下痢が続く方に、その原因や注意点、改善方法などをお伝えしています

下痢の原因・改善方法を徹底解説 | 下痢改善相談室
下痢を改善するには?

睡眠不足は下痢を招く

下痢が続く原因は睡眠不足?

下痢が続く原因は様々ですが、腸の現代病に代表とされるものの一つに過敏性腸症候群が挙げられます。この病気は日本などの先進国で増加をし続けています。特に若者に集中しています。過敏性腸症候群の人達に共通している項目に睡眠不足が指摘されています。
下痢の原因を考えよう3
若者達は仕事だけでなく、自宅で夜遅くまでインターネットやテレビ、ゲームなどで夜更かしすることが多いものです。結果、睡眠と覚醒のリズムの乱れを招く事になります。

睡眠不足が続く下痢を招く
昼と夜のリズムは体内でコントロールされているホルモンのひとつメラトニンがありますが、このホルモンは睡眠ホルモンとも呼ばれ分泌量が増えるにしたがい、人は眠りに就くことが出来るのです。
睡眠不足で下痢

夜明けとともに満ち足りた睡眠が得られない事は私達の体にとって大きなストレスになります。腸の働きは自律神経の影響を受けているので、ストレスによる自律神経の失調は腸の不調を招き、過敏性腸症候群になるのです。このような時、腸内環境は決して良好ではありません。

脳内ホルモン
自律神経の乱れが続く下痢の原因に!

腸と脳は自律神経で繋がっており、腸管の運動は自律神経のバランスによってコントロールされています。自立神経のうち副交感神経がアクセルで下痢を起こすシグナルを出し、一方の交感神経はブレーキで便秘を起こすシグナルを出すのです。

このブレーキとアクセルのバランスが崩れると便通異常を起こすというわけです。ですから実は、下痢も便秘も原因は同じと言う事が出来ます。
下痢が続く原因
 続く下痢は免疫を低下させ、気力を失う原因に
腸の不調は体の中の免疫力では最強とも言える腸の免疫力を低下させます。昼と夜のリズムを大切にするようになれば、自律神経のバランスも整い、自然と下痢も治っていくものなのです。

夜10時~2時の間に人の体は修復・再生されます。出来ればその時間内には眠りに就くことをお薦めします。

長い事下痢でお悩みの方はすぐにはなかなか改善するのは難しいものです。下痢の期間が長ければ長いほど、治るのも時間がかかります。諦めずに、改善しましょう。下痢を改善する早道として、サプリメント等利用するのも良い方法です。
下痢を改善する腸内細菌
下痢の改善には腸内環境が良好であること
下痢の方はずばり、腸内環境が良好ではありません。腸内環境が良好だと腸内は正常な働きをしてくれます。水分調整、蠕動運動など規則正しく行われ、下痢に悩むことはなくなります。もちろん、便秘や下痢に悩む心配もなくなってきます。

善玉菌のサプリメントを取ると同時に、緑黄色野菜や季節に応じた旬の野菜をしっかりとると腸内の善玉菌が理想的な形で増えていきます。

野菜不足を補う野菜のサプリメントや腸内善玉菌を増やすのに必要なサプリメントなどありますので上手に利用してみましょう。腸内環境は良好になり下痢の改善は一段と早くなります

PageTop

「下痢の原因」の記事一覧

PageTop

下痢の基礎知識

下痢の改善方法

子供の下痢

病気の可能性

下痢の原因

下痢+別の症状

下痢が続く(慢性的な下痢)

食べ物・飲み物による下痢

腸内環境を改善する菌や成分

コラム

下痢の原因 食品添加物

下痢の治し方

夏に起こる下痢の原因は

秋に起こる下痢の原因