下痢が続く方に、その原因や注意点、改善方法などをお伝えしています

続くお腹のゆるさにお悩みの方へ なっとークィーン10日間お試しセット

腸内環境が原因の下痢

下痢の原因は腸内環境に!
下痢が続く原因は様々ありますが、誰にでも当てはまる要因として「ストレス」があります。私たちは毎日たくさんのストレスにさらされています。



環境の変化や人間関係、嫌なことも、時には楽しいなと思うことでさえも、人によってはストレスとなってしまうことがあります。

ストレス社会とまでいわれる現代ですから、もはやストレスと無縁で暮らすことは不可能と言ってよいでしょう。

そしてこのストレスによって、私たちの腸内環境は変化し、時に下痢の原因になっているのです。

たとえば、アメリカのNASAでは、スペースシャトルに乗船した人の腸内細菌を調べたところ、極度の緊張や不安にさらされているときに、特定の腸内細菌が急増したという報告を出しています。

下痢の原因は細菌感染

また、自衛官の人々も、厳しい訓練の前と後では腸内環境が変化しているという調査結果があります。この場合、下痢の原因になる悪玉菌の一種「ウェルシュ菌」が増加していました。

ともに腸内バランスを崩し、下痢が起こりやすい悪玉菌優勢にしているのはストレスが原因なのです。

001

また、ニワトリやラットの実験においても、過密状態で飼育したり、気温湿度の条件の悪い状況で飼育が続くと、腸内環境が変化することがわかっています。

原因となっているストレスを、取り除くことが出来ればそれにこしたことはありませんが、現実ではそれは難しい場合も多いでしょう。

ここで、少しだけストレス解消法をご紹介します。
ストレスの解消法の一つとして、まずは考え方をかえてみましょう。考え方を変えるという事はむすかしいようですが、実は誰でもできる事なんです。

例えば、「いまあるもので満足してみる」、たとえ貧しくても精神的に豊かにあるという意味で、「自分の分を知る」という事です。

目標を持つ事はすばらしいことですが、そのために自分の置かれた現状に対して否定的な気持ちばかり抱いていたのではかえって前進を妨げることにもなりかねません。

それより、目標には届かなくても、今の自分をとりあえず肯定して生きていく

「今の自分は発展途上だけど、今のところは、これでいい」と考えれば、無用なストレスに悩まされることはありません。

それによほどの天才でない限り、できることと、できない事があるのは当たり前です。出来もしないことを望んで、不満タラタラ過すよりは、自分の能力に合った目標を立てて暮らした方が、心身共に健康でいられるというものです。この記事の続きはこちらから…



まずはストレスで減ってしまう善玉菌をどんどん補い、腸内環境を元に戻すことを考えてみましょう。
下痢の原因を発酵食品で改善
ヨーグルトなどの乳酸菌を積極的に摂ること、腸内の善玉菌のえさになるオリゴ糖も、善玉菌の増殖を助けてくれますので、意識して摂るように心がけましょう。

またストレスのことばかり考えず、時にはなんとかなるさと、大らかな気持ちを持つことも大事です。
tyounaiirasuto4
食事から善玉菌(乳酸菌や納豆菌など)を摂ることが難しい方は、ストレスを抱え込まなくても済むように善玉菌のサプリメントがありますので上手に利用しましょう。下痢改善の早道になります。

腸内環境を良好にして食中毒の予防

腸内は食べた物を消化・吸収や解毒を行います。また食べた物が有害物質なら素早く外に排出する働きも持っています。

と同時に腸内に極めて有害な菌が侵入したなら、それらの有害菌が増殖しない様に抑えることもできます。こうして腸内が正常に働くと食中毒の予防並びに下痢の改善にも役立ちます。腸内環境を正常にするプリメントがありますので利用してみましょう。

腸内善玉菌が善玉菌が多い腸内環境にしよう!

腸内環境を整えよう

「元気の元は胃腸から」と昔から言われています。昔は今ほど添加物はなかった時代に、腸内環境が健康に大きく左右していることが体験してわかっていたのです。

レトルト食品やコンビニ食品など、添加物がたくさん含まれている様な食べ物は有害な物質が多く、当然腸内の環境を悪くしてしまいます。消化力、免疫力も低下します。

腸内が弱くなると正常な働きが行なわれにくくなり、水分調整も正常に出来ず、水分の多い、つまり下痢状態の便となってしまうのです。



まずは腸内環境を良くして腸内を正常な状態に戻すことが下痢改善のためには一番の近道です。

下痢の基礎知識の最近記事

関連記事