下痢が続く方に、その原因や注意点、改善方法などをお伝えしています

下痢の原因・改善方法を徹底解説 | 下痢改善相談室
下痢を改善するには?

夏に下痢の原因はクーラー

下痢が起こる原因は色々ありますが、 下痢が続く原因の一つに冷えからくる下痢があります。
下痢で辛い
夏に下痢が続く原因とは?クーラー病は冷え症の一部

自分では冷え症ではないと思っている人でも夏場のこの時期に体が思いのほか冷えている人がいます。
下痢が続く原因は腸内環境に
それはクーラー病。耳にしたことがある言葉だと思います。昔にはなかった現代病の一種です。

現代においてクーラーの普及率は都市部では90%を超えています。確かに昔に比べて、地球温暖化もあって夏場の気温は上昇傾向にあり、クーラーがないと過ごせなくなってきました。
クーラー
 ところが、ご存知の通り、クーラーにばかり頼っている生活をしていると健康を害してしまうのです。続く下痢で悩んでらっしゃる方はクーラーから「冷え」を招いてしまい下痢の原因になっているかもしれないということです。人間は汗をかくことで体温を一定に保とうとしています。
下痢の原因はクーラーによる冷え
ですので、暑い夏には汗をかくことが普通なのです。ところが、クーラーが効いた室内ばかりにいると、汗をかくことがありません。

屋外と室内との気温差が大きいところを行き来すると、突然暑い外に出た時に、その温度差に体がついていけず、体温調節がうまくできなくなって自律神経の働きをもおかしくさせ続く下痢の原因に発展してしまうのです。

汗をかきたくてもに汗をかけなくなってしまいます。これがクーラー病です。

また、冷房の効いた部屋に一日中いると、体温を調節する機能が鈍くなってしまい、その結果、やはり自律神経に不調をきたし、疲労感や倦怠感といった夏バテの症状をひきおこしてしまい、胃腸が弱り下痢の原因を作ってしまうのです。
鉄材が下痢の原因に
 クーラー病の症状としては、下痢の他に肩こり、腰痛、便秘、胃腸障害、生理痛、生理困難、生理不順、頭痛、不眠、イライラなどです。

 すでにクーラー病は「冷え症」の一部と考えられており、ひどくなると冷たいクーラーの効いた室内から暑い屋外に出るだけで、急激な変化に体がついていけなくなり、めまい、ふらつき、貧血、血圧変動などの軽いショック症状を起こすこともあるそうです。

 クーラー病は放置してしまうと、どんどんひどくなっていってしまい、夏でも暖房が必要になってしまう可能性すらあるのです。

夏場だけどうにかやり過ごせば大丈夫というようなものではないのです。また、クーラー病で会社を辞めてしまう方もいらっしゃったりします。

夏場だけでなく、一年を通して下痢などの体の不調がある方は、今のこの暑い時期を再度確認してみてはいかがでしょうか。

暑い時期には汗をかく。クーラーの環境が整っている現代だからこそ、夏場は一日一回、汗を思いっきりかくようにしてみましょう。
下痢の原因は紫外線に
ただし、熱中症にはくれぐれも注意してください。まめな水分補給は大切です。この夏でクーラー病からサヨナラできれば、下痢からも解放されるかもしれません。快適なクーラー生活が下痢の原因かもしれません。

近年、若い女性を中心に平熱36度以下の低体温の人が急増しています。これらは次のような生活習慣に原因があると考えられます。

1.毎日シャワー浴で済ます事が多い
2.ハイヒールや締め付ける下着で血流が悪くなっている
3.ダイエットや運動不足による筋肉の衰え
4.ダイエットのつもりの朝食抜きの習慣
5.オフィスや自宅で一日中冷房にあたっている・・・など


体温が1℃上がると、リンパ球をはじめとする免疫細胞たちが元気になり、ウィルスを攻撃する力が約6倍にアップするとされています。
下痢の原因は細菌感染
現在は、免疫力の低下した人が増えているというわけです。低体温を招く習慣を改善し、意識的に冷房をつけない時間帯を作るなどして免疫力を強化し、内側から燃えやすい身体をつくることが、クーラー病への最大の予防策といえるでしょう。

下痢が続くのも、下痢と便秘を繰り返すなど、すべて胃腸が弱ったことで起きる症状です。健康は腸から始まり、腸が弱るとすべて連鎖反応で体全体が弱ってしまい、重篤な病気へと移行してしまいます。
下痢が原因でトイレに
下痢は体の異常を教えるサインです。下痢が続くのはいつものことだから、どうせ、病院へ行っても治らないからなでおと諦めていませんか?

このようなサインがあるときを見逃さずに下痢をしっかり改善しましょう。下痢は改善できるのです。しかも自分で改善できるのです。簡単なんです。

あれこれと思い悩まずに下痢を改善するのに必要なサプリメントがありますので、上手に利用してみましょう。
結果は必ずついてくるものです。
腸内善玉菌が善玉菌が多い腸内環境にしよう!
下痢の改善は腸内環境を整えよう
健康の要は何といってもおなかが丈夫であることにつきます。昔から「元気の元は胃腸から」と言われています。

おなかが丈夫という事は免疫力が高いという事です。免疫力の高い人はたとえ有害な物が体の中に入ってきたとしても腸内で十分に処理する事ができるからです。

例えば、あるレストランで有害な下痢の原因となる細菌のついた食べ物を食べたとします。その時、下痢となって症状が表れる人と、全く下痢の症状にならない人がいます。

これは腸内環境の良しあしで決まります。腸内環境が良い人は、有害菌が増えにくい環境になっており、そのため下痢にならないでいるのです。

下痢が続く、すぐ下痢になる方はまずは腸内環境を整えましょう。

PageTop

PageTop

下痢の基礎知識

下痢の改善方法

子供の下痢

病気の可能性

下痢の原因

下痢+別の症状

下痢が続く(慢性的な下痢)

食べ物・飲み物による下痢

腸内環境を改善する菌や成分

コラム

下痢の原因 食品添加物

下痢の治し方

夏に起こる下痢の原因は

秋に起こる下痢の原因