下痢が続く方に、その原因や注意点、改善方法などをお伝えしています

下痢の原因・改善方法を徹底解説 | 下痢改善相談室
下痢を改善するには?

アレルギーが原因の下痢

特に体調が悪い様子ではないのに子供の下痢が続く場合、食物アレルギーを疑う必要があります。幼児の場合、下痢が続いて体重が増えないこともあります。

食物アレルギーとは、ある食品を飲んだり食べたりすることによってアレルギー症状が引き起こされることを言います。アレルギーを引き起こす原因となる食品は人によって異なりますが、乳幼児や子供に多いのは卵と牛乳です。

 食物アレルギーの症状は、肌に湿疹が出る・肌が痒くなるなど、肌に表れる症状が知られています。ところが、食物アレルギーは全身に影響を及ぼすものであるため、喘息や嘔吐、そして下痢が引き起こされる場合もあるのです。

 深刻なものでは「アナフィラキシーショック」と言って、ショックとともに呼吸困難や嘔吐、下痢が一度に襲ってくる場合もあり、命に関わる症状となってしまいます。


食物アレルギーによる下痢の疑いがある場合は、まず小児科を受診しましょう。そして、どんな食べ物を食べたか、どういったときに下痢になるかを伝え、食物アレルギーであるかどうかを医師に検証していただきましょう。

このとき、1日の食事で何を食べたかのメモがあると非常に役立ちます。特定の食品をたくさん食べ続けていないか?珍しい食べ物を食べていないか?などの情報が、アレルギーの原因となる食品を探し出す手がかりになるのです。

 すぐに原因がわからない場合には、疑わしい食品をしばらく食べないようにして体の反応を調べます。母乳を飲んでいる赤ちゃんの場合には、母親も食べ控えるようにします。これを「除去試験」と言います。

血液検査を行えばアレルギーの原因となる食品を突き止めることができますが、判明したアレルギーレベルの数値に対してどの程度食べることができるのか(あるいはまったく食べないほうがよいのか)などの基準が人によって異なります。

医師の指示に従って、アレルギーの症状を軽減させる食事の摂り方を実施していきましょう。


PageTop

PageTop

下痢の基礎知識

下痢の改善方法

子供の下痢

病気の可能性

下痢の原因

下痢+別の症状

下痢が続く(慢性的な下痢)

食べ物・飲み物による下痢

腸内環境を改善する菌や成分

コラム

下痢の原因 食品添加物

下痢の治し方