下痢が続く方に、その原因や注意点、改善方法などをお伝えしています

続くお腹のゆるさにお悩みの方へ なっとークィーン10日間お試しセット

急性下痢の場合

下痢の原因は様々ですが、急性下痢は下痢の原因として細菌・ウイルスなどの感染による激しい症状を伴うものと、感染によらないものとに分類されます。


急性の下痢の場合

感染症は主に食中毒、赤痢など、非感染症は風邪を引いた時、体の冷えから起る、暴飲暴食による、疲れによる、アレルギー、乳糖不耐症、抗生物質などによる下痢が挙げられます。

急性下痢は激しいときには1日に10数回も水瀉便が出ることがあり、体の水分が不足し、ときには脳貧血をおこして、トイレでたおれてしまうこともあります。

急性の下痢が続いた時には水分補給をしっかりしましょう。水分補給には番茶か湯ざましに梅干か食塩を少し加えて飲ませて下さい。

食中毒による下痢は家庭での応急処置として、殺菌消毒の意味でクレオソート(正露丸)を使うくらいで、間違っても下痢止めを使わないで下さい。食中毒の下痢は一刻も早く、悪いもの、有害なものを体外に出そうとする防衛反応ですから、症状によっては下剤を使うこともあるのです。

 Fotolia_73606495_XS
下痢便に血液が混じっている(赤痢や腸チフス、 腸炎ビブリオ性食中毒など)、毒熱がある(赤痢、腸炎ビブリオ性食中毒、サ ルモネラ食中毒など)、腹痛や吐き気がある場合かを確認することが大切です。

こういう場合は緊急手当が必要な病気であることが多いので、すぐに病院にいきましょう。伝染性の下痢(赤痢など)の場合は家庭での下痢の後始末をきちんとしなければなりません。

下痢便が下着に付着し汚してしまいますので、下着の後始末や手洗いをしっかりしましょう。他の家族の人に感染しないように気をつけて下さい。

感染によらない下痢の原因は飲み過ぎ、食べ過ぎによるものや、特定の食品に対するアレルギー反応の下痢のこともあります。また精神的なストレスや疲労による場合も意外と多く見られます。この他薬剤(抗生物質など)によって下痢をすることがあります。

このような下痢の場合は飲んでいるもの、服用しているものを止めれば治まります。疲れて下痢になる時には、胃腸も休ませるように、軽い食事で済ませましょう。

食中毒や感染症の下痢になった場合でも軽くて済むように日頃から強いおなかにしておくことが大切です。腸内には免疫細胞などたくさんありますので、腸内環境を整えるサプリメントなどを利用して、おなかを強くしたいものです。
腸内善玉菌が善玉菌が多い腸内環境にしよう!

下痢の原因を解消する腸内環境

現代のあらゆる病気の発生場所は消化管にあると指摘されています。「病は腸」からという考え方です。下痢の原因の多くは腸内細菌の善玉菌の数にかかってると言っても過言ではありません。「病は腸から」逆を言えば、「元気の元は胃腸から」という事になります。


腸内環境を良好にすれば下痢をはじめほとんどの病気は解決できるそうです。また、食中毒の様な菌が入ってきても、腸内環境が良ければ、腸内で菌が増えにくい状態になり、発症しない、又は下痢としてすぐに排出してしまい、下痢が長く続くことはありません。

また、腸は現に脳が死んでも生き続けることが出来ますが、腸が死ねば人は必ず死んでいきます。人体の臓器の中で最も老化しやすい場所は実は「腸」なのです。

しかし、最も回復しやすいのは逆に「腸」なのです。下痢の改善も腸を元気にすれば自然と早まります。腸を元気にして、腸内環境を整えるサプリメントがありますので上手に利用しましょう。

※慢性的な下痢が解決しない場合は、お近くの病院で医師の診断を受けて下さい。また、 必要なサプリメントで腸内の悪玉菌と善玉菌のバランスを整えることで解決する場合もあります。
いずれにしても、正しい栄養補給や生活習慣を心がけて、下痢体質をしっかりと改善していきましょう。

下痢の基礎知識の最近記事

関連記事

おなかのゆるさに
お悩みの方へ
なっと~クィーンお試しセット

クィーン10日間
お試しセット
¥980

詳細はこちら