下痢が続く方に、その原因や注意点、改善方法などをお伝えしています

下痢の改善相談室
       
下痢を改善するには?

下痢が続く人は整腸作用のあるものを上手に利用



お腹の調子が悪く、下痢が続いたり、下痢気味だったり、お腹が張る、おならが出ると言った不快感がある時には、整腸作用のあるサプリメント(納豆菌・乳酸菌)を上手に利用しましょう。

下痢が続く人は善玉菌で腸内環境の改善を!

整腸作用のあるものは下痢止めといった積極的な作用をするものではなく、腸内の細菌叢のバランスをよくしたり、消化酵素を補ったり、本来の調子に戻すように手助をするものです

人間の腸内にはたくさんの細菌が棲みついています。この中には、よい働きをする菌、悪い働きをする菌がいて、バランスを摂っています。



下痢は食べ過ぎ、飲み過ぎ、消化の悪いものや体に有害なものを食べたり、疲労やストレスのあった時などに起りますが、
これは腸内細菌のバランスが乱れた事も一つの原因となっています。


つまり、悪い菌が増えたために、腸内の腐敗や発酵が始まり、その刺激で大腸に炎症が起ります。その結果腸内の正常作用が難しくなり、水分調節がうまく出来なくなり、下痢となってしまうのです。



これが慢性化し、ひどくなると、いわゆる難病と言われる腸の病気になってしまう可能性があるのです。また免疫力が低下し、風邪をひきやすくなったり、ガン、アレルギー性の病気にもなったりします。

整腸作用のあるサプリメントは腸内で良い働きをする細菌(乳酸菌・納豆菌など)を乾燥してつくったものです。腸内細菌のバランスを保って悪い菌が繁殖するのを抑え、腸の働きを調えると同時に、便通を整えます。

作用が穏やかで副作用がありませんので、乳児から大人までの消化不良や下痢、軟便にも安心して利用することができます。風邪をひいて、嘔吐下痢症などの症状がある時には普段より多めに飲んで頂くと効果があります。



サプリメントをできるだけ有効な形で腸まで届けるには、一日3回食後に飲みましょう。体は年齢と共に消化能力、免疫力は日々衰えていきます。サプリメントを上手に利用しながら腸内善玉菌の優勢な状態を保ち続けることは健康な状態を保つ最も有効な方法です。

下痢の改善は腸内環境を整えよう

健康の要は何といってもおなかが丈夫であることにつきます。昔から「元気の元は胃腸から」と言われています。
おなかが丈夫という事は免疫力が高いという事です。免疫力の高い人はたとえ有害な物が体の中に入ってきたとしても腸内で十分に処理する事ができるからです。

下痢が続く、すぐ下痢になる方はまずは腸内環境を整えましょう。腸内環境を整えるサプリメントアありますので、上手に利用しましょう。腸内環境が整えば、血液もきれいになり、様々な健康効果が表れ、さらにお肌もきれいになっていきますよ。

下痢体質ってあるのですか?へ続く…


PageTop

PageTop

下痢の基礎知識

下痢の改善方法

子供の下痢

病気の可能性

下痢の原因

下痢+別の症状

下痢が続く(慢性的な下痢)

食べ物・飲み物による下痢

腸内環境を改善する菌や成分

コラム

下痢の原因 食品添加物

下痢の治し方

冬に起こる下痢の原因

夏に起きる下痢の原因

春に起きる下痢の原因

秋に起こる下痢の原因

綺麗な腸は病気にならない