下痢が続く方に、その原因や注意点、改善方法などをお伝えしています

下痢の原因・改善方法を徹底解説 | 下痢改善相談室
下痢を改善するには?

下痢の原因は添加物の毒性

下痢の原因は添加物の毒性
現在食品を大量に生産し、それを流通させるために、添加物が不可欠になっています。添加物は長年摂り続けると体に悪影響をもたらすことがあります
下痢の原因を考えよう2
例えば、歯ぐきや舌が刺激を受ける、胃がピリピリする、お腹が張った感じがする、重苦しくなった、気分が悪くなったなど様々な症状が伺われます。

特におなかの敏感な方は下腹の鈍痛や下痢になったり、下痢が続くなどの原因にもなったりするのです。

食品添加物の毒性は色々ありますが、もっとも怖いのが発ガン性です。 発ガン性は添加物をラットやマウスなどに長期間、あるいは一生涯与えて、ガンが発生するかどうかを調べて判断されます。

もちろんガンができていれば、発ガン性があるという事になります。信じられない事ですが、過去に発ガン性が認められたにもかかわらず、今も使用が認められている添加物がいくつもあるのです。
下痢の原因gは
例えば、輸入されたレモンやオレンジ、グレープフルーツなどに使われている防カビ剤の「OPP(オルトフェニルフェノール)」。

これについては東京都立研究所(現・東京都健康安全センター)が行った動物実験で、発ガン性のある事が明らかになっています。

ところが、OPPの使用を禁止すると、アメリカ側が日本にレモンなどを輸出できなくなるため、厚生労働省は使用を禁止していません。そのため今でも堂々と使用しているのです。

また、酸化防止剤の「BHA(プチルヒドロキシアニソール)」も同様です。
大学の動物実験で発ガン性のある事が確認されました。そこで、旧厚生省は一旦使用を禁止しようとしたのですが、欧米からクレームが来ました。

それらの国では使用が認められていて、日本が禁止すると、自国が混乱するというのです。そのために禁止の方針が変更されて、今でも、使用が認められているのです。

他にも過酸化水素や赤色2号、サッカリンナトリウムなど発ガンが認められたにもかかわらず、今も使用が認められているのがあるのです。

ご承知のように今や日本人の3人に1人がガンで死亡しています。しかも40代から50代の働き盛りでも死因はガンがトップです。

男性の場合2人に1人がガンを発病するとされています。こうした発ガンの増加は、発ガン性のある添加物を摂り続けた事が、一因になっている可能性があります。
tyounaiirasuto4
下痢がなかなか治らない下痢が続くなども下痢の原因が食品添加物によるものだという事もあるのです。実際、添加物を止めたら下痢が止まったという人もいるほどです。

長年下痢で悩んでおられる方は添加物で腸内が傷んでいることが多いものです。まずは腸内環境を正しく整える事が下痢改善の第一歩です。

腸内善玉菌が善玉菌が多い腸内環境にしよう!
腸内環境を強化しよう

「元気の元は胃腸から」と昔から言われています。私達の身体は食べる事で健康を維持しています。しかし、何をどの様に食べるかが大きな要因です。

私たちが毎日口にする加工食品には、必ずといっていいほど数種類の食品添加物が使われています。これら添加物は安全性があると言われていますが、体に悪影響を及ぼすものもたくさんあります。
下痢の原因は胃腸の機能低下
特に胃腸の弱い方、下痢をする方など避けたい添加物が多々あります。 

レトルト食品やコンビニ食品、ファーストフード、カップメンなど、添加物がたくさん含まれている様な便利な食べ物は有害な物質が多く、当然腸内の環境を悪くしてしまいます。消化力、免疫力も低下します。

下痢が続いている方、下痢を治したい方などは成分表示を良く見て、できるだけ避けましょう。
腸内が弱くなると正常な働きが行なわれにくくなり、水分調整も正常に出来ず、水分の多い、つまり下痢状態の便となってしまうのです。

まずは冷凍食品や添加物、加工食品を避け、食生活を見治すと同時に、腸内環境を良くして腸内を正常な状態に戻すことが下痢改善のためには一番の近道です。
下痢の治し方2
でもあまり神経質にならないで下さいね。気にし過ぎるとストレスになってしまいますから。日頃から腸内環境を良くする食事やサプリメントを上手に利用し、賢く下痢体質を改善していきましょう。

PageTop

PageTop

下痢の基礎知識

下痢の改善方法

子供の下痢

病気の可能性

下痢の原因

下痢+別の症状

下痢が続く(慢性的な下痢)

食べ物・飲み物による下痢

腸内環境を改善する菌や成分

コラム

下痢の原因 食品添加物

下痢の治し方

夏に起こる下痢の原因は

秋に起こる下痢の原因