下痢が続く方に、その原因や注意点、改善方法などをお伝えしています

下痢の原因・改善方法を徹底解説 | 下痢改善相談室
下痢を改善するには?

下痢改善は血液をきれいに

下痢が続く原因は様々ですが、ストレスが原因によるものが多いと言われています。
下痢の治し方
下痢の改善は血液をきれいに!
というのもストレスがあると腸内環境が乱れ自律神経のバランスが崩れるからです。

自律神経を整えるにはまず腸内環境を整えることが先決です。腸内環境もまた自律神経に左右されています。

どちらが先かは卵が先か鶏が先かと同じくらい難しいものですが、幸い腸内環境は自分でコントロールすることができる唯一の方法です。

腸内環境が整うということは血液がきれいになる事につながります。血液がきれいになると自律神経のバランスを良好にすることができます。

下痢の原因は冷え2
きれいな血液は、サラサラと流れて全身を巡り、栄養や酸素を届けます。しかし、汚れた血液はスムーズに流れず、全身の細胞は酸素や栄養が不足しがちになります。

そうなると体によくないことが生じます。例えば下痢になる、免疫力の低下、風邪をひきやすくなるなど体の不調をきたしやすくなります。自律神経も乱れやすくなります。

ですから腸をきれいにし、きれいな血液を全身に巡らせることが下痢の改善の近道なのです。
下痢が続く原因
そんな腸の動きをコントロールしているの自律神経です。手や足などは脳の指令を受けて動いていますが、呼吸や血液循環、消化吸収などは、自律神経によって機能をコントロールされています。つまり、脳と同じくらい自律神経は大切な役割をしているのです。

自律神経は交感神経と副交感神経の2つに大別され、この2つがバランスよく働くことで、自律神経の調和が保たれます。この調和が乱れると、自律神経の支配下にある腸の動きも乱れます。すると、下痢などの腸トラブルも起きやすくなるのです。

このように血液と腸、自律神経は互いに影響し合っています。このうちいずれかがトラブルを起こせば、連鎖的にほかの状態も悪くなり、下痢などを招くことになります。

では自律神経のバランスを整えるためにも欠かせない、健やかな腸を保つためには、具体的にはどうすればよいのでしょう?簡単に実践できる方法をご紹介します。
下痢の原因は見慣れない魚に?
①3食きちんと食べましょう。
一日3食の食事は腸と脳を刺激し、体温を上げます。下痢の方は下痢がひどくなるからと言って食事を減らしたり、消化の良いものばかりを選んで食べがちですが、食べてさらに下痢がひどくならないならどんどん普通にしっかり食べましょう。
  食事制限は栄養不足になって血液の質が悪くなります。

②毎日乳酸菌をしっかり摂りましょう。
腸の健康は自分でコントロールできる唯一の臓器ですから、腸内環境を良くする乳酸菌を毎日しっかり摂りましょう。

①と②を積極的に守れば腸内環境は良くなり、血液もきれいになります。全身にきれいな血液が回ります。身体も次第に調子が良くなってきます。
幸い今、あなたは下痢だけで済んでいますね。重篤な病気を抱えているわけではありませんので、回復はすぐそこまで来ているのですよ。
腸内善玉菌が善玉菌が多い腸内環境にしよう!
腸内環境を良くするサプリメントがありますので、上手に利用しましょう。下痢の改善が早くなります。


PageTop

「下痢の改善方法」の記事一覧

PageTop

下痢の基礎知識

下痢の改善方法

子供の下痢

病気の可能性

下痢の原因

下痢+別の症状

下痢が続く(慢性的な下痢)

食べ物・飲み物による下痢

腸内環境を改善する菌や成分

コラム

下痢の原因 食品添加物

下痢の治し方

冬に起こる下痢の原因

夏に起こる下痢の原因は

秋に起こる下痢の原因