下痢が続く方に、その原因や注意点、改善方法などをお伝えしています

下痢の原因・改善方法を徹底解説 | 下痢改善相談室
下痢を改善するには?

吐き気と下痢

吐き気と下痢
嘔吐と下痢が同時にやってくる症状は珍しくありません。突然の嘔吐には誰もが驚きますし、非常に体力を消耗しますが、どういったことが原因として考えられるかを知っておくと慌てず対処することができます。
下痢の原因を考えよう2吐き気と下痢

吐き気(嘔吐)と下痢を伴う症状を総じて「嘔吐下痢症」と呼びます。嘔吐下痢症は、ウイルスや細菌によって発生する炎症が原因で、中には「お腹の風邪」と呼ばれるような流行性のもの、大腸菌などが原因の食中毒と呼ばれるものがあります。

参考記事;
「嘔吐と下痢の症状(ウイルス性)」
「嘔吐と下痢の症状(細菌性)」

ただし、ウイルスや細菌が原因となる場合以外の嘔吐・下痢症状もあります。見逃せば大変危険な病気もあります。日本脳炎、急性間欠性ポルフィリン症、溶血性尿毒症症候群などです。
下痢の原因菌

「嘔吐に伴う下痢」で病気についての詳しい内容をご説明しています。また、細菌性の中にも「細菌性赤痢」のような、日本ではごく少なくとも海外で感染してしまうような病気もあります。

1日ですべて治まってしまった、というような軽い症状であれば問題ありませんが、基本的には自己判断を避け、医師の判断を仰ぐようにしましょう。特に子供の場合は症状の悪化が早いので、注意してください。

特に怖いのは脱水症状です。吐き続けている間には飲まない/飲ませないようにしましょう。また吐いてしまいます。落ち着いてから水分を補給します。

目安としては4~6時間程度、飲めない状態が続いても問題ありません。ただし、それ以上続く場合には注意してください。
水
吐き気がなくなると、気持ち悪さも減り、顔色もずっとよくなります。その後少量の水分補給を始めましょう。

一般的な嘔吐下痢症であれば、下痢のピークは1日程度で終わります。その後も下痢気味であるかもしれませんが、徐々に体力が回復していくようであれば問題ありません。

ただし、きちんと回復するのには1週間程度かかります。腸の回復度合いは外からみてもわかりませんので、無理をせず腸を労わる食事をするようにしましょう。
腸内善玉菌が善玉菌が多い腸内環境にしよう!
腸内環境を整えよう
「元気の元は胃腸から」と昔から言われています。昔は今ほど添加物はなかった時代に、腸内環境が健康に大きく左右していることが体験してわかっていたのです。

現代では世界中の食材が満ち溢れ、どの食材が日本人の健康に良いのかさえ分からなくなってきています。一つ一つの食材は確かに栄養豊かであったとしても、日本人の体質に果たしてあっているかどうかは疑問となることが多いものです。

「身土不二」と言う言葉がありますが、身土不二というのは地元の旬の食品や伝統食が身体に良いのでそれを食べましょうという事です。身体に合わないものはそれを早く出そうとして下痢になってしまいます。
下痢の治し方2
何を食べても下痢にならない人がいます。そういう人は腸内環境が非常に整っている人です。腸内環境を強化すると、下痢の改善は早くなります。腸内環境を整えるサプリメントがありますので上手に利用しましょう。

PageTop

PageTop

下痢の基礎知識

下痢の改善方法

子供の下痢

病気の可能性

下痢の原因

下痢+別の症状

下痢が続く(慢性的な下痢)

食べ物・飲み物による下痢

腸内環境を改善する菌や成分

コラム

下痢の原因 食品添加物

下痢の治し方

夏に起こる下痢の原因は

秋に起こる下痢の原因