下痢が続く方に、その原因や注意点、改善方法などをお伝えしています

下痢の原因・改善方法を徹底解説 | 下痢改善相談室
下痢を改善するには?

夏の下痢が続く原因は?

下痢が続く原因は様々ですが、特に夏の時期は下痢になるリスクが高まるため気を付けなければなりません。
下痢の治し方
夏の下痢が続く原因は?
夏に下痢が続く原因は様々です。
夏は自律神経が乱れやすい傾向にあります
なぜなら、クーラーを使用し、外に出ると暑さが襲ってくる。
この、室内と外の気温差などで自律神経が乱れ、おなかの調子を崩し、下痢が続く方が多くなります

また、体がバランスを崩し、免疫力が低下する方も急増します。
そこで高温多湿を好み繁殖するウィルスに感染してしまい、夏風邪を引くというケースが増えるのです。アデノウィルス、エンテロウィルスはその代表と言えます。
Fotolia_73606495_XS
これらのウィルスにかかった場合、下痢や腹痛の症状がよく出ます。おなかのウィルスは中々外に出てくれず、下痢などを繰り返し体力が消耗するために長引きます。ほかにも高熱や、のどの痛みが夏風邪の主な症状です。

エンテロウィルスは「腸管ウィルス」とも呼ばれています。その名のとおり、ウィルスが腸管でも繁殖するため、発熱やのどの痛みに加え、下痢や腹痛などといった症状が現れるケースが多いです。

腸にいるウィルスは手強く、全て排出するには約1か月かかるといわれるため、下痢が続き不安になる方も多いです。

夏風邪による下痢の原因は、体の防御反応のひとつで、体内に侵入したウィルスを便と一緒に外へ出そうとしているために起こります。
下痢が続く原因
そのため、「下痢だから」といって安易に下痢止の薬を服用してはいけません。下痢止めを服用すると、下痢の原因となる菌を腸内にとどめてしまうことになります。

ウィルスの排出が遅れるということは、夏風邪の回復を遅らせることにつながるので、注意してください。

ここでの例外は、体力を消耗させてしまうほどの激しい下痢の場合は別です。ひどい下痢が続く場合は、自己判断で市販の薬を服用するのは避け、すぐに病院へ行かれることをおすすめします。
下痢が原因でトイレに
また、下痢のときは脱水症状を起こしやすいため、水分の補給も忘れずに行いましょう。のどやお腹の負担にならず、体を冷やさない常温のミネラルウォーターや経口保水液、スポーツドリンクなどの摂取をおすすめします。

下痢や吐き気などの症状がある場合は、無理して食べずに消化のよいものを少しずつ食べて様子をみてください。(おかゆ、うどん、豆腐、ゼリーなど)


また、ウィルス以外でも暑い夏は、どうしても冷たいものを求めがちです。冷たいもの口にすると消化不良を起こしおなかを壊す原因になります。


また、下痢の原因は普段の生活に潜んでいます。
・扇風機をつけて寝ていた
・エアコンの効いたオフィスにいた
・冷たいジュースやビールなどアルコールを飲んだ


などが下痢の原因になってきます。

夏は他の季節よりも『下痢』のリスクが高まります。

・自分がどんなものを食べたら下痢になるのか?
・どんな時に下痢になるのか?

自分自身をよく観察してみる事で、下痢から解放される糸口が見つかるかもしれません。
腸内善玉菌が善玉菌が多い腸内環境にしよう!
また、下痢になりやすい方は、腸内環境を整えることで、改善される場合もあります。
腸内環境を改善するための強力なサプリメントがありますので賢く利用してみましょう。

下痢の改善は腸内環境の健全化から
健康の要は何といっても腸内が健康であることです。腸内フローラ―が良好であることです。

腸内環境が整っていると、腸内で有害な物、有益な物を識別して、悪い物は排出してくれます。おなかが弱い方は良いものまで排出してしまいますので、下痢が続く方はなかなか栄養の吸収が十分できなくて、不調の原因になったりしてしまいます。
下痢が続く原因
腸内での正常な機能が果たされれば、下痢にならなくて済みます。同じものを食べても下痢になるならない人は腸内環境の良し悪しで決まります。

まずは腸内環境を整える事から始めましょう。そうすると下痢の改善は一段と早くなります。

PageTop

「下痢の原因」の記事一覧

PageTop

下痢の基礎知識

下痢の改善方法

子供の下痢

病気の可能性

下痢の原因

下痢+別の症状

下痢が続く(慢性的な下痢)

食べ物・飲み物による下痢

腸内環境を改善する菌や成分

コラム

下痢の原因 食品添加物

下痢の治し方

夏に起こる下痢の原因は

秋に起こる下痢の原因