下痢が続く方に、その原因や注意点、改善方法などをお伝えしています

下痢の原因・改善方法を徹底解説 | 下痢改善相談室
下痢を改善するには?

日和見菌が下痢解決のカギを握っている

下痢になる、下痢ががなかなか治らない病的なものは見当たらないが下痢をするなど腸のトラブルを抱えている人は殆どといいていいほど腸内環境が非常に悪くなっています

人間の腸内には約100種類、約100兆個もの細菌が住んでいて、腸内細菌叢(腸内フローラ)を形成しています。これらの腸内細菌は人の健康に様々な影響を及ぼしていますが、その影響面から大きく「善玉菌」「悪玉菌」「日和見菌」に分類されます。この腸内フローラが善玉菌で覆われる綺麗な花畑のようであるのか、悪玉菌でいっぱいの雑草が生い茂った荒れた花畑なのかの違いは腸内に棲む日和見菌が握っています。

「善玉菌」とは、消化吸収を助けたり、病気に対する抵抗力をつけるなど、人の体に有用な働きをする菌で、ビフィズス菌や乳酸菌がこれにあたります。

「悪玉菌」とは、細菌で毒素を生成して、腸内腐敗を起こしたり、炎症を起こす物質や発ガン性のある物質をつくる菌で、大腸菌やウェルシュ菌などです。

「日和見菌(ひよりみきん)」とは腸内に善玉菌が多いと、善玉菌を助ける働きをします。しかし悪玉菌が増えると悪玉菌の働きを加勢します。
つまり、どちらの見方でもあるので非常に厄介な菌でもあるのです。日和見菌は弱い者の味方ではなくて、強い者の味方をする、いわばずる賢い菌なのです。
卑怯者と言い方は少し悪いですが、善玉菌より悪玉菌の方が優勢なら悪玉菌の味方をして、悪玉菌より善玉菌が優勢の場合は善玉菌の味方をするのです。

ですが、腸内環境を整えて善玉菌を優勢にする事ができれば一気に善玉菌が優勢になるので下痢の解消効果も見込めれるのです。下痢解消の基本は腸内環境を整える事が大事なのです。

いつも、腸内環境を整えて日和見菌を悪玉菌の味方につけないように、心掛けていきましょう。
手っ取り早いのは腸内に善玉菌をどんどん送り込めばいいのです。善玉菌サプリメント(納豆菌や乳酸菌)がありますので大いに利用しましょう。
腸内細菌は寿命が短いですので、毎日補う必要があります。

 


PageTop

PageTop

下痢の基礎知識

下痢の改善方法

子供の下痢

病気の可能性

下痢の原因

下痢+別の症状

下痢が続く(慢性的な下痢)

食べ物・飲み物による下痢

腸内環境を改善する菌や成分

コラム

下痢の原因 食品添加物

下痢の治し方

冬に起こる下痢の原因

夏に起こる下痢の原因は

秋に起こる下痢の原因

綺麗な腸は病気にならない