下痢が続く方に、その原因や注意点、改善方法などをお伝えしています

続くお腹のゆるさにお悩みの方へ なっとークィーン10日間お試しセット

ジャガイモで下痢になる

ジャガイモは古くなると芽が出たり、光があたってジャガイモ全体が緑色なります。そんなジャガイモをみかけることはありませんか?

ジャガイモで下痢になる

芽が出たり光に当たって緑色になった部分には、天然毒素であるソラニンやチャコニンが多く含まれているので、これらの部分を十分取り除くことが大切です。
また、家庭菜園などで作られた未熟で小さいジャガイモは、全体にソラニンやチャコニンを多く含んでいることもあるので、注意が必要です。

ソラニンやチャコニンを多く含むジャガイモを食べると、吐き気や下痢、おう吐、腹痛、頭痛、めまいなどの症状が出ることがあります。ジャガイモを食べたあとにこのような症状が出たときは、急いでお医者さんにみてもらいましょう。

健康な大人であれば、少しくらい食べてもお腹をこわしもしませんが、体調が悪い時や、たくさん食べるとお腹をこわします。もちろん老人や子供の場合、お腹をこわす確率が、健康な大人より高いので注意しましょう。

ソラニンには苦味を伴うエグミがあって、食べればすぐに分かります。致死量を摂取する可能性が極めて低いのですが、過去に実際何例かの死亡事故は起きています。

ジャガイモは、暗くて涼しい場所に保管し、冷蔵庫で保存する必要はありません。それでも、家庭で保管していて芽が出たり、緑色になったりすることがありますが、その場合には皮を厚くむき、芽や緑の部分だけでなくその周りも多めに取り除けば安全です。

また、そのようなジャガイモは170℃以上で揚げると、ソラニンやチャコニンが分解するので量が減ります。芽が出たから、緑色になったからと言って捨てないで上手に料理しましょう。

また、ジャガイモは、生で食べると下剤の代わりにもなります。
皮をむいたジャガイモのすり下ろした物を布でこし、その汁を1日小さじ1杯朝晩2回空腹時にもむと便秘に効果があります。
ですから、下痢の方はくれぐれも、火の通っていないジャガイモを食するのはやめましょう。
腸内善玉菌が善玉菌が多い腸内環境にしよう!

下痢の改善は腸内環境から

脳が死んでも人は生きることが出来ますが、腸が死ぬと人は生きていくことが出来ません。
それほど腸は生命活動に重要な役割を持っているのです。 腸内環境が良いと免疫力は高く、健康を維持できます。病気知らずの身体になります。

しかし現代では様々な有害な要因が重なり、腸内環境は非常に悪化しています。腸内が酸性に傾き、悪玉菌がはびこり、結果病気が慢性化した状態になっています。
「元気の元は胃腸から」と昔から言われている通り、健康になるためには腸が元気、つまり腸内環境が良好である事が必要なのです。

下痢は重篤な病気になる前の症状かもしれません。今のうちにしっかりと下痢を改善していきましょう。 また、下痢の原因になるような有毒物質は避けましょう。
腸内環境を整える最適なサプリメントがありますので、上手に利用してみましょう。

※慢性的な下痢が解決しない場合は、お近くの病院で医師の診断を受けて下さい。また、 必要なサプリメントで腸内の悪玉菌と善玉菌のバランスを整えることで解決する場合もあります。
いずれにしても、正しい栄養補給や生活習慣を心がけて、下痢体質をしっかりと改善していきましょう。

食べ物・飲み物による下痢の最近記事

関連記事

おなかのゆるさに
お悩みの方へ
なっと~クィーンお試しセット

クィーン10日間
お試しセット
¥980

詳細はこちら