下痢が続く方に、その原因や注意点、改善方法などをお伝えしています

下痢の原因・改善方法を徹底解説 | 下痢改善相談室
下痢を改善するには?

低体温は下痢を長引かせる

続く下痢・・・低体温は下痢を長引かせる
東洋医学では「体を冷やさない、体を温める」ことが病気予防や治療の第一と考えらえています。
下痢の原因を考えよう3
体が冷えるとおなかの弱い人は下痢になったり、下痢が続いたりしてきます。なぜなら環境温度で免疫力が低下するからです。一定の温度から急に熱い場所に移動すると免疫力が低下するのです。しかし、寒い場所に移動するともっと低下することが分かっています。

代謝は生命維持活動の基本ですが、代謝が高い状態は病気になりにくいのですが、反対に代謝量が低い人は精気に乏しく、病気がちです。代謝は体温に影響されることが多く、体温の低い人は代謝が落ち、免疫細胞の活性も低下します。当然免疫力も低下しますので、下痢になりやすいのです。

また低体温は血液の循環も悪化させます。血液の重要な働きの一つは、体内に酸素や栄養分を運ぶ事ですが、その機能も低下してしまうのです。
下痢の原因は冷え2
昔から、「冷えは万病のもと」といわれていますが、体の冷えは疲労や体ののむくみなどを招き、慢性的な体調不良を招きかねません。免疫力を低下させることによって非常に病気になりやすい状態に陥ってしまいます。ですから下痢にもなりやすく、下痢の回復もままならないのです。

数十年前から、体温が低くなっている人が増えています。子どもたちは特に増加傾向にあります。小学生で6割、中学生では7割に体温36度以下の低体温が見られるという調査報告があります。これらの原因は大きく分けて3つあるといわれています。

①就寝時間と長さ・・・テレビやゲームで寝る時間が遅くなり、睡眠不足になっている

② 部屋の温度・・・室温が快適温度になるようにエアコンで一年中温度調節をしている。寒い時には体の熱をつくりだそうとする力を強め、環境に順応する力を養おうとする機会がなくなり、体温調節を弱めてしまう

③ 毎日の食事・・・食環境が悪いため、腸内環境が悪くなり、体温が上がらない

 
このように低体温になるような生活環境の下では、疲れたり、嫌な事があったりすると体が対応しきれなくなり、ちょっとしたことでもすぐ痢になる、下痢がなかなか治らないなど悪循環に陥ってしまいます

体温を上げて、腸内環境を整え、免疫力をあげるためには、食事、生活環境を見直しましょう。サプリメントなどを上手に利用するのも下痢解決の早道になります。
下痢を改善する腸内細菌
続く下痢の改善には腸内環境を整える
続く下痢の改善は何といっても腸内環境をしっかり整える事です。
というのも、「元気の元は胃腸」からと昔から言われている通り、健康な人は何でも食べておなかの調子も整っています。

下痢も便秘もありません。多少体に悪い物を食べたり、飲んだりしてもおなかの調子がいいと、つまり腸内環境を整っていれば腸内での活動が正常に働き悪い物を排出したり、無害にしてくれるからです。 私たちは食べ物で身体が作られます。

ですので食べた物を十分に生かすためには腸内環境を整えなければなりません。
下痢の改善もまずはしっかり腸内環境を整えてみましょう。下痢の改善は一段と早くなります。

PageTop

「下痢が続く(慢性的な下痢)」の記事一覧

PageTop

下痢の基礎知識

下痢の改善方法

子供の下痢

病気の可能性

下痢の原因

下痢+別の症状

下痢が続く(慢性的な下痢)

食べ物・飲み物による下痢

腸内環境を改善する菌や成分

コラム

下痢の原因 食品添加物

下痢の治し方

夏に起こる下痢の原因は

秋に起こる下痢の原因