下痢が続く方に、その原因や注意点、改善方法などをお伝えしています

続くお腹のゆるさにお悩みの方へ なっとークィーン10日間お試しセット

下痢が続く原因神経性胃炎

下痢が続く原因として、多くは食べ物が原因で下痢が続く方が多いようです。

下痢が続く原因はストレスからくる腹痛や下痢~神経性胃腸炎~

もちろん食べ物と言っても、様々ですがアレルギーによる食べものが原因で下痢が続く、あるいは食べ方で下痢が続くなど食生活と下痢が続く原因は相関関係があります。

また、病的な事が原因下痢になることもあります。例えば神経性胃腸炎というのは検査をしても身体疾患が見つからず、ストレスが原因で引き起こされるとされる疾病です。

過敏性腸症候群などもこの中に含まれます。緊張したり、神経を使いすぎたりすると、お腹の調子が崩れてくる方などがこれに当てはまります。また症状も、慢性的に下痢が続く人もいれば、下痢と便秘を繰り返す人もいるなど、その人その人で症状も回復にかかる時間も、治療方法も異なります。

いちばん大事なことは「こころ」のバランスを保つことができるようにセルフコントロールできるようになることです。神経性胃腸炎による下痢はそうした「こころ」のバランスをすぐに崩してしまう人が悩まされることの多い症状です。

いわゆる「些細なことを気にしやすい人」が、こうした原因で下痢になりやすいといえます。

「神経性」による下痢とは、精神的なストレスから神経が乱れ、その結果に起こる下痢のことです。精神的なストレスは他の体調不調に繋がることも多いのですが、「もともとお腹が弱い」という方はとくに下痢のような腸の不調に繋がることが多いようです。

また神経性胃腸炎を起こしやすい方は、「ゆっくり休養することが苦手な人」が多いようです。例えて言えば、うまくギアチェンジができない傾向の人です。

「頑張るときは、頑張る。でも、休むときは、ゆっくり休む」ということが苦手な人です。

「いつも頑張っている人」「頑張り屋さん」、言い方を換えれば「頑張りすぎる人」が多いと言えます。責任感が強く、完全主義の傾向にあります。

ですから逆から言えば、「ゆっくり休養する」「頑張りすぎない」「ある程度てきとーになる」「パーフェクトを目指さない」といったことが、下痢に悩んでいる人には大事なことです。

また、食べたい物を我慢すると却ってストレスになったりしますので、あまり強く意識する必要はありませんが、胃の粘膜を刺激するような食物はなるべく控えた方がいいでしょう。
下痢の原因は冷え2
そして一番大事なことは、下痢をしないようにしなければならない、理想的な便はこういうものだ、といった決めきった思考に固執しないことです。

また、下痢になったらどうしよう、などとまだ起きてもいない事柄を不必要に不安がるのもやめましょう。

早く治りたいという願望を持つことは至極もっともなことなのですが、その思い込みにとらわれると悪循環に陥ります。ですから、下痢をしたっていいじゃないかと受け流すようになれることが重要です。

パーフェクトを目指さず、自分の弱点とうまく付き合ってゆく、という姿勢を忘れないようにすることです。

また、好きなことをして気分転換することも重要です。ちょっと旅行をするなどして「その場を離れる」というようなことも大切です。温泉などに浸かってみるのもいいかもしれません。

意識して考えれば、そのように気分転換できる何かがたくさん見つかるはずです。

健康とおなかは切っても切り離せない関係にあります。おなかが丈夫で腸内が正常な働きをする人は健康で長生きです。

下痢が続く方は腸内環境が非常に不安定になっていますので、腸内環境をまずは整えましょう。腸内環境を整えるのに必要なサプリメントがありますので、上手に利用しまよう。

一日も早くおなかの調子が良くなるといいですね。

※慢性的な下痢が解決しない場合は、お近くの病院で医師の診断を受けて下さい。また、 必要なサプリメントで腸内の悪玉菌と善玉菌のバランスを整えることで解決する場合もあります。
いずれにしても、正しい栄養補給や生活習慣を心がけて、下痢体質をしっかりと改善していきましょう。

下痢が続く(慢性的な下痢)の最近記事

関連記事

おなかのゆるさに
お悩みの方へ
なっと~クィーンお試しセット

クィーン10日間
お試しセット
¥980

詳細はこちら