下痢が続く方に、その原因や注意点、改善方法などをお伝えしています

下痢の原因・改善方法を徹底解説 | 下痢改善相談室
下痢を改善するには?

授乳中の赤ちゃんの下痢

授乳中の赤ちゃんの下痢

赤ちゃんのウンチは健康状態がよくてもゆるく、回数が多いのが普通です。しかし、水っぽく回数の多い場合は、病気をともなう下痢かもしれませんので、よく観察をしましょう。
赤ちゃん2
この場合の下痢の原因の大半はウイルスによる原因が多いものです。

赤ちゃんの健康管理の目安はウンチです。
毎日、あかちゃんのウンチをチェックしましょう。

ウンチの回数はいつもより多くない
ウンチは水っぽくないか
ウンチの量はいつもと同じか
ウンチの色はいつもと同じか
ウンチに粘液は混じっていないか 


などのチェックをしましょう。
下痢だけでなく熱や嘔吐を伴う場合は注意が必要です。 

子供は脱水になりやすいので、すぐに病院へ行き受診することをお勧めします。
下痢になったらまず病院へ
  時としてウンチに粘液が混じる事がありますが、下痢の原因は離乳食に油っぽい物(バターなど)を使用してもウンチに粘液がまじる事がありますので、油っぽい物をあげた覚えがあるのであれば心配いりません。

油っぽい物をあげた覚えがないのに粘液が混じったり、粘液に血が混じったりする場合は腸が炎症を起こしている可能性がありますので、診察を受けるようにしましょう。

緊急を要する下痢
・熱があり、血便が出ている場合
・下痢と疑われ、水分をまったく受けつけない場合
・顔色が悪く、ぐったりしている


上記以外で、下痢が疑われる場合も小児科を受診しましょう。

 病院へ行くほどのない赤ちゃんの下痢の場合は
一番の薬はママのおっぱいです。


お母さんが、赤ちゃんにとって消化しやすい母乳となるような食事をしましょう。
決してお母さんが乳製品や油っぽい物を食べないようにしましょう。

脂分は消化しにくい母乳になります。更に母乳には鎮痛効果もあるので、お腹が痛いのも和らぎます。

離乳食の始まっているお子さんは、欲しがる場合のみ、おかゆやよく煮たうどんなどを少量あげて、欲しがらない場合は無理に食べさそうとせず、母乳をたくさん飲ませてあげてください。

下痢で一番怖いのは脱水症状なので、頻繁に授乳して水分補給をしましょう。
混合の方の場合、母乳はママの血液ですが、粉ミルクは乳製品ですので、母乳をしっかりあげましょう。

赤ちゃんの母乳はお母さんの食べた物が血液となって母乳になります。お母さん自身が下痢をする下痢が続くなどではよい母乳は作れません。

もし、下痢が続いて、悩んでいるお母さんがおられるなら、下痢改善のためのサプリメントがありますので、大いに利用しましょう。
腸内善玉菌が善玉菌が多い腸内環境にしよう!
腸内環境を整えよう
「元気の元は胃腸から」と昔から言われています。昔は今ほど添加物はなかった時代に、腸内環境が健康に大きく左右していることが体験してわかっていたのです。

現代では世界中の食材が満ち溢れ、どの食材が日本人の健康に良いのかさえ分からなくなってきています。一つ一つの食材は確かに栄養豊かであったとしても、日本人の体質に果たしてあっているかどうかは疑問となることが多いものです。

「身土不二」と言う言葉がありますが、身土不二というのは地元の旬の食品や伝統食が身体に良いのでそれを食べましょうという事です。身体に合わないものはそれを早く出そうとして下痢になってしまいます。

何を食べても下痢にならない人がいます。そういう人は腸内環境が非常に整っている人です。
下痢の治し方2
おなかが弱い方は、授乳中でも腸内環境を強化すると、下痢の改善だけでなく、おっぱいの味もおいしくなりますし、子供に良い影響があると言われています。
積極的に腸内環境を整えるサプリメントがありますので上手に利用しましょう。

PageTop

PageTop

下痢の基礎知識

下痢の改善方法

子供の下痢

病気の可能性

下痢の原因

下痢+別の症状

下痢が続く(慢性的な下痢)

食べ物・飲み物による下痢

腸内環境を改善する菌や成分

コラム

下痢の原因 食品添加物

下痢の治し方

夏に起こる下痢の原因は

秋に起こる下痢の原因