下痢が続く方に、その原因や注意点、改善方法などをお伝えしています

下痢の原因・改善方法を徹底解説 | 下痢改善相談室
下痢を改善するには?

下痢が続く原因に添加物 安息香酸Na

下痢が続く原因・・・添加物にご用心①安息香酸Na

下痢が続く方は、自分の食生活を良く見直してみましょう。
下痢の原因を考えよう3
たとえば、毎日口にするもので、清涼飲料水、栄養ドリンク、しょうゆ、加重、シロップ、マーガリンなど、 安息香酸Naが添加されているものを食べていませんか?

安息香酸Naは水に良く溶けるため、主に清涼飲料水、栄養ドリンク、しょうゆ、加重、シロップ、マーガリンなどに使われています。

毒性が強く、 安息香酸Naを含むえさをラットに 食べさせた実験では、すべてが過敏状態、尿失禁、痙攣などを起こし死亡しています。

当然、おなかの敏感な方は毒が入ってきたと重い、体の外に排出しますので下痢の原因となる可能性が高くなります。

下痢が続く方は、自分が口にしているものに安息香酸Naが入っていないか、または毒性の高い他の添加物が入っていないか、比較的安全といわれる添加物なども体にとっては不要なものですので確認してみましょう。


下痢になっているすべての人にあてはまるのではありませんが、複数にわたる添加物の混合されたものが体に合わず、腸内環境をかき乱しその結果、下痢を誘発し、下痢が続く、下痢がなかなか治らなくしているのです。
  
添加物は全ての物質が名が表示されることになっていて、その一部は用途名も併記されると思われるかもしれませんが、 残念ながら違います。
なぜなら「一括表示」という抜け穴があるのです。一括名は、用途名とほぼ同じです。

下痢の原因は添加物
一括表示が認められているのは、
「酸味料」、「香料」、「PH調整剤」、「イーストフード」、「乳化剤」、「調味料」、「膨張剤」、「かんすい」、「ガムベース」、「チューイガム軟化剤」、「豆腐用凝固剤」、「苦味料」、「光沢剤」、「酵素」です。

これらの用途で使われる添加物は物質名ではなく一括名を表示するだけでいいのです。

消費期限
例えば、乳酸とクエン酸とリンゴ酸が酸味料として使われたとします。この場合、「酸味料」という一括名を表示すればいいのです。

それぞれの一括名に当てはまる添加物はおよそ10品目あります。したがって大半の添加物はいずれかの一括名に当てはまることになり、物質名が表示されないということになってしまいます。

一括名表示の添加物は全般的にそれほど危険性はないのですが、中には強い毒性の強いものがあります。しかし、それが使われていても分からないという状況なのです。
下痢が続く原因
こうしたはっきり物質名が分からない添加物を、私達は毎日食べています。中には下痢を起こす添加物もあります。腸内環境を乱す添加物もあります。

現代の食事情はこうした添加物に溢れているのです。

ですから添加物の食品はできるだけ避けるか、安全な添加物を選ぶか、賢く生活しなければなりません。

自分の体は自分で守らないといけない時代です。避けれるものはしっかりさけ、それと同時に、腸内環境を強化するサプリメントなどの摂取を心がけ、良いものは吸収し、悪いものは体の外に速やかに排出できるように、おなかのセンサーを善玉菌でしっかり守り、おなかを強くしていきましょう。
下痢を改善する腸内細菌
続く下痢を治すには腸内環境を整える
「元気の元は胃腸から」と昔からよく言われています。現代では様々な食材が世界中から集まっています。「身土不二」の食べ物、つまりその土地でとれたもの、その季節に自然にとれるものを中心に食べれる事が身体を健康に保つ理想な食材なのです。

しかし現代では食材が豊富で外国産や季節はずれの食材が溢れています。身体はなかなかその変化についてゆくことが出来ない人(消化することが難しい)もいます。

おなかが弱い人は敏感に反応して、その食物を早く外に追い出そうとして下痢になることがります。また腸内では消化酵素も産出されています。腸内環境が丈夫であれば、腸内で正常な働きができますので、下痢の改善に役立ちます。腸内環境を良好にするのに必要なサプリメントがありますので上手に利用しましょう。

PageTop

「下痢が続く(慢性的な下痢)」の記事一覧

PageTop

下痢の基礎知識

下痢の改善方法

子供の下痢

病気の可能性

下痢の原因

下痢+別の症状

下痢が続く(慢性的な下痢)

食べ物・飲み物による下痢

腸内環境を改善する菌や成分

コラム

下痢の原因 食品添加物

下痢の治し方

夏に起こる下痢の原因は

秋に起こる下痢の原因