下痢が続く方に、その原因や注意点、改善方法などをお伝えしています

続くお腹のゆるさにお悩みの方へ なっとークィーン10日間お試しセット

下痢の改善に温める服装

寒くなると血行が悪くなり、腸の働きも落ちてしまいます。しっかりと体を温める服装をして、冷えによる下痢を予防しましょう。

下痢を改善するために体を温める服装を

最近はもこもこと厚着をする人がいなくなり、冬でもスマートな服装の方が増えてきましたが、それでも寒そうではないのはどうしてでしょうか?

それは、「薄いものを重ねて」着ているからです。衣類と衣類の間に空気の層ができると、熱が逃げにくくなります。その層が多いほど温かいというわけですね。「厚着に見えない厚着」は格好がよいだけでなく、温かい上に動きやすくなります。

気をつけなければならないのが、衣類による「締め付け」です。重ね着することで体が締め付けられてしまうと血行を悪くしてしまい、体の隅々まで温まらなくなってしまいます。

特に女性の下着の締め付けには注意しましょう。靴下もぴったりのものと、ちょっと緩めのものとを重ねてるようにしてくださいね。冬はカイロなども上手に利用しましょう。
Fotolia_72962771_XS
夏場はクーラーの効いているオフィスや電車内で冷えないよう、さっと羽織ることのできるカーディガンや大きなストールを持ち歩いてください。場に応じて体を温めるものを増やしたり、減らしたりすることで温度差から体を守ります。 小さく折りたたんでどこにでも持ち歩けるものがいいですね。

大きなものでなくても、首元だけを温められるとかなり温かさは違います。首には太い血管がたくさん集まっているからです。

首のほか、手首、足首を見せない服装は体が冷えにくくなります。スカートを履く場合には厚手のタイツやストッキングを使ったり、ロングブーツを履いたりなどして、ファッションを楽しみながら体を温めましょう。
寒いと背筋も丸くなってしまいがちです。しゃんと背筋を伸ばして、血液の流れをよくしましょう。
腸内善玉菌が善玉菌が多い腸内環境にしよう!

下痢の原因を解消する腸内環境

現代のあらゆる病気の発生場所は消化管にあると指摘されています。「病は腸」からという考え方です。
下痢の原因の多くは腸内細菌の善玉菌の数にかかってると言っても過言ではありません。

腸内環境を良好にすれば下痢をはじめほとんどの病気は解決できるそうです。現に脳が死んでも生き続けることが出来ますが、腸が死ねば人は必ず死んでいきます。人体の臓器の中で最も老化しやすい場所は実は「腸」なのです。

しかし、最も回復しやすいのは逆に「腸」なのです。下痢の改善も腸を元気にすれば自然と早まります。腸を元気にして、腸内環境を整えるサプリメントがありますので上手に利用しましょう。

※慢性的な下痢が解決しない場合は、お近くの病院で医師の診断を受けて下さい。また、 必要なサプリメントで腸内の悪玉菌と善玉菌のバランスを整えることで解決する場合もあります。
いずれにしても、正しい栄養補給や生活習慣を心がけて、下痢体質をしっかりと改善していきましょう。

下痢の改善方法の最近記事

関連記事