下痢が続く方に、その原因や注意点、改善方法などをお伝えしています

下痢の原因・改善方法を徹底解説 | 下痢改善相談室
下痢を改善するには?

下痢の改善は早めに

下痢の改善は早めに
下痢の予防には、食べ過ぎや飲み過ぎを避けるなど、日頃の食事に気を付 ける事が必要ですが、下痢を起してしまったら、早めに治す事が大切です。
下痢の原因を考えよう3
その時回復の助けとなるのが、抗菌作用や整腸作用のある梅やハチミツ、 ニンニクといった身近な食べ物、あるいは腸内環境を整える納豆 菌、乳酸菌のサプリメントを多く飲むもの回復の早道です。
腸内善玉菌が善玉菌が多い腸内環境にしよう!
これらは、腸内細菌の善玉菌を増やし、悪玉菌を減らす作用により下痢に効果的です。

下痢がすぐにおさまらないようでしたら、腸のぜん動運動を抑えるために安静にしましょう。

またカイロや腹巻き、あるいは塩を500g位フライパンで炒って木綿の袋に詰め、それをお腹にあてて、温めると楽になります。熱い塩袋は直接にお腹にあてないでタオルなどに巻いから使って下さい。

お子さんのいる家庭では塩と袋を準備していると、ちょっとした腹痛や、下痢にはすぐに対処できます。
下痢が続く時の食事に温かいスープ
下痢による脱水症状を防ぐために、緑茶やスープなど温かい水分を摂る事も必要です。軽い下痢の場合は絶食する必要はありませんが、消化の良いものを食べましょう。
続く下痢にはおかゆ
ひどい下痢の場合は下痢がおさまった後、半日か1日ほど絶食をして、 消化の良いおも湯やおかゆなどの流動食から始めるようにしましょう。

2~3日 は、腸内細菌はまだ整っていないので油の強いもの、香辛料の強いもの、 アルコールは避けましょう。

おなかは口から入れたものを消化・吸収して、若さや健康を保つ栄養の補給、ウイルスなどに対抗できる免疫力を強化する一番大切な器官です。また体に悪いものが吸収されないようにする排出する重要な器官でもあります。
下痢の原因は細菌感染
暴飲暴食などで起ったげりは、一日ほど固型のの食事を止めて胃腸を休めせてみましょう。そうすると、多くは良くなっていきます。

このような消化不良が原因で起る下痢はからだの拒絶反応によって、からだ自身が毒素を出して良くなろうとという努力をしているわけですから、少なくとも12~13時間は下痢止めの薬を飲まないように様子をみましょう。
 下痢を改善する腸内細菌
下痢の改善は腸内環境整備から
下痢など起こしたならなら嫌だなと考えずに、むしろ食生活を見直す良い機会だと捉えて対処しましょう。
また、下痢が続いている方はずばり、腸内環境が良好ではありません。

腸内環境が良好だと腸内は正常な働きをしてくれます。水分調整、蠕動運動など規則た正しく行われます。その結果、下痢の悩みは解決します。日頃から腸内細菌(善玉菌)を増やす食事や発酵食品などを心がけてバランスの良い食生活を心がけましょう。また、下痢をしやすい方は、腸内環境を良くするサプリメントなどを利用するのも上手な健康管理です。

PageTop

「下痢の改善方法」の記事一覧

PageTop

下痢の基礎知識

下痢の改善方法

子供の下痢

病気の可能性

下痢の原因

下痢+別の症状

下痢が続く(慢性的な下痢)

食べ物・飲み物による下痢

腸内環境を改善する菌や成分

コラム

下痢の原因 食品添加物

下痢の治し方

冬に起こる下痢の原因

夏に起こる下痢の原因は

秋に起こる下痢の原因