下痢が続く方に、その原因や注意点、改善方法などをお伝えしています

下痢の改善相談室
       
下痢を改善するには?

プロテインパウダーで下痢

下痢の原因は人気のプロテインパウダーに?
今や美しい肉体をつくろうとするビジネスパーソンに人気のプロテインパウダーですが、手軽に大量のタンパク質を摂れる一方で、下痢の原因にもなり、その他多くの危険性が潜んでいます。




プロテインパウダーを飲むと、おなかがゴロゴロする、あるいは調子が悪くなったなどその原因を考えてみましょう。


目次
プロテインとは?  ・プロテインパウダーの種類①  ・ソイプロテイン  ・カゼイン  ・下痢になるプロテインの過剰摂取  ・手軽な大量摂取の危険性  ・下痢にならない摂取方法  ・腸内環境を強化

プロテインとは

プロテイン(Protein)は「たんぱく質」を意味します。大栄養素の1つ、人間の体を構成する重要な栄養成分です。

筋肉や骨、髪の毛、爪、内臓、血液などの主な成分はたんぱく質で作られています。たんぱく質は動物性たんぱく質と植物性たんぱく質の2種類あります。

プロテインパウダーは食べ物の中のたんぱく質を人工的にとりだして作ったものです。大きく分けて3種類、①ホエイプロテイン、②ソイプロテイン、③カゼインプロテインに分けられ、それぞれ主原料が異なります。
目次へ

プロテインパウダーの種類

① ホエイプロテインパウダー
最もオーソドックなプロテインといえば、ホエイプロテインでしょう。ホエイは、牛乳から精製される、乳清とも呼ばれる成分で、ヨーグルトやチーズといった固形の乳製品を作る時に分離される水溶液のことを指します。



吸収がはやく、筋肉の合成に有効な必須アミノ酸、BCAAが豊富、高たんぱく質・低脂肪といった筋トレにはうってつけの成分なため、多くの筋肉トレーニングをする人達がホエイプロテインを愛用しています。

タンパク質の構成は20種のアミノ酸からなり、BCAAとして知られる分岐鎖アミノ酸は、パリン、ロイシン、イソロシンの3種からなり、体内で合成できない必須アミノ酸です。

運動時に筋肉でエネルギーとなるため、アスリートやトレーニングには欠かせない栄養素です。

BCAAは、ダイエットや体力強化、ボディメイクなど効果的に役立てることができるようです。実店舗だけでなく、通販などでも多く取引されているので、簡単に手にはいるのも魅力的なポイントです。
目次へ

② ソイプロテインパウダー
ホエイプロテインについて、人気を集めているソイプロテイン。

その名の通り、大豆(ソイ)から作られているアイテムです。大豆には植物性たんぱく質が豊富に含まれていて、ソイプロテインパウダーはそんな大豆のたんぱく質部分をベースに作られたプロテインになります。


ソイプロテインはゆっくり吸収して、代謝をサポートします。成長ホルモンの分泌を促進し、筋肉組織を強くしたり、免疫力を高める効果のあるアルギニンが豊富です。

ソイプロテインの原料である大豆は、食物繊維が豊富に含まれているため、非常に腹持ちがよく、満腹感を長い間維持してくれます。

そのため、無駄な間食などを避けることができ、結果として体重を落とすことになり、ダイエット効果が期待できます。ソイプロテインを飲む自体がダイエットにつながるわけではありません。

③ カゼインプロテインパウダー
ホエイと同じく、牛乳から作られるプロテインパウダーです。ゆっくり吸収され、アスリートに有効なアミノ酸、グルタミンが豊富です。グルタミンは体に一番多く必要な存在するアミノ酸です。
目次へ

下痢になるプロテインの過剰摂取
プロテインパウダーはタンパク質を効率良く摂取するためには都合のいい人工的にとり出したたんぱく質です。しかし、飲み過ぎは身体に危険を伴うなど悪影響を及ぼします。

手軽な大量摂取の知られざる危険性

①分解の過程で毒素を出し腎臓を疲弊させる
肉など自然の食べ物には含まれていない「つくられたタンパク質、つまりプロテインパウダー」は、大事な腎臓を悪くする可能性があります。

タンパク質は、私たちの血肉をつくる非常に重要な栄養素です。ただ、糖質や脂質と違って、分解の過程で尿素窒素などの毒素を産出します。

これら毒素は腎臓の濾過機能によって尿として体外に排出され、私たちは健康を保っています。

このように腎臓は非常に重要な臓器なのですが、人工的に大量のタンパク質を摂取することは、その働きを腎臓に強要し疲弊させ、重大な被害を生みかねません。

ただし、これはいわゆる過剰摂取といわれる程多くのタンパク質を毎日のように摂取する場合であって、通常範囲内での使用なら何も問題はないので安心してください。
目次へ

②ラクターゼの酵素不足で下痢になる
牛乳を原料とする、ホエイプロテインパウダー、カゼインプロテインパウダーは乳糖不耐症の人は下痢が起きてしまいます。

乳糖を消化するためのラクターゼという酵素が足りていないために、乳糖を胃腸でうまく分解できないのです。その場合、未消化の乳糖が大腸の細菌により、発行し大量のガスが発生します。



それが下痢、腹痛等が起きてしまうのです。

つまり乳糖不耐症というのは日本人の殆どの人が少なからず抱えている症状であるともいえるんです。

その中でもよりラクターゼの分泌が少ない人が牛乳やプロテインパウダー等を摂ると下痢になるなど、お腹を壊しやすいということなんです。
目次へ

③食品添加物なので下痢になる
プロテインパウダーは添加物(着色料、甘味料、香料、保存料)の宝庫です。本来のプロテインの味は、味も素っ気もありません。

最近の美味しいプロテインは、かなりの量の添加物が使用されています。美味しければ美味しいほど、それに比例して添加物の量は多くなります。

添加物は腸内環境を悪化させます。特に人工甘味料は腸管の炎症を引き起こします。それが、腹痛や下痢、便秘などの症状を引き起こします。



また、腸内環境の悪化により、腸管の細胞から炎症性サイトカインが分泌されます。

炎症性サイトカインは腸管の細胞にダメージを与え、リーキーガット症候群を引き起こします。リーキーガット症候群の症状は、下痢、食欲不振、倦怠感などが特徴です。

また、特にカロリーゼロで強い甘味だけもたらす食品添加物の「アステルパーム」は、プロテインにもよく使用されていますが、これは体の中で分解も吸収もされません。

そのため、体が早く体外に排出しようとして、下痢の原因になることもありますので、お腹に不安のある方は、甘味料無添加のプロテインを利用されることをおすすめします。

④もともと腸内環境が悪化していて下痢になる
プロテインパウダーを飲む以前の問題として、そもそも腸内環境が悪化していた場合、腸管(小腸や大腸)の機能低下が起こっています。

そのようなコンディションでプロテインパウダーを飲むと、下痢や便秘になってしまうこともあります。腸内環境が悪化する原因には、さまざまなものがあります。



また、胃腸は自律神経系と関係性が強いので自律神経(交感神経・副交感神経)のバランスが崩れることでも腸内環境は悪化します。つまり、精神的ストレスや生活習慣の乱れが原因になります。
目次へ

⑤免疫機能の低下で下痢になる
免疫機能は加齢と共に低下していきます。加齢に加え栄養障害があると、免疫機能の低下に拍車がかかります。運動をハードにやっているアスリートの場合、免疫機能が極端に低下していることがあります。

疲労状態が長期に及んでいるとき、風邪を引いたり、胃腸の調子を壊したりした時に、このタイミングでプロテインを飲むと、下痢や腹痛を引き起こしやすくなります。

下痢にならないためのプロテインパウダーの摂り方

①カゼイン、ホエイプロテインの摂取を中止する

②乳糖の摂取を中止する

③オーガニックプロテインに変える

④腸内環境を整え免疫機能を改善する

⑤乳糖ではない他の原料のプロテインに変える

⑥乳糖を分解する乳糖分解酵素、ラクターゼを一緒に摂る

⑦飲む回数を減らす

⑧自分に合ったプロティンを選ぶ

プロテインの1日の適正摂取量
一般的に、何も運動などをしない人が必要なたんぱく質の摂取量は、体重1(kg)に対して1gです。

体重が現在約60kgとすれば、60gのタンパク質を摂取することが出来れば健康にいいということになります。

人間が一日で吸収できるタンパク質の量も限界があるので、過剰な摂取は効果も薄れます。

でもそれはプロテインに限らず他の全ての食べ物にも言えることです。

普通の食事やお酒、サプリメントなども過剰摂取すれば身体に何らかの悪影響が出てきます。
目次へ

腸内環境を強化する

胃腸が弱い人は腸内環境の改善で強化を図ってみるのも良いでしょう。「元気の元は胃腸から」ですので、健康になるためには腸内環境がとても大切です。

腸内環境の強化には胃腸の健康を整える乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌を増やしていくことが重要です。


生活習慣による下痢をはじめとする、殆どの(約9割と言われている)体の不調は腸内環境の悪化が原因です。

腸内環境を強化するサプリメントがありますので上手に利用してみましょう。下痢の改善は一段と早くなります。

インスタントが下痢の原因

下痢の原因・カップ麺などインスタント食品
現代は食生活の変化により、様々な病気が蔓延しています。



中でも初期症状として頻繁に表れる下痢は、最も顕著な例です。こうした下痢の症状をほっておくと重大な病気になりかねません。

インスタント食品と下痢の原因の関係についてご一緒に調べて来ましょう。


目次
・カップ麺が体に悪い理由1  ・理由2.塩分  ・理由3.過酸化脂質  ・理由4.食品添加物  ・理由5.発砲スチロール  合成甘味料  ・腸内環境を強化

下痢の原因となるインスタント食品

カップ麺にカップスープ、お湯を入れれば手軽に食べられることから、昼食や夜食に、若者や独身の方々に人気のある食品です。

ついつい手が伸びてしまうインスタント食品は便利ですが、「身体に悪い」という声があるのも事実です。ではどんなことが体に悪いのでしょうか。

カップ麺が体に悪い理由

1)栄養素不足となる
食材(かやく)は野菜・海藻はほんの少しで、ビタミン・ミネラル・食物せんいなどの必要な栄養素はまったく足りません。

栄養不足、食物せんい不足は腸内環境を良好に保つのは難しくなります。


現在新型栄養失調と言われる人が多いのも、一つはインスタント食品の摂取量が多いと言われています。こうした結果、腸は下痢を招く環境となります。

栄養不足は腸内で正常な働きができなくなる恐れがあるのです。若者や独身の方はインスタント食品に頼りがちになりますので、注意しましょう。
目次へ

2)塩分の過剰摂取となる

スープの味は濃くて、それを飲み干すと、ナトリウム(塩分)の過剰摂取となります。塩分の摂り過ぎは次のような症状を起こします。

①のどが渇く
摂取した塩分は、ナトリウムの運び役のカリウムの摂取が不足していると、カリウムの変わりに体液(水分)を取り込み塩分濃度を薄めようとします。



塩分濃度を薄めるために水が必要なので、のどが渇くのです。

②血圧が上がる
塩分濃度を薄めようとするために、水分(尿や汗)の排出も抑えられます。 この時血液などに水分を多く取り込もうとするため、血液量が増え血圧が高くなります。

③むくみ
水分を多く取り込もうとして、溜め込んだ水分が細胞からあふれると細胞周囲にたまります。これが「むくみ」となります。

塩分を摂り過ぎた結果
●高血圧症
塩分の過剰摂取が続くと常に血圧が高い状態になるため、高血圧症になると考えられています。

●腎臓疾患
過剰な塩分摂取が続くと、ナトリウムを排出するために、腎臓は一生懸命濾過作業を続けます。

これが腎臓に負担をかけ、徐々に濾過機能が衰えてくるため、腎臓疾患の原因になる可能性があります。

●不整脈や心疾患
塩分過剰な状態が続くと刺激伝導に異常が起こり、心臓の鼓動が不規則(不整脈)になる可能性があり、ひどい状態になると、心疾患を引き起こす可能性が高くなります。


目次へ

3)有害な過酸化脂質

油で揚げたフライ麺は、油が酸化してしまい、毒性物質である過酸化脂質ができやすいです。

賞味期限が経ったもの、保管場所が悪かったものなどはふたを開けた時の鼻を突くプーンとした油の臭いすると、油が酸化している証拠です。

過酸化脂質は有害で、ネズミやウサギに食べさせると成長が悪くなり、一定量を超えると死んでしまいます。

過酸化脂質は高温でできやすいため、揚げ油にはたくさん発生していて、揚げた麺に多く含まれてしまいます。

もちろん腸内環境も悪化し、おなかの弱い方は下痢の原因となります。



よく言われているのが、「油当り」です。これは過酸化脂質が原因でポテトチップスや天ぷら、フライなどを食べたときに、腹痛を催したり、下痢の症状に見舞われる症状です。


目次へ

4)食品添加物

インスタント食品に使われている添加物の中でも、特に調味料として使用されているL-グルタミン酸Na(ナトリウム)は胃が張る、もたれる、鈍痛に見舞われるなどの胃部不快感を引き起こします。結果、下痢を招きます。


その他、日清食品のカップヌードルなどはナトリウムも多く、添加物が15種類も入っている危ないインスタント食品の一つです。また、インスタント食品によく使用されているカラメル色素も有害な物質です。

発ガン性物質、4-メチルイミダゾールが含まれていることがあります。

こうしたインスタント食品は、体調や食べた物によっては「胃や腸などの粘膜が荒れて、そこに発がん性のある添加物が作用すれば、細胞ががん化することも考えられ」るだけに、注意が必要と言われています。
目次へ

5)発泡スチロール

発泡スチロールの容器に熱いお湯を入れると、発がん性のあるスチレンがppbレベル(ppbは10億分の1を表す濃度の単位)で溶けだすことがわかっています。

微量とはいえますが、一般に発がん性物質は、この値以下であれば無害ですという基準がないので、できるだけ摂取しないに越したことはありません。

発泡スチロールなどの容器は、紙容器に変更されているようですが、カップ麺を食べる際には、できる限り容器を移し替えることが賢明です。
目次へ

インスタント食品が下痢やそのほかの病気を招く合成甘味料

さらに気をつけたいのが、インスタント飲料です。カフェオレ・カフェモカなどは、休憩時間の“ほっと一息ドリンク”の定番です。

最近では、「カロリーが気になる」という声に応える形で、砂糖不使用と書かれている代りに、低カロリーの合成甘味料を使っています。この合成甘味料も非常に危険です。下痢の原因となります。

例えば、難消化性デキストリン。食物繊維の一種で、糖の吸収を抑えて血糖値が上昇しにくくする働きがあるのですが、腸で吸収されにくいために人によっては下痢を起こします。



注意書きとして「飲みすぎあるいは体質・体調により、お腹がゆるくなることがあります」と表示されているようです。

難消化性デキストリンは、メッツコーラなど「トクホ」といわれる特定保健用食品にも含まれている成分です。

インスタント飲料では、味の素ゼネラルフーヅの「ブレンディ スティック カフェオレ カロリーハーフ」に含まれています。

また下痢よりも深刻な症状を招く恐れのある合成甘味料が、アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物とアセスルファムK(カリウム)です。

砂糖の180〜220倍の甘味があるアスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物は、体内で劇物のメチルアルコールを生成し、頭痛やめまい、不眠、視力・味覚障害などを引き起こす。

1990年代に、アスパルテームは脳腫瘍や白血病、リンパ腫などを引き起こす可能性があることが研究者によって指摘されています。

また、砂糖の約200倍の甘味があるアセスルファムKは、体内で分解されないため異物となってグルグルめぐり、肝臓や免疫の機能を低下させる恐れもあります。

3大危険成分が入ったブレンディスティック
アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物は、味の素ゼネラルフーヅの「マキシム スティックメニュー カフェモカ」に、アセスルファムKはネスレ日本の「ネスカフェ ゴールドブレンド スティックコーヒー」などに含まれています。

なお、「ネスカフェ ゴールドブレンド スティックコーヒー」には、アセスルファムKだけでなく、アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物も含まれています。

また、難消化性デキストリンが含まれているとした「ブレンディスティック カフェオレ カロリーハーフ」には、アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物、アセスルファムKも含まれている。

事実上、3大危険成分が入った三冠王状態になっています。

インスタント食品は独身の方にとって便利でありがたい食品です。カップ麺にカップスープ……お湯を入れれば手軽に食べられることから、ついついと手が伸びてしまいます。

全てのインスタント食品が悪い物ではない
有害な添加物が入っている、出来れば買わないようにするインスタント食品 、自然の物をできるだけ使用している、買ってもいいインスタント食品など様々です。

インスタント食品は、なかには安全に食べられて美味しいものも少なくありません。

どんな添加物が入っているのかをよく吟味しながら食べましょう
目次へ

腸内環境を強化する

私達は食べた物で健康を維持できるように作られています。中でも腸は重要な役割をしています。

美味しく食べた物が全て良いもので、体に害が及ぼさないというものでもありません。食べた物は体の中に入って、有害な物質に変わる事もあります。

腸内環境が正常であれば、体の中の有害物質はスムーズに排泄され、害を及ぼさない様にできています。


下痢の改善にはまずは腸内環境を整えることが第一優先となります。
腸内環境を整えるサプリメントがありますので、上手に利用しましょう。

下痢の原因は秋の食中毒

下痢の原因・秋口に多い食中毒
秋は、イベントも多く、行楽・運動会・お祭りなどの行事が多い季節で、野外での調理、食事の機会も多くなります。

中でも食中毒による下痢は多いものです。



本来なら梅雨時から真夏にかけて起こりやすい食中毒ですが、ちょっとした事から、あるいは不注意からなど、あらゆる事柄が下痢の原因となる可能性を持っています。

秋口に多い食中毒の原因は何なのか見てみましょう。


目次
・生活習慣による食中毒下痢  ・細菌による食中毒下痢  ・秋の食中毒を予防  ・子供の食中毒は重症化しやすい  ・腸内環境を整えよう

下痢の原因となる生活習慣による秋の食中毒


①夏バテが抜けずに免疫力が低下
近年、酷暑が続いている影響などで、9月に入っても夏バテを引きずり、体力が低下している人は少なくありません。

さらに秋に入ると気温は低下し、その温度差に体がうまく適応できず、体調を崩しやすくなり、免疫力が低下しますます。

こうした身体の変化が、秋に食中毒が発生しやすくなる下地となっていると考えられます。


②野外調理での加熱不足
秋は行楽シーズンです。キャンプやバーベキュー、ピクニック、運動会などで野外の食事の機会が多くなります。

特に野外での調理の際、加熱が足りない場合は食中毒の原因菌を十分に殺菌できず、発症のリスクが高まります。

また、気温や湿度が高い状態が続くと、弁当の中で雑菌が繁殖し、食中毒を起こす原因になります。



秋はイベントも多く、外で食事したり調理したりする機会も増える時期です。

衛生面にしっかり気を付けて、食欲の秋を満喫したいですね。

③うっかりミスによる
本来なら食中毒を回避できるのですが、気候が良いから大丈夫だろうと、前日の食品を再加熱しないで食べてしまうなど、ちょっとした心の油断で食中毒に罹ってしまうことがあります。

秋でも油断は禁物です。また十分な手洗いをせずに食事を作る、食べるなども食中毒の原因となります。

④自然毒
秋は食べ物がおいしい季節です。秋の味覚を添えるキノコやふぐにも注意しましょう。食中毒を起こすキノコは、ツキヨタケ、クサウラベニタケ、テングタケなどです。



キノコ狩りで採取したキノコも、安全だと鑑定されたもの以外は食べないようにしましょう。

また、ふぐによる食中毒は致死率が高く、素人判断での調理は禁物です。
目次へ

下痢の原因となる細菌による食中毒

細菌感染による処育中毒は症状としては食事をしてから数時間~1日ほどで、下痢や嘔吐、腹痛や発熱などを起こすものがほとんどですが、中には数日たってから症状を起こすものや、死にいたるものもあります。



冬場の食中毒はノロウイルスによるものが圧倒的に多いのですが、この時期に多いのはサルモネラ菌や腸炎ビブリオ菌、ウエルシュ菌などによるものです。

①サルモネラ菌
サルモネラの食中毒事例はここ数年間常に、腸炎ビブリオと一、ニを争う代表的食中毒原因菌です。

サルモネラの食中毒はカンピロバクターと同様大型の事例が多く、学校、福祉施設、病院で多発しています。

サルモネラは健康な成人ではその症状が胃腸炎にとどまりますが、小児や高齢者では重篤となることがあります。



サルモネラ菌は自然界のあらゆるところに生息し、ペット、鳥類、爬虫類、両生類が保菌しています。

とくに家畜(ブタ、ニワトリ、ウシ)の腸管内では、常在菌として保菌していることが知られています。

中でも特に鶏卵を原因とするサルモネラ・エンテリティディス(以下、SE)による食中毒が近年急激に増加しています。



現在、わが国でもサルモネラ食中毒の60~70%がSEによるもので、鶏卵を原因とするものが大半を占めています。さらに、これを原料とした生菓子などの2次汚染による食中毒も年々増加しています。

鶏卵内部にSEが存在する可能性を念頭において、

①購入した卵は冷蔵庫で保存する、

②卵の割り置きは絶対にしないなど、

卵の取扱いには十分気をつける必要があります。

②腸炎ビブリオ菌による下痢

秋口に注意したいのが、「腸炎ビブリオ」という菌です。

腸炎ビブリオ食中毒は、日本で発生する食中毒の原因菌としては、発生件数でサルモネラと並んで1-2位にあたり、特に1992年までは、日本における食中毒原因の第1位を占めていました。

腸炎ビブリオは、塩分を好むために海の中にひそんでいて、魚介類に付着します。海水の温度が上がると、大量に増殖します。

海は、熱しにくく冷めにくいため、陸地よりも遅れて温度が上がるので、真夏よりも秋口になってからの方が、菌が繁殖しやすくなるのです。

日本では海水温が20℃を超える時期に多く発生します。

さらに、特徴的なのは、一般の細菌に比べ、増殖するスピードが速いことです。

このため、腸炎ビブリオ菌のついた生の魚などをそのままにしておくと、あっという間に菌が増加してしまいます。

刺身や寿司、生の魚介が入った仕出し弁当などは、十分な注意が必要です。

腸炎ビブリオによる食中毒を防ぐには、いくつか対策があります。

まず、この菌は真水に弱いので、調理する前には、水道水で十分に洗いましょう。

また、4℃以下の低温ではほとんど増殖しないとされています。

調理する直前まで、冷蔵庫で低温保存しましょう。

冷蔵庫のチルド室などを活用するといいですね。

さらに、熱に対して弱いので、少しでも心配な場合は、中までしっかり火を通して食べることをおすすめします。

60℃で10分以上加熱すれば、菌は死滅すると言われています。

そして、全ての食中毒予防の基本は、何と言っても、こまめな「手洗い」です。



③ウェルシュ菌による下痢
腸管内で菌の増殖と共に芽胞が形成され同時に毒素が産生され毒素により発症します。

8〜20時間の潜伏期の後、水様性の下痢を引き起こします。

腹痛と下痢が起こりますが、嘔吐、発熱は見られないのが特徴です。

この細菌は熱に強い芽胞を作るため、高温でも死滅せず、生き残ります。

したがって、食品を大釜などで大量に加熱調理すると、他の細菌が死滅してもウェルシュ菌の耐熱性の芽胞は生き残ります。

また、食品の中心部は酸素の無い状態になり、嫌気性菌のウェルシュ菌にとって好ましい状態になるため、食品の温度が発育に適した温度まで下がると発芽して急速に増殖を始めます。

食品の中で大量に増殖したウェルシュ菌が食べ物とともに胃を通過し、小腸内で増殖して、菌が芽胞型に移行する際にエンテロトキシン(毒素)が産生され、その毒素の作用で下痢などの症状が起きます。

一度に大量の食事を調理した給食施設などで発生することから“給食病”の異名もあり、患者数の多い大規模食中毒事件を起こす特徴があります。

発生原因施設は、他の食中毒と同様に飲食店、仕出し屋、旅館、学校などの集団給食施設による事例が多く、カレー、シチュー、スープ、麺つゆなどのように、食べる日の前日に大量に加熱調理され、大きな器のまま室温で放冷されていた事例が多く見られます。


『加熱済食品は安心』という考えがウェルシュ菌による食中毒の発生原因となっています。

逆に、家庭での発生は他に比べて少ないことが特徴的です。

秋はイベントも多く、外で食事したり調理したりする機会も増える時期です。

衛生面にしっかり気を付けて、食欲の秋を楽しみましょう。
目次へ

秋の食中毒を予防には

食中毒は高温多湿の時期に発生すると思われがちですが、秋が最も多いです。

秋の食中毒予防に注意する点として挙げてみました。

●9月も半ばをすぎると、すごしやすい気候になりますが、食中毒菌の増殖には気温も湿度も充分で、まだまだ油断はできません。

食品の作りおき、長時間の放置は危険です。必ず食べる前に再加熱しましょう。

食中毒菌はどこにでもいます。時間が経過した食品はかなりの菌が繁殖しています。

●秋は、行楽・運動会・お祭りなどの行事が多い季節で、野外での調理、食事の機会も多くなります。

また、夏ばてで体力が落ちており、体の抵抗力が弱くなっています。

自分の体力が弱っているなと思ったら野外での調理に、お弁当などには細心の注意を払いましょう。

●また、野生のキノコが多く発生する季節で、毒キノコによる食中毒もたいへん多くなります。

キノコの知識をしっかり持つか、あるいは不確かなものには手を出さないようにしましょう。



●秋は食欲が出ます。食べ過ぎると消化能力が低下し、普段下痢にはならないものまで、下痢の原因となることがありますので、食べ過ぎ、飲み過ぎには注意しましょう。

●秋は朝夕と日中の温度差が大きく、また秋は低気圧と高気圧が交互に通過し、そのたびに気温が乱高下します。

1日の中での気温差よりも、日々の気温差が大きくなる時期と言えます。おなかの冷えは服装で管理をしましょう。
目次へ

子供の食中毒は重症化しやすい

子供は免疫機能や消化能力が十分ではありません。

また老人の方々も同様です。そのため、食中毒菌に対抗する力が弱く、大人では問題にならない場合でも重症化することがあります。

子供は少量の菌でも食中毒を発症しやすく、特に脱水症をおこすと命取りになりかねません。

子供の体は水分が占める割合が高く、下痢や嘔吐がひどい場合は、体から水分がどんどん失われていきます。

内臓の働きが低下し、意識が朦朧となり、命に関わる危険性も出てきます。

下痢や嘔吐など、食中毒の症状が見られたら、湯冷ましなどを30分~1時間おきに与えるなどして脱水を防ぎ、早めに医療機関で診てもらってください。



また、O-157などの感染力が強い食中毒菌は、おもちゃやタオル、よだれかけなどを介して子供にうつることがあります。

子供が手にしたり、身につけたりするものは、清潔に保つようにしましょう。
目次へ

腸内環境を整えよう

「元気の元は胃腸から」と昔から言われています。

現代でも生活習慣からくる病気の殆どは腸内環境が悪いことが原因だと言われています。

食べた物が十分に消化され、余分なものは正常には排出されて初めて健康は維持できます。

腸内環境が整うと、下痢の改善も早くなります。

腸内環境を整えるサプリメントがありますので上手に利用しましょう。

下痢の原因は調味料の酢

下痢が続く原因は日常に使う調味料の酢に?
下痢の原因は様々ですが、人は健康に良いされるものは何でも試したくなり、結果、下痢をさらに誘発してしまうということもあります。

食卓に必ず一つはあると言われている定番の調味料「酢」も下痢の原因となるその一つです。



どのような取り方をしたら酢が下痢の原因になるのでしょうか?
一緒に考えてまいりましょう。


目次
酢の健康メリット  ・酢のデメリット  ・酢を摂取するときの注意点  ・腸内環境を整えよう 

下痢になる危険がある酢とは

酢は日本の代表的な調味料です。一般的に酢というと、酢酸(さくさん)を3~5%程度含んだ酸味のある調味料のことを指します。

酢酸はいわゆる酢の酸っぱい成分のことで、酢酸が多いほど酸っぱいと感じることが多いと思います。現代では酢の種類は様々です。



穀物酢、米酢、黒酢、ワインビネガー、バルサミコ酢、リンゴ酢などお酢は使い分けることで「美味しさ」と「栄養」などが異なってきます。

酢の健康効果メリット

酢には様々な健康効果があり、近年テレビや雑誌でも数多く取り上げられています。その中でも特に高い効果が期待されているものをご紹介いたします。

①ダイエット効果
酢に含まれている酢酸、クエン酸、アミノ酸がダイエットに効果があると言われています。 酢酸には脂肪の蓄積を抑える効果があります。

さらにクエン酸で体内の脂肪をエネルギーに変えて消費し、アミノ酸で脂肪の燃焼を促す効果が期待されています。

運動する30分~1時間前に酢を摂取して運動すると最も効率が良いと言われています。



②疲労回復効果
お酢に含まれるアミノ酸とクエン酸が疲労回復のスピードを速めてくれる効果があります。 運動の後や、忙しい仕事の後に酢を摂り入れると効率よく疲労回復を行ってくれます。

③血糖値の上昇を抑える
血糖値は主に食事を介して上がっていきます。 食事をとることで急激に上がってしまった血糖値を抑える効果が酢にはあります。

特に有名な料理が酢たまねぎで、これらを摂り続けることで糖尿病の薬を断薬できたという例も報告されています。化学的にも深く研究されているので、血糖値にお悩みの方にもおすすめの調味料です。

④抗菌作用
古くから伝わる知恵で、酢を使って食べ物を痛みにくくするという言い伝えがあります。

実はこの効果が実際に化学的面からも検証され、細菌の繁殖を抑える効果があることが発見されました。

大腸菌やサルモネラ菌など、人間の身体に害を及ぼす菌に対しても効果が実証されています。

⑤腸内環境を整える
酢に含まれる酢酸には、腸内の悪玉菌の増殖を抑えるなど、腸内環境を整える効果があります。

原液ではなく、薄めた酢でもこの効果が得られます。 便通も良くなるので、便秘対策にも効果が期待されています。
目次へ

*酢のデメリット

酢は健康効果を齎しますが、酢の摂取には少し注意が必要です。酢を摂り過ぎることで身体を壊してしまうことがあります。

①胃腸の不調を招く

酢には酢酸成分と呼ばれる酸が含まれています。酸というだけあって、多少なりとも物を溶かす力があります。

ですので、酢酸成分が胃腸内を刺激して荒れてしまい、胃痛の原因となってしまうこともあります。

胃腸の弱い方は飲み過ぎには注意しましょう。空腹時にお酢を飲んでしまうと、言うまでもなく胃を荒らしてしまいますので、止めましょう。



②歯のエナメル質を溶かす
酢は酸ですので、エナメル質という膜で覆われている歯の表面が溶けてしまうことがあり、虫歯になったり知覚過敏になったりすることがあります。


③口腔内トラブルの原因
酢には強い抗菌作用がありますので、口腔内の善玉菌などのバランスが崩れ、口腔内のトラブルの原因にもなる事があります。

④下痢になる、あるいは悪化する
酢には胃酸の分泌を促す作用があり、胃酸やお酢の成分そのものが胃腸や腸を刺激し、蠕動運動を活発にしますので、便秘の方は朗報ですが、

胃腸の弱い方、過敏性腸症候群気味の方は下痢になる、あるいは下痢を悪化させることがあります。

また、酢には強い殺菌作用があり、やっつけてよい菌だけをやっつけてくれればいいのですが、摂りすぎてしまうと、整腸作用のある良い菌までやっつけてしまいます。 

その結果、腸内環境のバランスが崩れ下痢をするということにもなりかねません。

それだけではありません。お酢を飲み過ぎて亡くなったという方もいらっしゃるそうです。一日さかずき2杯のお酢を毎日飲み続けた70代の男性が心筋梗塞で亡くなったのだそうです。

一日さかずき2杯という量は大したことない量のようで、実は信じられない量に値するようです。

お酢ドリンクで下痢を起こすということは体がお酢に反応してストップしなさいと言ってくれているのでしょう。酢を摂っていけないのではなく、摂りすぎに問題があるのです。

⑤酢は極陰性の飲み物なので体を冷やす
お酢は陰陽の性質でいうと極陰性の性質をもつ食品です。不眠の方や、極度のうつ病の方はお酢は調味料であっても控えた方がいいと言われることもあります。

陰性食品の摂り過ぎは体を冷やします。

昔から東洋医学では「冷えは万病のもと」と言われ、そのため冷えの状態が続くと体全体の機能が低下し、風邪をひきやすくなるのはもちろん、

自律神経失調症、生理痛の悪化、頭痛、肩こり、肌のトラブル、イライラ、気分の落ち込みの他、生活習慣病やがんなどの重い病気にも繋がってしまうのです。
目次へ

酢を摂取する時の注意

①原液で飲まないことが大切
いくら健康に良いとはいえ、酢は原液で飲まないようにすることが大切です。必ず薄めて飲みましょう。

原液のままだと消化器官の負担が大きすぎますので、できれば10倍くらいに薄めるようにしましょう。

②酢は調味料でのみ使うことが一番良い方法
調味料をそのまま飲むということは、その他の調味料ではしません。基本的にはお料理に使ったり、多めの炭酸や水で割るなどして摂取しましょう。

特にお料理に混ぜていただくと、噛んだ際に出る唾液が酢の酢酸成分を中和してくれます。お料理の美味しい味と酢の健康効果が得られるので、非常に効率が良いと思われます。

お酢には色んな効果もありますので、行き過ぎた量を摂らなければいいのです。お酢ドリンクではなくて、お料理の酢の物として楽しみましょう。

酢は毎日摂らなければならないものではありませんので、摂り過ぎに害が及ぶのです。

③酢ドリンクの後はうがいを
酢の成分をダイレクトに得たい場合はやはり酢ドリンクが手軽ですが、酢酸成分もダイレクトに受けてしまうので、口腔内のトラブルを回避するためにも飲んだ後にうがいをしましょう。

口内に残った酢酸成分をうがいで除去して、歯のエナメル質を酢酸から守る事ができます。

④摂取量を守る
それぞれの酢の摂取量はほぼ決まっています。1日の摂取量を一度で飲むのではなく、数回に分けて飲むようにしましょう。

⑤空腹時を避ける
空腹時に黒酢を摂取すると、胃が荒れる原因になりますので食事中か食後に摂取しましょう。

⑥寝る前には飲まない(酸蝕歯の予防)
酸によって歯がダメージを受けることを「酸蝕歯」といいます。むし歯発生へのリスクも高まりますので、 寝る前に酢を摂取する歯が溶けやすい状態になります。

⑦冷え性や低体温の方
冷え性の方はお酢は体を冷やすため、 お湯で割ったり、常温の水で薄めるようにしましょう。



⑧胃腸が弱い方
胃腸の弱い方は、規定の摂取量より少なめに摂取しましょう。人は 食べたもので健康になります。また食べたものが害にもなりうるのです。

何でも食べればいいというのではなくて、体の 調子に合わせて食べましょう。
目次へ

腸内環境を整えよう

「元気の元は胃腸から、」何といっても健康的な生活を送るには腸内環境が整うことが一番大切です。生活習慣病の殆どは腸から始まります。腸が喜ぶ食事を心掛けましょう。



でもなかなか出来ない、難しい方は腸内環境を整えるサプリメントがありますので上手に利用しましょう

上手に利用して、下痢が改善された方もたくさんおられます。腸内環境を良好にすれば、下痢をはじめ様々な問題は解決されやすくなります。一日も早くおなかの調子が良くなるといいですね。

スティックコーヒーで下痢

下痢の原因はスティックコーヒー
スティックコーヒーは一杯分のコーヒーがスティック状の袋に入っていて、お湯を注ぐだけで簡単に作れるので、手軽に飲めることから多くの人に人気のある飲み物として定着しています。



スティックコーヒーも例外ではなく下痢の原因になりやすいのです。
今回は、スティックコーヒーで下痢になる原因を見てみましょう。


目次
・スティックコーヒーとは? ・原料の危険性  ・上手に飲もう  ・腸内環境を強化しよう  

スティックコーヒーとは

スティックコーヒーの市場規模は、なんと2010年には100億円だった市場も、2015年には300億円まで増加し、近年では、カフェオレや抹茶オレなどの種類も豊富になり今後も増え続けていく傾向にあるそうです。

スティックコーヒーの有名どころでは、ブレンディやネスカフェがあります。スターバックスVIAなどがあります。

スティックコーヒーの原料
例えば、代表的なものとして、次のブレンディスティックカフェオレとネスカフェゴールドブレンドを挙げてみましょう。

☆ブレンディスティックカフェオレの場合

砂糖、植物油脂、コーンシロップ、インスタントコーヒー、全粉乳(カゼインを含む)、乳糖、乳たん白、デキストリン、食塩、pH調整剤、乳化剤、香料、微粒酸化ケイ素

☆ネスカフェゴールドブレンドの場合
コーンシロップ、コーヒー、植物油脂、カゼイン(乳由来)、食塩、pH調整剤、乳化剤、甘味料(アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物、アセスルファムK)、酸化ケイ素
目次へ

スティックコーヒーの原料の危険性

①カゼイン成分は女性に気をつけよう
カゼインは牛乳に含まれているプロテインです。

現在、市販のプロテインで人気があるのが、ホエイプロテインですが、ホエイも牛乳から抽出されるプロテインです。

カゼインに対してアレルギー反応を示す人は意外と多く、牛乳を飲んで下痢になってしまう人はスティックコーヒーにはカゼインが含まれていますので下痢になりやすいでしょう。

ガゼインという成分は生活習慣病の原因となり、特に女性の場合、女性器系の疾患、つまり妊娠などに関係して良くない影響が出るようです。

②下痢の原因となるアセスルファムK
アセスルファムKは、砂糖の200倍の甘味があるそうで、体内で分解されず、異物として体内を巡回してしまうと言われています。

結果として、肝臓や免疫機能を低下させ、下痢の症状を起こしやすく、また普通の下痢とは違う容態になる可能性があります。

③L-フェニルアラニン化合物は頭痛、めまいの原因となる
L-フェニルアラニン化合物は身の回りのインスタントグルメにも含まれる添加物で、砂糖の約180から220倍の甘味があると言われています。



摂取量によっては、頭痛やめまいの原因になり、不眠や視力や味覚障害を引き起こす原因ともなると言われている成分です。

下痢の原因となるアスパルテーム
アスパラギン酸とL-フェニルアラニンとメチルアルコールを合成して作られたものです。
アスパルテームは脳腫瘍を引き起こす素になるとも言われています。摂り過ぎると下痢症状を起こします。

④下痢の原因となるPH調整剤
pH調整剤は、腐敗防止や変色防止の目的で加工食品などに含有されている食品添加物の総称です。

コンビニのおにぎりやそのほかの加工食品には広く使用されています。



pH調整剤は食品のpHを弱酸性(6.0~6.5)になるよう調整することで、食品の腐敗を抑える添加物です。

ですので、多量に添加すると、腸内の善玉菌まで殺してしまう可能性がり、腸内環境が乱れます。腸が敏感な方は下痢になってしまうのです。

PH調整剤はあらゆる加工食品に殆ど入っていますので摂り過ぎになる傾向が非常に大きいので注意が必要です。

⑤下痢の原因となる乳化剤
 乳化剤 多くの食品に含まれており、役割としては水と油のように通常では混ざりにくい、2つの性質をもった物質の表面(界面)に働きかけ、その性質を変えて均一に混ざりやすくするために使われる食品添加物。

この乳化剤、本当に色んな食材に使われています。

 マヨネーズ、マーガリン、チョコレート、ホイップクリーム、アイスクリーム、豆腐、ジャムスポンジケーキ(離型)、ガム(湿潤)缶コーヒー化粧品やシャンプーなどでは界面活性剤と言われ、その危険性は高いものです。


それが食品になると、乳化剤や保湿剤と表記が変わるだけで、同じ化学物質が使われている場合が多いのです。

とにかく原材料に乳化剤と書かれている場合はおなかが弱い方、下痢の方、下痢が続いている方は注意していただき、できれば避けたいものです。
目次へ

スティックコーヒーを上手に飲もう

スティックコーヒーは、飲む量に気を付ければOKですが、飲み過ぎは体に悪いです。

スティックコーヒーも、1日に1杯程度の適量なら体への影響はありません。



もちろん、原材料に甘味料が入っているからといって、100%敬遠するのではなく、飲む量を上手に付き合えばスティックコーヒーライフを十分楽しめると思います。

スティックコーヒーに含まれる添加物は体に悪いものも平気で含まれていますが、すべてのスティックコーヒーがそうであるとは限りません。原材料をよく見てから購入しましょう。
目次へ

腸内環境を強化しよう

「元気の元は胃腸から」と昔から言われています。人は食べた物でエネルギーを作り、元気に過ごすことが出来ます。

しかし、いつも体に良いものを摂っているわけではありません。悪い物も食べます、また体内でも有害なものが発生します。有害なものは腸内環境が正常であれば、速やかに排出することが出来ます。



腸内環境をまずは整えてみましょう。下痢の改善は一段と早くなります。腸内環境を整えるサプリメントがありますので上手に利用しましょう。

下痢の原因は酸化油

下痢の原因は酸化した油から
下痢の原因の一つに酸化した油があります。酸化した油は体に良くないと言われています。そもそも、酸化した油は体にどう悪いのでしょうか?

なぜ下痢になるのでしょうか。


・下痢の原因となる酸化油とは?  ・新しい油を継ぎ足すのは危険  ・油の酸化の見分け方  ・酸化した油が下痢になる理由  ・下痢にならない油は?  ・油の酸化防止方法  ・酸化した油を摂ってしまった場合の下痢対策  ・下痢にならない油の摂取方法  ・腸内環境を強化しよう 

下痢の原因となる酸化油とは

油は酸素や熱・光・水分・金属イオン・微生物の影響で、臭いや味の劣化が生じ、酸化してきます。
酸化が進むと、毒性をもつアルデヒド類などが発生します。

アルデヒド類は、ALEsという物質になり、ALEsは細胞をキズつけ老化や病気の原因になると言われ、これが怖いところです。



酸化した油は、周りのものを酸化させやすい状態や攻撃性の高い状態になり、周りも道連れにしてしまうのです。酸化の連鎖反応に繋がってどんどん酸化させていってしまうから問題です。
目次へ

新しい油を継ぎ足すのは危険

酸化した油は、連鎖反応を起こすので、新しい油と古い油は、混ぜない方が良いようです。

古い油に新しい油を継ぎ足すことで新しい油の遊離脂肪酸が、酸化した古い油の過酸化脂肪酸ラジカルによってラジカル化されます。

そして、その古い油はアルデヒド類などの毒性のある物質に変わるという連鎖反応が起こる、ということです。

新しい油で中和されるというよりは、酸化に傾くようです。連鎖は加熱することで起こり、そこに食材が絡むことで進むと言われています。

油は、悪い方に傾きやすいので、古い油新旧は混ぜない方が良いようです。
目次へ

油の酸化の見分け方

油が酸化しているかは分かりますが、どの時点で有害物質が発生しているのかは油の種類や状態や様々な要因で変わります。油は空気中の酸素や温度で酸化します。

0℃以下でも酸化は進むし、10℃上昇で2倍のスピードで酸化すると言われています。

酸化した油は下記の状態です

①加熱すると煙が出る

②油に粘りがでる

③泡が消えにくくなる

④色が褐色になる

⑤イヤな臭いがしてくる(MAX状態の酸化)
目次へ

酸化した油が下痢になる理由

過酸化脂質は、αリノレン酸・EPA・DHA・リノール酸・アラキドン酸などに起こります。

亜麻仁油や青魚の油などに多く含まれるオメガ3脂肪酸(αリノレン酸・EPA・DHA)は酸化しやすい油なので、私達に必要なものでありながらなかなか摂れず、摂取量が不足している大きな原因の一つになってしまっています。

リノール酸(オメガ6脂肪酸(紅花油・コーン油・サラダ油 などに多く含まれる)から生じる4-ヒドロキシネナールは、アルデヒドの中でも最も強い毒性を示すものです。

下痢になるのは酸化した油を排出するから

酸化した油で揚げたものは、殆ど腸から排泄されますが、それが下痢という症状になることもあります。

これは体の防御機能です。ですから酸化した油を食べたからと言ってすぐに体が悪くなることはありません。

しかし、この腸の働きも完璧ではなく、腸内環境や腸の状態によって多少アルデヒド類などが体内に吸収されてしまいます。もちろん、摂り入れられたアルデヒド類なども体内で栄養素や内臓の働きで防御されます。

体の機能がそれぞれ正常に働いていれば、ある程度の酸化した油も問題ないのですが、現代は、油の摂取量が多いのに加え、スナック菓子や外食で摂る油が多く、



しかも古くなったスナック菓子や外食の油は酸化している場合がありますので、注意が必要です。普段から油の多い食事や菓子類を取り続けていると、腸内環境が悪化していきます。

結果、慢性的な下痢をはじめ様々な病気の原因となります。
目次へ

下痢にならない油は

酸化に強く、揚げ物に強い油を使うことをお薦めします。一般的によく使われる油の中では「オリーブオイル・ココナッツオイル」が酸化に強いようです。

揚げ物や炒め物には、オリーブオイルを使うのが良いと言われています。

オメガ9系脂肪酸がメインの油でも、オメガ3脂肪酸αリノレン酸の含有の多いものは、酸化による有害物質は発生しやすくなるといえます。

キャノーラ油や大豆油、調理油(サラダ油)などは、揚げ物に使うには注意が必要だといわれています。

しかし、酸化しにくい油だけ取っていれば良いかといえば、そういうわけでもありません。

オメガ3脂肪酸(亜麻仁油・エゴマ油・青魚 など)の油をはじめ、現代の日本人に不足している油は酸化しやすい油です。

酸化しやすい油は、加熱すると酸化が進んでしまうので、生で摂取したいところですが長期間の保存が難しいのが難点でもあります。

酸化しにくいように少量を早めに使い切るか、密封型の油を使うことなどや、それらの油を含む食物を新鮮なうちに食べることが大切です。
目次へ

下痢にならないための油の酸化防止方法

油の保存や使い方に少し注意を払いましょう。それだけでだいぶ違ってきます。

①できるだけ空気に触れさせない

②遮光ガラスボトルなど、光が当たらないようにする

③冷暗所に置き、熱を避ける

④繰り返しの使用を避ける

⑤古い油に新しい油を継ぎ足さない

⑥体内の酸化を防ぐ(抗酸化物質の食べ物を摂る)

酸化した油を摂ってしまった場合の下痢にならない方法

過酸化脂質は腸でブロックされますが、入り込んでしまった過酸化脂質は食べ物から摂る抗酸化物質が有効です。

βカロテンなどのカロテノイドやビタミンEが特に有効だと言われています。

●カロテノイド
カロテノイドは、紫外線による体内での酸化を抑えてくれたり、過酸化脂質ラジカルによる油の酸化連鎖反応の流れを断ち切る働きを持っています。カロテノイドは、緑黄色野菜やミカンなどに多く含まれています。

●ビタミンE

ビタミンEは、ビタミンCと一緒に活性酸素を処理する働きを持っています。

活性酸素を処理した後、ビタミンEはビタミンEラジカルになってしまうのですが、それをビタミンCや酵素が元のビタミンEに戻してくれるようになっているのです。



さらに、ラジカル化してきた過酸化脂質がアルデヒドなどに変わる前に、ラジカルでないものにする働きもするので、結果アルデヒドなどの生成も抑えてくれます。

ビタミンEが多く含まれている食材がアンチエイジングに良いと言われるのはこの働きによるところが大きいようです。
目次へ

下痢にならない油の摂取方法

①無理せずできる範囲で良いので、酸化した油は摂らない

②酸化しにくい油を選んで、酸化・光・熱などに触れないようにする

③体内の酸化を防ぐには、カロテノイドやビタミンE・ビタミンCを摂る

④酸化しやすい油も上手に摂り入れる

この4点に気を付けて油を上手に選んだり、上手に使いましょう。
目次へ

腸内環境を強化しよう

「元気の元は胃腸から」と昔から言われています。酸化した油が体内に入った場合、腸内でブロックされます。

しかし、この時に腸内が正常に働いていなければなりません。



ですから、下痢にならない、下痢の改善、健康のためには腸内環境を整えておくことはとても大切な事です。腸内環境を整えるのに必要なサプリメントがありますので上手に利用しましょう。

小腸内細菌異常増殖症

下痢の原因はSIBO(小腸内細菌異常増殖症)

下痢は、特に慢性的な下痢になると、その下痢の原因は多々あり、急性の下痢と違って、突き止めることはなかなか難しいものです。



慢性的な下痢の原因として、最近の研究では大腸ではなく、小腸に下痢の原因があることがわかりました。何となくお腹の調子が悪い方、

慢性的な下痢が続く方、過敏性腸症候群ではないと言われた方などは、小腸で細菌が異常増殖した可能性もありますので、疑ってみましょう。



では小腸で細菌が異常増殖するのはどんな時でしょうか。ご一緒に考えてみましょう。


目次
・原因は細菌の異常増殖  ・SIBOの症状  ・症状を引き起こす原因  ・SIBOの改善策  ・腸内環境を整えよう 

下痢の原因となる小腸での細菌の異常増殖

小腸で細菌が異常に増殖する事を小腸細菌異常増殖症(シーボ:Small Intestinal Bacterial Overgrowth)と言います。略してSIBO(シーボ)と言います。

SIBOは比較的新しい疾患概念で本来大腸に比べて細菌の少ない小腸内で細菌が異常増殖したことによる様々な不快な症状をまとめてSIBOと呼びます。

元来、小腸内は大腸内に比べて細菌の棲息数は非常に少なく、主に大腸内において私たちが食べたものを細菌が発酵させ、その際にガスを発生させますが、

SIBOでは小腸内に棲息する細菌がガスを発生させるために、食事の後比較的早期から様々な不快感を生じさせる原因となります。

SIBOになると下記のような症状が見られます。
目次へ

☆SIBOの症状

・お腹にガスがたまる・屁が多い・腹痛、差込み(疝痛)・便秘、下痢、脂肪便・吐き気、胸焼け・体重の減少・食物アレルギー・関節痛・慢性疲労・肌のトラブル・うつ、パニック症状 などが見られます。

その他SIBOの存在を疑う症状としてニキビ、湿疹、酒さアレルギー、慢性食物過敏症口臭、歯周病、ブレインフォグ(頭に霧がかかった様にボーッとする)、

痩せにくい、すぐに空腹感、栄養不足、皮膚の赤み陰部のかゆみ、滲出物体重減少などが挙げられます。



過敏性腸症候群(IBS)は比較的認知された疾患ですが、アメリカの調査では実にIBS患者の60%にSIBOを認めたと言いますから意外と多くの方がSIBOに悩まされていると考えられています。

慢性的な腹部の不調がある方でIBSと診断され、IBSの治療を受けてもなかなかよくならない場合はSIBOを疑ってみる必要があります。
目次へ

☆SIBOを起こす原因

・胃酸分泌低下
一般的に胃酸分泌は加齢により減少すると言われていますが、最近の研究では加齢ではなく、萎縮性胃炎と関係が深いのではないかと言われています。



・小腸蠕動異常
小腸を食物が通過する時、蠕動運動、分節運動、振子運動が行われています。分節運動が一定時間続くと、次に蠕動運動が起こり、

蠕動運動が止むと分節運動が起きるというように、交互に運動をくり返しながら、毎秒2〜2.5cmの速さで内容物を移動させていきます。

小腸の分節運動によって内容物はさらに細かく砕かれ、消化液と十分に混ざり合います。また、内容物が絨毛と接触する機会も増え、毛細血管に取り込まれやすくなります。

この機能が異常になると食べ物が滞り、小腸で細菌が異常増殖する可能性があるのです。

・回盲弁機能異常
小腸と大腸の境には回盲弁(カイモウ弁又はバウヒン弁)という弁があり、小腸から大腸には内容物が通りますが、逆流はできない仕組みになっています。

この弁の機能が異常になる事で発生します。

・抗生物質
 抗生物質はヒトや動物の生命を脅かす感染症の治療に不可欠なものとなっていますが、腸内細菌のバランスが崩れてしまい、様々な病気の原因にもなっています。



・制酸剤
制酸薬は、胃液の分泌亢こう進による胃酸過多や、それに伴う胸やけ、腹部の不快感、吐き気等の症状を緩和することを目的とする医薬品です。

・ステロイド
ステロイドは非常に有効な薬なのですが、長期に使うと様々な副作用がでてきます。副作用は過去に使用した総量が多くなると発生します。

・腹部手術の既往
通常、人間の内臓は外気に触れない状態で機能しています。腹部手術をすると、腸管閉塞の恐れがあり、SIBOの原因となる事があります。腸内細菌やなどのバランスが崩れ、腸の不調に陥ることがあります。

・リーキーガット
リーキーとは英語で「液体などが漏れる」という意味を持ち、腸の粘膜に穴が空き、異物(菌・ウイルス・たんぱく質)が血管内に漏れだす状態にある腸」のことを指し、

腸のバリア機能に障害が起こることで様々な病気や不調を招いてしまいます。

・カンジダ異常増殖
カンジダ菌は、お口の中に常在する真菌(カビの仲間)です。加齢や免疫力の低下、糖分の多い食事や消化しやすい食事が過剰増殖の原因にもなっています。

カンジダ菌の増殖は消化管のトラブル、あるいは全身の免疫異常の誘因となります。

・その他
栄養素の不足、アルコール、化学療法、便秘、クローン病秘、糖尿病、憩室症、低食物繊維、ピル、神経因性、短腸症候群、ストレス、糖質(過剰摂取)などが考えられています。

このSIBOは、残念ながら日本ではまだまだ認知度が低く、一般的には知られていませんので、病気専門医でもまだこの言葉を聞いたことのない方もいらっしゃいます。
目次へ

☆SIBOの改善策

様々な医学的な治療法がありますが食事や心の平安を持つことも改善策の一つです。

①食事療法としての改善方法
SIBOの治療とその後のフォローには食事療法が重要です。中でも低FODMAP療法と呼ばれる発酵性の糖質を減らした食事が推奨されています。


現在日本の研究チームが日本人に適した低FODMAP療法に関して研究を進めています。その他、栄養素が消化吸収しやすい形に加工されている成分栄養剤なども使う場合もあります。

②心理療法
SIBOの病因は腸内細菌の乱れですが、「脳腸相関」と言われるように、私たちがストレスを感じていると腸の蠕動や知覚に異常をきたすケースがあります。

心理療法も併用して行くことでより治療効果が高くなることが期待できます。


③腸内フローラ移植(糞便細菌叢移植)
SIBOに対する腸内フローラ移植に関する論文での報告数はまだ少なく、賛否両論あるところですが、腸内フローラ移植をすることで、大腸のみならず小腸内の細菌の種類、

バランスも変化すると考えらており、他の治療がなかなか効果が出ない場合などの治療の選択肢と考えられます。

下痢が続く原因は様々で多くの謎に包まれており、解決方法も様々ですが、慢性の下痢の多くはストレスからとよく言われます。
目次へ

腸内環境を整えよう

下痢の改善は何といっても腸内環境をしっかり整える事です。というのも、「元気の元は胃腸」からと昔から言われている通り、おなかの調子は良好で、下痢も便秘もありません。

腸内環境を整えるサプリメントがありますので上手に利用すると下痢の改善は一段と早くなります。

下痢の原因となる水素水

下痢の原因は水素水
下痢の原因には、身体に良いと思っていることが下痢になるという事があるようです。そうした中の一つに水素水が挙げられています。



水素水は美容に良い効果があったり、ストレス解消の手助けになったりと、さまざまな作用があることから多くの方に飲まれていますが、「お腹が緩くなる」「下痢気味になる」などの症状が現れる人もいるそうです。

水素水を飲むとなぜ、お腹が緩くなったり、下痢になってしまったりするのでしょうか。
一緒に考えてみましょう。

水素水の水素とは

最も軽い元素で、元素のなかでも一番小さな原子番号を持ち、宇宙全体では一番多く存在しています。

地殻・海では酸素・ケイ素に次ぐ多いものです。地球上にある水素のほとんどは、水(H2O)のように化合物として存在しています。

水素は酸素に次ぐほど生命に必要不可欠な元素なので、体内に蓄積していた水素が減少すると、生活習慣病や慢性疲労などが生じると言っているほどです。

更に水素はこれまで主に素材として、反応させて違う物質に変えて利用したり、別の物質の性質を変えるために利用されてきましたが、

最近では水素からエネルギーを取り出して、モーターを回したり、電源や熱源として利用することが注目されています。水素のクリーンエネルギーとしての利用が注目されています。

生命活動に不可欠な水素がなぜ下痢になるのでしょうか?

下痢の原因となる水素水

水素水を飲んで、下痢になる人がいますが、なぜ下痢になってしまうのでしょうか?

下痢になる原因は大きく分けて2つあります。

①水素水の水素の影響とは無関係な下痢の症状 

②水素水の水素が身体に与える作用から下痢の症状 

では具体的に見てみましょう

①水素水の水素の影響とは無関係な下痢の症状

水素水を飲んで下痢になる人のなかには、その原因が水素の影響ではない場合があります。
なぜなら水素水は医薬品ではありませんので基本的に副作用がないからです。

水素水は毎日500ml~1000mlを飲むと効果があると言われているようです。もちろん一度に水素水を大量に飲む方はいないでしょうが、時には短時間で水分補給として水素水を飲む場合もあるでしょう。

水素水に加えてビールなど大量に飲む時もあるでしょう。

下痢は基本的に腸で吸収できる水分量を超えた水分を摂取すると下痢になります。

ですから必要以上に水分が多いと必然的に下痢の症状にはなります。水を飲むことはいいのですが、一度に大量に、1ℓ以上は飲まないようにしましょう。

もちろんその下痢はそのような大量に飲むと言う習慣を止めれば下痢はおさまります。

②水素が身体に与える作用から下痢の症状

水素水を飲みたいと思われている人は、身体に何かしらの不調を感じていて、水素を飲んで身体のメンテナンスをしたいと思っている人がほとんどだと思います。

例えば、ストレスによる不調で水素水を飲まれている人もいるでしょう。

仕事のストレス、人間関係のストレスなど、さまざまですがストレスにより胃や腸の調子が悪くなることもあります。

胃腸の調子があまり良くない時に、過剰に水素水を飲むと、下痢になる可能性はあります。

水素は身体の老化の原因に挙げられる悪玉活性酸素を除去するので、身体にとても良い影響をもたらすのですが、「悪い身体」から「良い身体」に改善させることで、好転反応として下痢が起こることがあります。

これが、水素水の水素が身体に与える作用から下痢になる原因です。

●水素水を飲むことで好転反応から、下痢になる理由として

①初めての人は、老廃物の排出により下痢になりやすい
初めて水素を飲む人は、悪玉活性酸素をはじめ、さまざまな老廃物が溜まっている体内環境でしょう。

そのため、水素水を飲むと、短期間で水素が体内の悪玉活性酸素や老廃物を大量に外へ排出させようと働きます。

これらの身体に不必要なものは、汗・尿・便なので排出されるので、お腹が緩くなったり下痢になったりという症状が出でしまうことがあります。


②腸内バランスが改善されることで下痢になる
老廃物の排出が短期間で起こると、腸内の環境は大きく変化します。

腸内には身体に必要な細菌と不要な細菌があり、このバランスが変化することで、下痢になることがあります。

ただ、この下痢は一時的なものですから、腸内の良い細菌のバランスが安定すれば、1週間程以内には治まるでしょう。

水素は体内で作られる

水素は様々な病気の原因と考えられている悪玉活性酸素を除去する特徴があることで注目されていますが、実は人間の体内でも日々、水素は作られています。

大腸に生息する腸内細菌のうちのいくつかの細菌は、「嫌気性発酵」と呼ばれるプロセスで大量の水素を産生し、1日に多いときで10ℓ以上の水素ガスが産生されています。

人間の体内で一番、多く水素が蓄積されているのは『解毒』、『代謝』、『分泌』という機能を持ち抗酸化物質の供給が大量に必要となる肝臓、次に体内で最も活性酸素が多く発生する臓器、腸に存在します。



こうしてみると、水素が必要な時に必要な量を作る事が出来る腸で水素が作られるのは理にかなっているのです。

ですから、水素水で下痢になる人は、大量の水分補給をしなくて済むよう、腸内環境をしっかり整えて、自分の体内で水素がたくさん作る事ができるようにしましょう。

腸内環境を整えよう

「元気の元は胃腸から」と昔から言われています。腸内で、順調に水素を産生するように腸内環境や腸の動きを整えれば、水素補給だけでなくその他の病気予防にもつながります。

生活習慣病の9割は腸内環境が悪いからだと言われています。
腸内環境を整えるサプリメントがありますので、上手に利用しましょう。

下痢の原因は健康茶

下痢の原因・キャンドルブッシュを含む健康茶
下痢の原因は概ね日常的な食習慣から下痢が起こるものです。
その中の一つにおなかがスッキリするという植物を含む健康茶に効果があり過ぎ、下痢になったという人がいるようです。



原材料表示を確認すると「キャンドルブッシュ」と呼ばれる植物が使用されています。ではキャンドルブッシが下痢の原因となる理由について考えて見ましょう。


目次
・下痢の原因となるキャンドルブッシュとは?  ・注目される理由  ・キャンドルブッシュを飲んで下痢になった実例  ・刺激性下剤の危険性 ・過剰摂取で下痢を防ぐために ・腸内環境を強化しよう

下痢の原因となる健康茶、キャンドルブッシュとは

はインドネシア・マレーシア・インドなどの熱帯アジアや熱帯アメリカなどの熱帯地区に自生する、高さが2~4メートルの小木で別名ゴールデンキャンドルとも呼ばれているマメ科ジャケツイバラ科カワラケツメイに属する植物です。

1300年以上前から、便秘や皮膚病などの民間薬として使用され、日本ではキャンドルブッシュは薬品ではなく食品として扱われています。



茶の原料となる葉は、60センチくらいの羽状複葉で、楕円形の形をした子葉は8~14対つき、6月~1月にかけての乾季に枝先に黄色い花を咲かせる落葉低樹で、クリスマスキャンドルと呼ばれることもあります。

「便秘によい」「ダイエットによい」などといわれ、健康茶等によく使用されていますが、医薬品として使用されるセンナの同属植物であり、センナと同様に下剤の作用があるセンノシドという成分が含まれています。

センナのように茎以外は使用可ではなく、全ての部分が食用として使用することができます。

キャンドルブッシュは、古来から虫刺されや皮膚病の治療、便秘薬などの民間薬として使用されてきました。

キャンドルブッシュ 効果には、便秘解消に必要とされる食物繊維が19パーセントも含まれており、サツマイモの約20倍です。
目次へ

キャンドルブッシュが注目される理由

キャンドルブッシュは、食物繊維19%、キャベツの約12倍、さつまいもの20倍が含まれています。

豊富な食物誠繊維の他にビタミン、ミネラル、ポリフェノールの一種であるタンニンやフラボノイドも含まれていて、これらが悪化した腸内環境を整え、頑固な便秘を解消などデトックス効果だけではなく、ダイエット効果もあるそうです。

さらに、タンニン、ビタミン、カリウム、リン、ミネラル、鉄、マグネシウム、カルシウム、亜鉛、フラボノイドなどの成分が含まれています。


ポリフェノールの一種であるタンニンは緑茶やワイン、コーヒーなどにも多く含まれる渋み成分で、脂肪や油分を分解して消化を助ける効果があります。

また、抗酸化作用があり、がん予防、生活習慣病の予防、シミ・シワなどの老化防止にも効果があると言われています。
目次へ

下痢になるキャンドルブッシュの実際例

センナと同様に、下剤の作用があるセンノシドが含まれていますので、国民センターにはキャンドルブッシュ服用による副作用は下痢だけではく、腹痛・吐き気・嘔吐・腸閉塞・低 カリウム血症などの症状が報告されています。ですから飲み過ぎには注意が必要になります。

消費生活情報ネットワーク・システムでは、2008年4月1日以降2013年12月13日までの登録分によると、キャンドルブッシュを含む健康茶に関する危害事例が21件ありました。

その内訳は消化器障害が18件、その他の傷病及び諸症状が3件であり、そのほとんどは下痢・腹痛等を伴う消化器障害の事例でした。
目次へ

キャンドルブッシュの刺激性下剤の危険性

キャンドルブッシュ成分に含まれているセンノシドは、刺激性下剤に属しているので、即便秘解消には効果があります。刺激性下剤は、腸を刺激する成分で、腸の動きを活発にし、排便させようとします。



刺激性下剤を飲み続けると効果が薄れてきて、どんどん飲む量を増やさなければ、効果が感じられなくなってしまいます。

ですから常用的に飲んでいると、自力での排便力が弱まり便秘を悪化させる危険性があります。

キャンドルブッシュ成分に含まれるセンノシドが大腸に入ると、腸を刺激する成分に変わります。

水分吸収を高める作用があるので、便を柔らかくして排出しやすくなりますが、摂取し続けた結果、大腸に色素が沈着して、黒色化してしまう大腸メラノーシスという症状を、引き起こしてしまうこともあります。

大腸メラノーシスになってしまうと、腸機能が低下してしまい、その結果便秘の症状が悪化してしまいます。

さらにセンノシドを常用すると、自力での排便力が弱まってしまうことにもなってしまうことがあります。



せっかく体にいい成分が入っていても、用法、用量を正しく守らなければこのような重大な結果を引き起こしかねません。

早く成果を求めることよりも、適時適量を守って正しく服用しましょう。

現在日本で販売されている便秘茶の約9割に、キャンドルブッシュが配合されていますので、副作用が心配な方は、パ ッケージに記入されている主成分をチェックしてから購入するようにしましょう。

お茶ダイエットを飲用する時は正しい知識を持ち、便秘解消やダイエットの効果を発揮できるように、使用方法を守り、使用頻度や摂取量などを守りましょう。

下剤作用などは個人差が大きいので自分の体調と相談して、使用していきましょう。出来れば便秘茶を利用しなくて済む様な食生活を心掛けましょう。
目次へ

キャンドルブッシュの過剰摂取で下痢を防ぐためには

①適量を把握する
キャンドルブッシュはその手軽さと効果の高さで、昔から愛用され続けている健康茶ですが、まずは飲み過ぎないことです。

購入時にもキャンドルブッシュ高配合と記載されていても、それが安全な量なのか情報がなければわかりませんから、サポートセンターなどに問い合わせをして、確認などをする事も必要です。

②情報惑わされない
さまざまな口コミには「体重が減った」「便秘が解消された 」「リピート決定」「探しているけれどもどこにも売ってない・・」など、

絶賛する声をよく目にしますが、総ての情報に惑わされないようにしましょう。正しい知識で賢い選択をしましょう

③基本を重視
健康の基本はやはり食生活にありますので、野菜を中心としてバランスの良い食事に切り替えましょう。決してコンビニ食やレトルト食品に頼らない食生活をすることが大切です。


目次へ

腸内環境を強化しよう

「元気の元は胃腸から」と昔から言われています。便秘も下痢も腸内環境の悪化が直接的な原因です。腸内環境を整えることが出来れば、今、抱えている様々な不調を改善することが出来ます。

生活習慣病による殆どの病気や体の不調は腸が正常な働きが出来なくなってしまったからです。まずは、腸内環境をしっかりと整えましょう。

腸内環境を整えるサプリメントがありますので、上手に利用しましょう。下痢改善の一番の近道です。

ジャガイモの毒素で下痢

下痢の原因はジャガイモの天然毒素による
下痢には急性と慢性があります。その多くは口から入るものが原因のようです。急性の下痢の中で一過性でのものは、下痢の原因となる食べ物をやめれば治まります。



細菌感染による急性の下痢はしばらくその余波が続き、体内での有害菌が排出されるまで数日かかり、またその後遺症として、食欲不振、嘔吐、更にひどくなると死に至る場合もあります。

ここでは身近にある下痢の原因として、ジャガイモの例を挙げてみます。なぜジャガイモが下痢の原因にと思われるかもしれませんが、ジャガイモのどの成分が下痢の原因となるのでしょうか。

ご一緒に考えてみましょう。

ジャガイモの栄養成分は

ジャガイモは、南米のアンデス高地原産のナス科の一年生作物。馬の首につける鈴に似ていたので「馬鈴薯(ばれいしょ)」とも呼ばれています。

主成分はでん粉ですが、ビタミンB群(ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ナイアシン、葉酸、パントテン酸、ビオチン)、ビタミンC、カリウム、カルシウム、マグネシウム、鉄、亜鉛、マンガン、リン、食物繊維などを含みます。

ジャガイモの特徴はビタミンCが豊富(みかんを上回る)で、熱で破壊されにくいことが特徴です。抗酸化作用、免疫力強化作用、脂質や糖代謝に関与し、動脈硬化などの生活習慣病を予防し、肥満防止にも効果があるといわれています。

下痢になるジャガイモの成分は

ジャガイモは栄養豊富なのですが、微量の天然毒素が含まれています。ジャガイモは古くなると芽が出たり、光があたってジャガイモ全体が緑色なります。

ジャガイモの芽と芽の根元や、皮(特に光が当たって緑色になった部分)には、天然毒素であるソラニンやチャコニンがたくさんあります。

こうした天然毒素は下痢の原因となり、小さなジャガイモや、日光を浴び、皮の部分が緑色になってしまったジャガイモに含まれていることが多いのです。

また、家庭菜園などで作られた未熟で小さいジャガイモも、全体に天然毒素、ソラニンやチャコニンを多く含んでいます。

食中毒になるジャガイモとは

学校の菜園などで栽培したジャガイモは、未成熟で小さなものが多く、また、土がしっかりとかぶせられていないためにイモ部分が地面から出てしまい、日光を浴びることで天然毒素が増えてしまっている可能性が高いのです。

ジャガイモによる天然毒素の食中毒は、学校だけではなく、家庭の菜園などで栽培したものでも起こる可能性があります。

また、スーパーで買ったものであっても、起こりますので、できる限り、安全な保管方法、安全な調理方法をとりましょう。

店で販売されているジャガイモに、食中毒を起こすほどの量のソラニン等が含まれていることはまずありませんが、自家栽培の未成熟で小さなジャガイモや、

日光が当たって皮の部分が緑色になってしまったジャガイモは、100g当り100㎎以上のソラニンやチャコニンが含まれていますので、注意が必要です。

食中毒を起こすソラニンやチャコニンは熱でも分解しない

ソラニンやチャコニンは熱によって分解しないので、ゆでてもその量は減りません。中には加熱すれば大丈夫と言われているようですが、注意しなければなりません。

発芽したら、芽を十分にえぐりとり、皮を厚くむき、充分に水洗いしてから調理しましょう。又青いジャガイモは食べないようにしましょう。

健康な大人であれば、少しくらい食べてもお腹をこわしもしませんが、体調が悪い時や、たくさん食べるとお腹をこわします。もちろん老人や子供の場合、お腹をこわす確率が、

健康な大人より高いので注意しましょう。致死量を摂取する可能性が極めて低いのですが、過去に実際何例かの死亡事故は起きています。

ジャガイモを食べたあとにこのような症状が出たときは、急いでお医者さんにみてもらいましょう。

ジャガイモの天然毒素による食中毒の症状

ソラニンには苦味を伴うエグミがあって、食べればすぐに分かります。ジャガイモによる食中毒は毎年のように全国で起きています。今年も最近のニュースで報道されています。

食中毒の発生時期は6~9月、11~2月ですが、特に7月が多いようです。食中毒は早いときは数分後から症状が出始め、遅いときは数日後に出ることもあるのです。

食中毒の症状は、おう吐、下痢、腹痛、めまい、動悸、耳鳴り、意識障害、けいれん、呼吸困難などで、日本では重症化することは稀ですが、ひどい場合には死に至ることもあります。

体重が50kgの大人の場合、食中毒が発生量は50mg、子供の場合15.6mg~40mgだそうです。通常のジャガイモの可食部分には、100gあたり平均7.5mgのソラニンやチャコニンが含まれており、

そのうち3~8割は皮の周辺にあります。ジャガイモ1個Mサイズで100gですから2個以上食べてしまうと食中毒を起こすことになりますが、皮を厚めにむいて食べる場合にはさほど気にしなくてもいいでしょう。

ジャガイモによる食中毒例

手頃な価格で美味しくてお腹も満足させてくれる素晴らしい農作物であるジャガイモですが、残念ながら毎年のようにジャガイモが原因の食中毒がニュースで流れている現状です。その多くは主に小学校の調理実習などで、毎年起きています。

①2019年の事例
兵庫県宝塚市の市立小学校で2019年7月9日、学校で栽培されたジャガイモを食べた児童が集団で食中毒になった。同県宝塚健康福祉事務所(保健所)によると、

9日にあったこの小学校の5年生の家庭科の調理実習で、児童30人がメークインの大サイズ(長さ8センチ以上)を粉ふきいもにしたほか、

中サイズ(6~8センチ)と小サイズ(6センチ以下)を皮付きのままゆでて食べ、16人が腹痛や吐き気、めまい、手足のしびれなどの症状を訴えた。うち8人が入院したが、いずれも快方に向かっているという。

②2017年の事例
2017年7月14日、広島県安芸高田市の小学校で、校内の畑で収穫したジャガイモによる食中毒が発生。

教師・児童ら17人がジャガイモをゆでて食べたところ、約1時間後に児童9人が嘔吐などの症状を訴えました。
児童たちは病院に搬送されましたが、全員軽症だということです。

③2015年の事例
2015年1月22日、奈良県内の小学校で、校内で栽培・収穫したジャガイモを調理・喫食した51名のうち31名に吐き気、腹痛等の症状が出ました。

なお、残った粉ふきいもを分析したところ、100 gあたり19-39 mg(0.019-0.039 g)のソラニン類が検出されました。

④2010年の事例
2010年にも東京都内の中学校で、ゆでたジャガイモを食べた生徒ら29名中9人に食中毒の症状が出るという事例が見られました。

下痢にならないジャガイモの食べ方

食中毒を防ぐには、緑化したものや小さい未熟なジャガイモは避けて下さい。保存性は高い野菜ですが、日光に当たると芽が出やすく、皮も緑色して、天然毒素のソラニン、チャコニンが増えます。

発芽したジャガイモは周囲を大きめにえぐり取ってから調理し、緑化してしまったジャガイモは廃棄するか、皮を厚く剥いてから調理します。子どもには皮つきのまま出さない方が無難です。

また、そのようなジャガイモは170℃以上で揚げると、ソラニンやチャコニンが分解するので量が減ります。芽が出たから、緑色になったからと言って捨てないで上手に料理しましょう。

また、ジャガイモは、生で食べると下剤の代わりにもなります。 皮をむいたジャガイモのすり下ろした物を布でこし、その汁を1日小さじ1杯朝晩2回空腹時に飲むと便秘に効果があります。

ですから、下痢の方はくれぐれも、火の通っていない生のジャガイモを食べてはいけません。

ジャガイモを安全に食べるためのポイント

・芽が出ていたり緑色になっていたりするところがあるジャガイモは、買わない。

・ジャガイモは、暗くて涼しい場所に保管する。

・買ったジャガイモ、収穫したジャガイモは、長期間保存しないで、早めに食べる。

・ジャガイモに芽や緑色のところがあったら、皮を厚めにむいて取り除く。

・未熟な小型のイモを多量に食べない(特に皮ごと食べるのは避ける)。

・苦みやえぐみのあるジャガイモは食べない。

学校菜園や家庭菜園で栽培する場合の注意

・ジャガイモが地面から外に出ないよう、きちんと土寄せをする。

・十分に熟して大きくなったジャガイモを収穫する。

・収穫するときは、ジャガイモに傷を付けないようにする。

・収穫したジャガイモは、暗くて涼しい場所に保管し、日光にあてないようにする。

・収穫したジャガイモは、早めに食べる。

下痢になる毒素がでないためのジャガイモの保存方法

ジャガイモは、暗くて涼しい場所に保管し、冷蔵庫で保存する必要はありません。

それでも、家庭で保管していて芽が出たり、緑色になったりすることがありますが、その場合には皮を厚くむき、芽や緑の部分だけでなくその周りも多めに取り除けば安全です。

腸内環境を整えよう

脳が死んでも人は生きることが出来ますが、腸が死ぬと人は生きていくことが出来ません。それほど腸は生命活動に重要な役割を持っているのです。

腸内環境が良いと免疫力は高く、健康を維持できます。病気知らずの身体になります。

しかし現代では様々な有害な要因が重なり、腸内環境は非常に悪化しています。腸内が酸性に傾き、悪玉菌がはびこり、結果、病気が慢性化した状態になっています。

「元気の元は胃腸から」と昔から言われている通り、健康になるためには腸が元気、つまり腸内環境が良好である事が必要なのです。

腸内環境が良好だと、有害物質が入ってきても腸内で適切に処理できる力がありますが、腸内環境が悪くなっていると、腸内で正常な活動が行われにくく、症状が発生してしまいます。

私達は毎日食べ物で健康を維持していますが、総ての食べ物が体にとって良い物ばかりではありません。有害なものを食べたり、体内でも有害物質が発生します。

こうした体に有害なものをきちんと排出できる腸内環境を整えておくことはとても重要です。腸内環境を整えるサプリメントがありますので、上手に利用しましょう。

PageTop

下痢の基礎知識

下痢の改善方法

子供の下痢

病気の可能性

下痢の原因

下痢+別の症状

下痢が続く(慢性的な下痢)

食べ物・飲み物による下痢

腸内環境を改善する菌や成分

コラム

下痢の原因 食品添加物

下痢の治し方

冬に起こる下痢の原因

夏に起きる下痢の原因

春に起きる下痢の原因

秋に起こる下痢の原因

綺麗な腸は病気にならない