下痢が続く方に、その原因や注意点、改善方法などをお伝えしています

下痢の原因・改善方法を徹底解説 | 下痢改善相談室
下痢を改善するには?

下痢が続いています。長引く下痢の原因は?

下痢が続き慢性的になると、「過敏性腸症候群ではないか」と医師に診断されることが多くなります。
下痢の原因緑の便が出たら
というのも、検査をしても、胃腸に目立った疾病がなければ、それらはすべて精神的なものが原因とされる過敏性腸症候群になってしまうのです。

もちろん、精神的なことが原因となって始まった下痢が、そのまま長引いて慢性の下痢に繋がってしまうことは珍しくありません。

ただし、精神的なストレスは必ず腸にやってくるものではなく、人によって食欲不振になったり、胃が痛くなったり、あるいは不眠やイライラになったりと、いろいろな症状へと繋がるものです。それがどんな症状として現れるかは、個人によってまったく違うのです。
下痢が原因でトイレに
では、下痢のように腸に症状の出る方は、どういった方でしょうか?中には、それまでまったく問題がなかったのに急に下痢になったという方もいますが、やはり多いのは「もともとお腹が弱かった」「体質的に腸が強くなかった」という方です。

体の弱い部分にストレスによる症状が現れる、と考えれば納得がいきます。もともと胃が弱い方が、「何かあればなんでも胃に来る」のも同じことです。頭痛の方は、血行が悪かったり、肩こりがひどい、視力が悪いなどのことも重なっているかもしれません。

過敏性腸症候群などの慢性的な下痢を治すためには、「環境を変える」「ストレスをなくす」などのことも非常に重要ですが、弱ってしまった腸の力を強くすることも非常に有効であることを忘れないようにしましょう。

精神的なことが原因と言われると、精神的なことだけに解決策を求めてしまいがちです。精神的なものが繋がりやすい体の部分も一緒にケアすることで、いち早く慢性的な下痢から脱することができると考えましょう。
下痢の原因を考えよう3
腸の力を強めるには、
・下痢止めに頼りすぎないこと。

・整腸剤やサプリメントで腸内環境を改善すること。
 (乳酸菌サプリメント、納豆菌サプリメント、オリゴ糖などがおすすめです。)

・動物性タンパク質と油を減らし、腸に優しい食事をすること。 

・適度な運動をすること。

・十分な睡眠をとること。
(睡眠中、腸の働きは弱くなります。腸をよく休ませてあげることが重要です。また、過敏性腸症候群の症状は、睡眠中には出ないことが特徴です。)

などのことが必要です。
脳内ホルモン
また、これと同時に精神的なケアも必要です。
精神的なケアというと少し難しいのですが、次のようなことを意識してみるのがよいでしょう。

・トイレを我慢しなくてよい環境を作ること。
(早く家を出てゆっくりトイレに寄る時間を作る。トイレに抜け出せるよう周りの人の理解を得る。)

・信頼できる薬を探す。
(下痢止めに頼りすぎもよくありませんが、ある程度効く薬をお守りとして持ち歩くのも精神的にはよいことです。)

・食生活の改善やサプリメントのおかげで、腸内環境が少しずつでも改善されていることを意識する。
(いきなり下痢が止まることはなくても、便の回数や質にはかならず変化があるはずです。よく観察するようにしましょう。)

既にご紹介した「適度な運動」も、ストレスの発散には大変有効です。医師に相談しながらも、ご自身なりの「解決法」をぜひ見つけてみてください。
下痢を改善する腸内細菌
下痢の改善に腸内環境を強化
健康の要は何といっても胃腸を丈夫にすることです。昔から「元気の元は胃腸から」と言われています。私たちが健康な生活を送れるのは食べることで栄養を摂取し、また食べた物が薬となるからです。こうして元気になるためには腸内の活動が正常でなければなりません。

腸内環境が乱れると腸内は正常な働きが出来なくなり、様々なものに対処できずに下痢をはじめ病気になってしまいます。まずは腸内環境を強化しましょう。腸内環境を整えるサプリメントがありますので上手に利用しましょう。

PageTop

「下痢が続く(慢性的な下痢)」の記事一覧

PageTop

下痢の基礎知識

下痢の改善方法

子供の下痢

病気の可能性

下痢の原因

下痢+別の症状

下痢が続く(慢性的な下痢)

食べ物・飲み物による下痢

腸内環境を改善する菌や成分

コラム

下痢の原因 食品添加物

下痢の治し方

夏に起こる下痢の原因は

秋に起こる下痢の原因