線に
しばらく日光に当たらないようにしておくと治まりますが、吐き気や頭痛、下痢を引き起こす原因になることもあるので注意が必要です。
外因性のものは光線過敏型薬疹という病気です。飲んだ薬が引き金となって起こる皮膚疾患です。抗うつ剤や抗生物物質などの薬を飲むだけでは何ともないですが、飲んだ後にわずかな紫外線に当たっただけで広範囲にわたり発疹が現れるそうです。

内因性の場合は元々遺伝疾患や代謝疾患がある方、外因性の場合は薬が原因となって発症します。

日光アレルギーだけでなく、他のアレルギーでも下痢は起こりますし、それが引き金で下痢が続く原因となる場合もあります。アレルギーは最悪の場合、死ということにもなりますので、軽く考えずに一度病院を受診してみましょう。

食べ物だけがアレルギーを引き起こすものではないということも覚えておくと良さそうです。

アレルギーが起こる仕組みは実は全部同じなのです。たとえるなら、お茶のようなものです。お茶そのものは一種類でその葉っぱが製法によって緑茶や、ウーロン茶、紅茶などになったりします。

それと同じでアレルギーにはいろいろな種類・症状がありますが「人間の体内でおこっていること」自体は同じなのです。
腸内善玉菌が善玉菌が多い腸内環境にしよう!
アレルギーのすべては腸内が関係しています。約9割近くのアレルギーは腸内が正常になれば改善されます。
腸内環境を正常化するサプリメントを上手に利用する下痢が続く原因下痢をはじめ様々な症状の改善が一段と速くなります。

※慢性的な下痢が解決しない場合は、お近くの病院で医師の診断を受けて下さい。また、 必要なサプリメントで腸内の悪玉菌と善玉菌のバランスを整えることで解決する場合もあります。
いずれにしても、正しい栄養補給や生活習慣を心がけて、下痢体質をしっかりと改善していきましょう。

下痢+別の症状の最近記事

関連記事

おなかのゆるさに
お悩みの方へ
なっと~クィーンお試しセット

クィーン10日間
お試しセット
¥980

詳細はこちら