下痢が続く方に、その原因や注意点、改善方法などをお伝えしています

下痢の原因・改善方法を徹底解説 | 下痢改善相談室
下痢を改善するには?

下痢解決には生きた菌

人の健康を担っているものの一つに腸内細菌の力があります。きれいな腸は病気にならないというのも腸内細菌のおかげなのです。特に善玉菌の活躍は目覚ましいものです。 下痢になる、下痢が続く原因のひとつに、腸内の善玉菌が少ない理由が挙げられているほどです。

ですから腸内環境を改善するには、ヨーグルトのような発酵食品がクローズアップされています。それで、腸の健康には生きたまま腸まで届くヨーグルトがいいとよくCMなどで見かけます。しかし、下痢の原因を改善する点からすると、科学的に見ても必ずしも正しいとはいえないようです。

人のおなかに棲んでいるビフィズス菌(乳酸菌の一つ)は腸内で優秀な善玉菌です。同じ乳酸菌であっても、他の動物の腸内では別の乳酸菌(ラクトバチルス)の方が優勢です。

市販のヨーグルトの中には乳酸菌を原料にしたものも少なくありません。この場合生きた菌が腸に届いたとしても人の腸内のビフィズス菌と本当に共生できるかどうか分かりません。

ですから、本当に生きたまま腸まで届く必要があるのでしょうか。
ある科学者によれば「それは必要ない、 こうしたヨーグルトだけをせっせと摂ってもおなかの調子がよくなるとは限らない」と言っています。

でも、たとえ途中でヨーグルト菌が死んだとしても、その死んだ菌は私達の栄養や便の量になって役立ちますので、無駄にはなりません。
それよりも腸内にもともと棲んでいる腸内善玉菌(ビフィズス菌や他の乳酸菌)を増やしてあげる方がもっともっと効果的です。


*下痢の原因
を改善する方法
 

それには、まず

①善玉菌が喜ぶ餌を腸内に送り込む事
②腸内善玉菌が増えやすいようなきれいな腸内環境にする事
③腸内の有害物質を吸着する食物せんいをしっかり摂る事
④腸内善玉菌は嫌気性(酸素を必要としないで増える)なので、腸内の酸素を好む菌(納豆菌が優れもの)を摂取する(納豆菌サプリメントは効果的
⑤腸内環境は気持ちに左右されやすいので、腸内善玉菌に感謝を示す事

 昔の日本人は腸が喜ぶ食事をしてきました。昔ながらの食事をしましょうというのは結局腸内善玉菌を増やしましょうという事です。
現代は飽食の時代ですから下痢の原因になるものが溢れています。昔のような食事にはなかなかできないのが現状です。
それで、腸内環境をもっと強化できるサプリメントで、現代食の欠点を補い、下痢改善を目指すのは最も効果的な方法です。


PageTop

PageTop

下痢の基礎知識

下痢の改善方法

子供の下痢

病気の可能性

下痢の原因

下痢+別の症状

下痢が続く(慢性的な下痢)

食べ物・飲み物による下痢

腸内環境を改善する菌や成分

コラム

下痢の原因 食品添加物

下痢の治し方

冬に起こる下痢の原因

夏に起こる下痢の原因は

秋に起こる下痢の原因