下痢が続く方に、その原因や注意点、改善方法などをお伝えしています

下痢の原因・改善方法を徹底解説 | 下痢改善相談室
下痢を改善するには?

下痢が続く原因チアシード

下痢の原因は様々です。食生活、ストレス、病気などが原因で下痢になる人、また下痢の原因も昔に比べると下痢の原因の不明なものが多く表れてきました。

下痢が続く原因はダイエットから・・・チアシードを食べていませんか?

ダイエットのつもりが下痢になってしまい、そのまま下痢が慢性的に続いてしまうなど、下痢の原因は多種多様です。下痢の治し方下痢で辛い

例えば、ダイエット食品などは下痢の原因と非常に関係があります。今流行りの「チアシード」をご存知でしょうか。

多くの女性は聞いたことがあるのでは…?海外のセレブからブレイクし、日本のモデルからその名が広がったといわれている「チアシード」。

ダイエット効果があると言われ、さらに必要な栄養成分が豊富に含まれているそうです。人間が生きていく為の栄養素が入っていると言われており、「奇跡の食材」とまで言われているそうです。

みなさん「チアシード」に飛びついていませんか?しかし、「チアシード」をたくさん摂取すると下痢の原因になってしまうのです。

そもそも下痢の原因となる「チアシード」とは何!?
チアシードとは南米原産のミント仲間の植物で、シソ科サルビア属のチアの種です。色は黒のブラックチアシードと白のホワイトチアシードがあり、ホワイトチアシードの方がオメガ3脂肪酸が多く含まれています。

オメガ3脂肪酸は
1.ドコサヘキサエン酸(脳を活性化する)
2.エイコサペンタエン酸(動脈硬化に効果がある)
3.α-リノレン酸(血栓、老化などの予防)です。
α-リノレン酸は人体内では作られない必須脂肪酸で、厚生労働省が勧める摂取量は女性の場合、上限なしとさえされています。

チアシードは大さじ1杯で一日の摂取量を十分まかなえます。他に、たんぱく質、カルシウム、カリウム、鉄、亜鉛、食物繊維、ビタミンBなどをたくさん含んでおり、「奇跡の食材」と言われるのもうなずけるものなのです。

特徴として、水に浸すと種の周りがゼリー状に変わってきます。これは、こんにゃくと同じグルコマンナンという成分を形成するためです。
下痢の原因は人工甘味料
チアシードの摂りすぎが下痢の原因
チアシードは水分を含んで約15倍にまで膨らみます。ジュースに入れておくと、ジュースがゼリーのようになり膨らむため、食事の前などに「チアシード」と食べると食事量を抑えられ、ダイエットに効果がありと言われているのです。

また、食物繊維が豊富なため、便秘解消にはもってこいの食材です。

他にも、サラダにそのままかけて食べたり、パン生地に練り込むなど、ゴマにちかい使い方ができますが、ダイエットを目的としてチアシードを摂るならば水に浸してからにしましょう。40℃以上のお湯を使ってしまうと栄養成分が壊れてしまうそうなので、ご注意ください。

ダイエットに最適な食材の反面、食べ過ぎると食物繊維が豊富なため、下痢になったりお腹がゆるくなってしてしまうこともあります。
若者の腸が危ない
また、チアシードは高カロリーの為、たくさん摂ってしまうとダイエットどころか太ってしまうことも考えられます。1日大さじ1杯程度が推奨されている量です。

何でも摂り過ぎや、やり過ぎは控えましょう。健康を求めてしていることが、反対に健康を害することにもつながります。

もともと下痢で悩んでいる方も栄養補給という意味で「チアシード」を摂られるのは良いことかもしれません。量をしっかり守って下痢が悪化しないようにしましょう。
tyounaiirasuto4
腸内環境を良好にすると下痢の改善が早い
健康の要は何といっても腸内環境が良好であることです。腸内は私達が食べた物を、消化・吸収・排出する働きをしています。

またその他、腸内ではそのビタミンやホルモンの産出、造血など様々な働きに関与しています。

腸内環境が良好であれば腸内は正常な働きをすることが出来、下痢の改善にも大いに役立ちます。腸内環境を良くするサプリメントがありますので、上手に利用しましょう。

PageTop

「下痢の原因」の記事一覧

PageTop

下痢の基礎知識

下痢の改善方法

子供の下痢

病気の可能性

下痢の原因

下痢+別の症状

下痢が続く(慢性的な下痢)

食べ物・飲み物による下痢

腸内環境を改善する菌や成分

コラム

下痢の原因 食品添加物

下痢の治し方

夏に起こる下痢の原因は

秋に起こる下痢の原因