下痢が続く方に、その原因や注意点、改善方法などをお伝えしています

続くお腹のゆるさにお悩みの方へ なっとークィーン10日間お試しセット

下痢が続く原因は低血圧?

下痢が続く原因はいろいろありますが、慢性的な下痢、つまり過敏性腸症候群による下痢はストレスによることが多いようです。



でも思わぬところに下痢が続く原因がある場合があるのです。

下痢が続く原因は低血圧?
え!低血圧で下痢に?
不思議に思われるでしょうが、実際に下痢になってしまうことがあるのです。

血圧と言えばもどちらかというと高血圧の方が問題視されます。なぜなら高血圧は放置しておくと、虚血性心疾患、脳卒中、腎不全など命に関わることになりかねないからです
鉄材が下痢の原因に
では低血圧が問題視されないのは何故でしょう。それは低血圧の症状がめまい、頭重、ふらつき、倦怠感、手足の冷え、むくみ、下痢、消化不良、吐き気など、すぐに命に関わる症状ではないからです

低血圧は一部の症状を除き、救急医療の対象になることがない疾患です。低血圧は症状が続くことが特徴です。症状が重なれば苦痛にもなってくるものです。

めまい、頭重、立ちくらみは脳へ流れていく血流が少なくなることが原因で起こる低血圧です。当然、胃や腸への血流が少なくなると、胃腸の働きが弱くなってしまい、消化不良、下痢、吐き気等が起こります



低血圧は遺伝的体質にあると言われています。が、生活習慣も無関係とは言えません。運動不足、食事の回数不足、偏食、小食、バランスの悪い食事、日光に当たらないなど、思い当たる方は改善してみましょう。

下痢が続く方で、低血圧と思い当たる方。低血圧が改善されると、下痢も次第に治ってくるかもしれません。

低血圧と似た症状に貧血があります。貧血は血液中の赤血球が減少するため、全身の細胞に酸素や栄養を送り込むことができない為、疲労感、めまい、息切れなどが起こります。低血圧は何らかの理由で血液循環が悪くなっている状態を言います。

心臓のポンプ機能が低下していたりすることが原因の為、全身の細胞に十分な血液が送れない状態です。

若者の腸が危ない

低血圧を放置することは、様々な疾患発症の土台を作ることに繋がります。命に関わることが少ないとは言え、低血圧を軽視せず、快適な生活が送れるように少しづつ改善していきましょう。

スムーズに流れるきれいな血液を作るのも腸内です。きれいな血液になると全身の血流もよくなります。病の殆どは腸の状態に原因があると言っても過言ではありません。腸内環境を強化して、正常で健康な腸内を作りましょう。


腸内環境を整えるサプリメントを利用すると腸内の改善は早くなります。上手に利用しましょう。
腸内善玉菌が善玉菌が多い腸内環境にしよう!


下痢の改善は腸内環境から

健康の要は何といっても腸内が健康であることです。腸内フローラ―が良好であることです。 腸内環境が整っていると、腸内で有害な物、有益な物を識別して、悪い物は排出してくれます。

おなかが弱い方は良いものまで排出してしまいますので、下痢が続く方はなかなか栄養の吸収が十分できなくて、不調の原因になったりしてしまいます。 腸内での正常な機能が果たされれば、下痢にならなくて済みます。

同じものを食べても下痢になるならない人は腸内環境の良し悪しで決まります。まずは腸内環境を整える事から始めましょう。そうすると下痢の改善は一段と早くなります。

※慢性的な下痢が解決しない場合は、お近くの病院で医師の診断を受けて下さい。また、 必要なサプリメントで腸内の悪玉菌と善玉菌のバランスを整えることで解決する場合もあります。
いずれにしても、正しい栄養補給や生活習慣を心がけて、下痢体質をしっかりと改善していきましょう。

下痢の原因の最近記事

関連記事

おなかのゆるさに
お悩みの方へ
なっと~クィーンお試しセット

クィーン10日間
お試しセット
¥980

詳細はこちら