下痢が続く方に、その原因や注意点、改善方法などをお伝えしています

続くお腹のゆるさにお悩みの方へ なっとークィーン10日間お試しセット

下痢が続く原因は乳糖FT

下痢の原因は様々です。人は体質がそれぞれ違う様に下痢の原因も人によって異なります。しかし慢性的な下痢の多くは食べ物が下痢の原因という事が多々あるようです。

下痢の原因は乳糖やフルクタン(FT)
下痢の原因となる食べ物の一つに糖類が挙げられます。その糖類は乳糖やフルクタンです。特に冬になると甘い物が欲しくなり、下痢の原因の一つになります。

下痢の原因は乳糖やフルクタン
人生最大のピンチ「突然の下痢」。慢性的に下痢に困っている人の中には、ある意外な栄養素が関係しているかもしれないことが分かってきました。

その栄養素とは、乳糖やフルクタンなどの糖類です。これらの糖類は、人によっては腸で分解がしづらく、そのまま大腸に届いてしまうと、下痢を引き起こすことがあります。

フルクタンは、フルクトースが結合してできる高分子多糖であり、体内で消化されにくい食物繊維の一種です。フルクタン(fructan)は、食品ではラッキョウに多く含まれ、その他に、玉葱、ニンニク、ゴボウなど、球根類に多く含まれています。
腸内善玉菌が善玉菌が多い腸内環境にしよう!
フルクタンは、ビフィズス菌などのエサとなり、その活性を促進して腸内環境を整えて便通改善したり、 食後の血糖値上昇を抑え、コレステロールの低下や利尿作用などがあります。

食べ過ぎると胃に負担がかかったり下痢になったりするので小さめのもので3~4粒程度を目安にしましょう。

下痢を繰り返す人たちに、こうした乳糖ヤフルクタミンを控えた食事をしてもらったところ、下痢の回数が大きく減ることが、様々な研究によって明らかになりました。

また、朝食後のきまったタイミングで下痢をする場合は、「胆汁」が原因かもしれないことも分かってきました。

糖による下痢について
 糖の仲間は通常、小腸で分解、吸収されます。しかし、小腸が分解、吸収をしにくい糖の仲間があります。

こうした糖を多く摂取すると、もともとおなかが弱い方の中には、糖が吸収されずにそのままの状態で大腸にまで到達してしまうことがあります。

すると大腸は通常では来るはずのない成分が来たことで混乱状態になってしまい、「水を出して便を柔らかくする」など下痢の症状を悪化させる場合があるのです。

どのくらいの糖が入ってくると、実際に下痢が起こってしまうかは、個人差があり、 普段から特に下痢に悩んでいない方については、気にする必要はありません。

しかし「過敏性腸症候群」など、普段から下痢を起こしやすく、腸が敏感に反応してしまう人ほど、下痢を起こしやすいと考えられています。



小腸が分解 吸収をしにくい糖を含んだ食品とは
.
 オーストラリアの医師、ピーターギブソン博士は、大腸が水を出してしまう糖を含んだ食品のリストを作り、それを避けることで下痢の症状を緩和させる食事療法を開発しました。

□ 月3回以上、原因の分からない下痢をする人

□ 医師から下痢型の過敏性腸症候群と診断を受けている人


などの方は、下記の食品の摂取を見直すことで症状が緩和すると指摘しています。

下記の食品群は、どれも栄養として、体に重要なものばかりです。多くの人にとっては食べても問題は起こりません。

下痢に悩む人は、下記の食品のうち、特に多く摂取している食品を見つけ、少し減らしてみることで様子を見ることが出来ます。

① 乳糖を含んだ食品
牛乳、チーズ、ヨーグルト などの乳製品(乳糖を除去したものを除く)

② 果糖や、糖が集まってできた甘い物質
マンゴー、梨、洋梨、リンゴ、ブドウ、サクランボ、桃、スイカ など
蜂蜜、人工甘味料を含んだお菓子など


③ フルクタンの仲間(小麦など麦の仲間
ラッキョウ、ネギ、タマネギ、ニンニク、ブロッコリー、マッシュルーム、アスパラガス、大豆 など

腸を刺激しにくい食事の仕方
苦手な食品が分かった場合でも、本来その食品は、人間の体に必要な栄養源です。 なので、摂取を完全にやめることは推奨されておらず、バランスよく食べる事がすすめられています。

以下のような食べ方をすることで、下痢のリスクを減らすことが出来ると考えられています。

■下痢を予防するにはその① 一度に多くの量を食べない
分解が苦手な糖を一度に多く食べてしまうと、小腸の分解する力を越えてしまい大腸に多く流れこんでしまいます。少しずつ分けて食べる事で、小腸は苦手な糖を時間をかけて分解することができるようになります。

■下痢を予防するにはその② 消化のいい食品と合わせて食べる
消化のいい食品と合わせて食べる事で、苦手な糖が小腸を時間をかけて通過するようになります。一気に大腸に糖の成分が流れこむことがなくなると考えられています。

■下痢を予防するにはその③ ギブソン博士おすすめの食材は?
ギブソン博士は白米や、豆腐や醤油など大豆を加工した食品は下痢を誘発しにくいとして推奨しています。

腸内環境を強化しよう
「元気の元は胃腸から」と昔から言われています。腸内では様々な活動が行われています。消化・吸収・排出は勿論の事、免疫力、ホルモンやビタミンの産生など実に様々な活動をしています。

その役割を担っているのが腸内細菌(善玉菌)なのです。腸内善玉菌を増やすサプリメントがありますので、上手に利用しましょう。下痢の改善は一段と早くなります。

下痢の原因の最近記事

関連記事