下痢が続く方に、その原因や注意点、改善方法などをお伝えしています

下痢の原因・改善方法を徹底解説 | 下痢改善相談室
下痢を改善するには?

下痢の原因・季節の変り目

下痢が続くのには様々な原因がありますが、下痢をする原因の一つに、身体に悪いものが入り込むとそれを排除しようとする働きが備えられています。
下痢の原因を考えよう3
下痢が続く原因は秋という季節変わり目のせい?
下痢が続く原因
下痢は、身体によくないものが入り込んでいるためにそれを排除しようとする体の防御反応の現象の一つに下痢が起こる原因が挙げられます。

特におなかは非常に敏感なところで、おなかが弱い方は些細な事で敏感に反応してしまいます。
Fotolia_73606495_XS
おなかは細菌やウイルス以外にも食べ物、食べ過ぎ、気温、気圧、心境などで敏感に反応してしまい、下痢を起こす原因を作ることがしばしばあります。

秋と聞くと「食欲の秋」や「読書の秋」などと思い浮かぶ方が多いのではないでしょうか。

秋は過ごしやすく、食べものも美味しく食欲が増すなどと言われています。しかし、秋は落とし穴の季節でもあるのです。暑くてたまらなかった夏から寒くなる冬の間の季節でもあります。
食べ過ぎは消化不良を起こし下痢の原因になりますので気を付けましょう 。
脳内ホルモン
また、下痢が続く原因の一つに自律神経が乱れることも挙げられます。自律神経とは「交感神経」と「副交感神経」からなっています。

大きく言うと、「交感神経」は活動の神経で「副交感神経」は休息の神経です。私たちの一日一日もこの自律神経に大きく左右されますし、反対に上手く働いてもらわないと体調を崩してしまうことになります。

実は、夏の暑い時期は「副交感神経」が優位で、寒い冬の時期は「交感神経」が優位になっていると言われています。春と秋はその間の季節ですので、スイッチが切り替わっている時期なのです。

体の中が切り替えについて行っていれば体調を崩すことなく過ごせるのですが、切り替えについていけないと、下痢などの体調不良が起こってくるのです。
下痢の原因は冷え2
自律神経が乱れると血流が悪くなり、「冷え」を招き、下痢が続く原因にもつながってくるのです。秋は食欲の秋とも言われていますが、もしかしたら自律神経が乱れたら食欲もないまま秋が終わってしまうこともあります。

下痢が続く、そして去年の秋と違うと感じられたなら、自律神経を整えるように心掛けてみましょう。

朝起きて、夜しっかり寝る。これが自律神経の乱れを整える一番の近道です。一時的な下痢であれば問題ありませんが、この秋という季節をきっかけに下痢が続くと困りものです。冬場は寒いので、必然的に「冷え」がついてきます。

下痢を治すなら今の秋の時期に治してしまいましょう。

下痢の原因は様々ですが、病院で治療を受けても改善されないと思ったら、生活環境をしっかり見直してみましょう。

必ずどこかに下痢の原因があるはずです。おなかは非常に敏感なところで、症状が出やすいところですが、回復も他の臓器に比べて早いものです。

腸内善玉菌が善玉菌が多い腸内環境にしよう!一番基本的なおなかの健康を維持するには腸内環境を整えることです。腸内環境をしっかり整ええれば下痢の症状は改善されてきます。

しかし、急な下痢、発熱、嘔吐がある場合はウィルスや細菌性が原因の疑いがありますので速やかに病院へ行きましょうね。

下痢が起こる原因は大腸がん
腸内環境を良好にすれば、下痢をはじめ様々な問題は解決されやすくなります。

ですから、添加物の多い食べ物は避け、食生活を見直し腸内環境を強化しましょう。腸内環境を整えるサプリメントがありますので上手に利用しましょう。

PageTop

「下痢の原因」の記事一覧

PageTop

下痢の基礎知識

下痢の改善方法

子供の下痢

病気の可能性

下痢の原因

下痢+別の症状

下痢が続く(慢性的な下痢)

食べ物・飲み物による下痢

腸内環境を改善する菌や成分

コラム

下痢の原因 食品添加物

下痢の治し方

夏に起こる下痢の原因は

秋に起こる下痢の原因