下痢が続く方に、その原因や注意点、改善方法などをお伝えしています

下痢の原因・改善方法を徹底解説 | 下痢改善相談室
下痢を改善するには?

感染性胃腸炎

感染性胃腸炎

感染性胃腸炎は細菌、ウイルス、寄生虫などの病原体が腸に感染してさまざまな消化器症状を引き起こす病気です。いわゆる食中毒です。発熱、下痢、嘔吐、腹痛、血便をともない、年齢や病原体によっては重症化する恐れがあります。
下痢の原因を考えよう2
まずは病院へ行き受診しましょう。

原因の多くは食品や飲料水をとおして口から病原体が体に入りますが、一部ペットやヒトからの感染もあります。

細菌感染の病原としてはサルモネラ、カンピロバクター、腸炎ビブリオ、病原性大腸菌などがよく知られています。ウイルス性では、ノロウイルスで成人に多く、小児ではロタウイルスです。寄生虫としては、赤痢(せきり)アメーバ、ランブル鞭毛虫(べんもうちゅう)などがあります。
下痢の原因は細菌感染
感染源としては、カンピロバクターでは鶏肉が圧倒的に多く、サルモネラでは鶏卵によるものが最多ですが、イヌ、ミドリガメなどのペットが感染源となることもあります。

腸炎ビブリオでは魚介類、腸管出血性大腸菌では牛肉、未殺菌乳が主な感染源です。2012年のユッケ食中毒による死亡事件はまさに未殺菌のものを食べたものが原因です。

ノロウイルスは、近年では冬期の食中毒の原因として最も多い病原体で、生牡蠣(なまがき)からなどの感染ですが、食品中では増殖せず、人の腸管の生きた細胞内で増殖します。便や吐物からのヒト‐ヒト二次感染が問題になっています。

感染力が強く、少量でも感染しますので、注意が必要です。吐き気、おう吐、腹痛、下痢、発熱等です。症状がない場合や、軽い風邪のような症状の場合もあります。
吐き気と下痢
 ロタウイルスは主な症状は、下痢、おう吐、発熱です。米のとぎ汁のような白色の水様の下痢便が特徴です。生後6ケ月から2歳までに多く、ノロウイルスに比べて、発熱を伴う場合が多く、また重症度が高いといわれているため脱水症に気をつける必要があります。

成人では、感染しても発病しない不顕性感染が多いといわれていますが、発病する場合もあります。
下痢になったらまず病院へ
下痢、嘔吐、発熱があったら、まずしっかり水分補給をしましょう。口から飲めるのであれば、まずスポーツドリンクなどで水分と電解質を補給します。

嘔吐が激しい場合や脱水でぐったりしている時は輸液が必要ですので、急いで病院へ行きましょう。

ユッケの食中毒事件も、おなじ店で同じ肉を食べて、運よく発病までに到らなかった 人もいる事と思います。発病しなかったという事は免疫力が高く、腸内環境がよくて、有害菌が体内に入っても、有害菌が増えるのを抑える有益菌がたくさんいたという事になります。

腸内に有益菌(善玉菌)がたくさんいると、免疫力が高まり、腸内環境もよく、ちょっと無理したかなと思っても、下痢に到ることはありません。健康は腸内の善玉菌が握っていると言っても過言ではありません。腸内善玉菌を増やすサプリメント上手に使う事は賢い方法です。
腸内善玉菌が善玉菌が多い腸内環境にしよう!
腸内環境を整えよう
「元気の元は胃腸から」と昔から言われています。昔は今ほど添加物はなかった時代に、腸内環境が健康に大きく左右していることが体験してわかっていたのです。

現代では世界中の食材が満ち溢れ、どの食材が日本人の健康に良いのかさえ分からなくなってきています。一つ一つの食材は確かに栄養豊かであったとしても、日本人の体質に果たしてあっているかどうかは疑問となることが多いものです。

「身土不二」と言う言葉がありますが、身土不二というのは地元の旬の食品や伝統食が身体に良いのでそれを食べましょうという事です。身体に合わないものはそれを早く出そうとして下痢になってしまいます。

何を食べても下痢にならない人がいます。そういう人は腸内環境が非常に整っている人です。腸内環境を強化すると、下痢の改善は早くなります。腸内環境を整えるサプリメントがありますので上手に利用しましょう。

PageTop

PageTop

下痢の基礎知識

下痢の改善方法

子供の下痢

病気の可能性

下痢の原因

下痢+別の症状

下痢が続く(慢性的な下痢)

食べ物・飲み物による下痢

腸内環境を改善する菌や成分

コラム

下痢の原因 食品添加物

下痢の治し方

冬に起こる下痢の原因

夏に起こる下痢の原因は

秋に起こる下痢の原因