下痢が続く方に、その原因や注意点、改善方法などをお伝えしています

下痢の原因・改善方法を徹底解説 | 下痢改善相談室
下痢を改善するには?

食中毒による下痢を防ぐ

下痢の症状は下痢の原因によって様々に異なります。

食中毒による下痢を防ぐ
一過性の下痢の場合下痢の原因が重篤にならないような下痢の原因なら、安心ですが、下痢の原因が極めて危険な状態にまで進行する場合には特に注意が必要です。
下痢の原因を考えよう3
さて、湿度も気温も高い日が続きます。6月から9月の暑さが厳しい季節は、毎年食中毒の危険が高まる季節です。

食中毒の下痢の原因としては食品が腐りやすくなることと、生食をする機会が増える事にあります。

特に食中毒では、感染性胃腸炎(ノロウイルスやロタウイルス)などを含んでいる二枚貝を食べることで酷い食中毒症状を起こすこともあり注意が必要です。

下痢を予防・・・原因の食中毒の予防にマヌカハニー
ここで食中毒の予防におすすめの食品が、マヌカハニーです。
マヌカハニーには、抗菌・殺菌作用、抗炎症作用といった効果・効能があり、身体に大事なビフィズス菌などには攻撃せず、ピロリ菌、大腸菌、腸球菌、化膿レンサ球菌、黄色ブドウ球菌などの下痢の原因となる菌に効果を発揮します。悪玉菌がお腹の中に繁殖すると、下痢や腹痛といった症状が出ます。
下痢の原因菌
この症状を改善するには、悪玉菌を退治して胃腸のバランスを整えることが大切です。またマヌカハニーには善玉菌のビフィズス菌を大腸まで届けてくれる役割があります。

ビフィズス菌はとても弱い為、なかなか大腸に届きにくく、殆どが、胃や小腸の悪玉菌に殺されてしまっているのが現実です。

そこにマヌカハニーが効果を発揮してくるのです。マヌカハニーが悪玉菌を退治してビフィズス菌を殺さず生きたままビフィズス菌を届けてくるのです。

マヌカハニーは食中毒の原因菌に対しても高い殺菌作用があるので、食中毒や下痢の予防や症状の改善に効果的です。
下痢の予防にマヌカハニー
マヌカハニーの下痢・食中毒に対する本当の効果

普段からマヌカハニーを口にしている人は、比較的下痢や食中毒の症状を起こしにくいですが、下痢や食中毒になってからでももちろん遅くないんです。

その際の対処方法としてマヌカハニーを口にする場合には、ティースプーン1杯のマヌカハニーをぬるま湯に溶かして飲むのが最も早く胃腸に殺菌成分を運ぶ方法ですので覚えておいてください。

マヌカハニーの持つ高い殺菌・抗菌作用は下痢や食中毒の原因菌である腸炎ビブリオやサルモネラ菌、黄色ブドウ球菌やカンピロバクター、O-157やボツリヌス菌、

ノロウイルスやロタウイルスに対しても効果的に作用することがわかっていますので、万が一下痢や食中毒になった時は、上記方法で速やかにマヌカハニーを口にするのもよいでしょう。
下痢が原因でトイレに
下痢を予防、改善 ・・・食中毒時の栄養補給
ぬるま湯にマヌカハニーを溶かして飲むことで、食中毒の際に起こる脱水症状の改善に繋がります。

特に食中毒の症状がひどくなると、知らぬ間に脱水症状になっていることがありますので、水分補給には十分に注意してください。

また食欲も減退しますので、そういった際にもマヌカハニーに含まれているバランス良い栄養素を効果的に吸収することで、食中毒時の体を栄養面でも支えてくれます。

下痢や食中毒の症状が起こった時に症状を早期に改善する為に必要なことは、有害な細菌を死滅させる殺菌作用と悪玉菌を減らしつつ善玉菌の動きをサポートし、腸内の善玉菌を活発にしてあげることなのです。

この2つの事を薬で出来たら良いのですが、医療の発達した現代でもこの両方を同時にできる薬はまだ開発されていません。

ところがマヌカハニーは、その両方に対して非常に有益な効果があります。これは本当に画期的な働きで、MGO(メチルグリオキサール)やシリング酸メチルという成分が殺菌や抗炎症作用だけではなく、

活性酸素なども体外へどんどん排出し、腸内に新鮮な善玉菌を生きたまま届けたり、マヌカハニーに含まれるオリゴ糖やグルコン酸などの成分が餌になって善玉菌の活動をサポートしてくれます。
001
黄色ブドウ球菌などは体調が悪かったり、免疫力が弱まっている時に病原性を発生させる日和見菌のため、普段はおとなしく毒性はさほど高くありませんので、

普段からマヌカハニーを口にすることで腸内環境を整えて免疫力を強化しておけば、下痢や食中毒の症状を発症するリスクを最小に抑えることが出来ますし、

腸内フローラを善玉菌優位の状態に変えることで日和菌の数を減らすことも出来ます。
下痢が続く原因
食中毒は予防できる
本当にこの時期は食中毒が全国的に流行り、すでに小中学校などで起こっています。マヌカハニーを普段から口にしておくことで、実はノロウイルスに感染してもその症状を抑えることが出来るのです。

実はノロウイルスは成人男性で免疫力の強い人の場合には、多少のだるさや風邪の初期症状で治まることもかなりありますので、感染しても気付かなかったという人もいるくらいなのです。

つまり体の免疫力や抵抗力さえ強化できれば、お子さんでも年配者でもさほど怖いものではないのです。
下痢を改善する腸内細菌
腸内環境を良好にして食中毒の予防
腸内は食べた物を消化・吸収や解毒を行います。また食べた物が有害物質なら素早く外に排出する働きも持っています。

と同時に腸内に極めて有害な菌が侵入したなら、それらの有害菌が増殖しない様に抑えることもできます。こうして腸内が正常に働くと食中毒の予防並びに下痢の改善にも役立ちます。腸内環境を正常にするプリメントがありますので利用してみましょう。

PageTop

「下痢の原因」の記事一覧

PageTop

下痢の基礎知識

下痢の改善方法

子供の下痢

病気の可能性

下痢の原因

下痢+別の症状

下痢が続く(慢性的な下痢)

食べ物・飲み物による下痢

腸内環境を改善する菌や成分

コラム

下痢の原因 食品添加物

下痢の治し方

夏に起こる下痢の原因は

秋に起こる下痢の原因