下痢が続く方に、その原因や注意点、改善方法などをお伝えしています

下痢の原因・改善方法を徹底解説 | 下痢改善相談室
下痢を改善するには?

下痢体質ってあるのですか?

下痢体質ってあるのですか?
よく、同じものを食べても下痢をする人と何でもない人がいます。疲れが出ると下痢がはじまる人もいるし、いやな事が起ると下痢になる人もいます
下痢の原因を考えよう3
病院に行くと「下痢体質でしょう。消化の良いものを食べて胃腸を休めるように」などと言われる事もあります。

人によっては「自分は下痢体質だから仕方がない」と自分を慰めて諦める人もいます。本当に下痢体質ってあるのでしょうか?

確かに、人は個人差があり、抵抗力や消化吸収する力がそれぞれ違います。少し痛んだものを食べても下痢をしないで元気な人もいれば、とたんに下痢をする人もいます。

また気配りや周りの事が気になる自律神経の働きが過敏な人は疲れやストレスによって調子を崩しやすく結果的に下痢になる人もいます。また腸内にいる細菌数、つまり善玉菌や悪玉菌の種類や総量で違ってくると言われています。
下痢を改善する腸内細菌
はっきり言えばどうやら、“下痢体質”と言うのは存在しないようです。お医者様が“下痢体質“と言われるのは恐らくあまり神経質にならないようにという配慮からわざと軽く「気にしないでも大丈夫だよ」と言う意味が込められているようです。

神経質にあれこれ考えすぎる事が下痢を促進することがあるからでしょう

しかし、すい臓の働きの弱い人や慢性すい炎の人、すい臓分泌機能の低下している人、小腸の粘膜の弱い人などはそれ以上の良くなることがあまり期待できない場合があるようです。

そういう方には食生活に気をつけて下さいと言う意味で、下痢をしやすい体質になっていますよといわれることもあると思います。

いずれの場合も、“下痢の原因は見慣れない魚に?体質によるものですよ”と言われたら、悲観することも諦める事もなく、下痢を促進するような食べ物を避ける事が大切です。

現代では食環境が非常に複雑になり、調理方法も様々な時代です。食材も様々な国々から輸入されています。

あなたが食べたものはあなた自身をつくりますから、自分の体にあっているかどうか慎重に確かめながら選びましょう。

どうか神経質にならないで、腸内環境をしっかり整えるサプリメントを併用しながら、避けられるものは避け、楽しんで食事をなさってください。きっとあなたが心がければ必ず治るものです。
腸内善玉菌が善玉菌が多い腸内環境にしよう!
下痢の改善は腸内環境を整えよう
健康の要は何といってもおなかが丈夫であることにつきます。昔から「元気の元は胃腸から」と言われています。

おなかが丈夫という事は免疫力が高いという事です。免疫力の高い人はたとえ有害な物が体の中に入ってきたとしても腸内で十分に処理する事ができるからです。

例えば、あるレストランで有害な下痢の原因となる細菌のついた食べ物を食べたとします。その時、下痢となって症状が表れる人と、全く下痢の症状にならない人がいます。

これは腸内環境の良しあしで決まります。腸内環境が良い人は、有害菌が増えにくい環境になっており、そのため下痢にならないでいるのです。

下痢が続く、すぐ下痢になる方はまずは腸内環境を整えましょう。腸内環境を整えるサプリメントアありますので、上手に利用しましょう。

PageTop

PageTop

下痢の基礎知識

下痢の改善方法

子供の下痢

病気の可能性

下痢の原因

下痢+別の症状

下痢が続く(慢性的な下痢)

食べ物・飲み物による下痢

腸内環境を改善する菌や成分

コラム

下痢の原因 食品添加物

下痢の治し方

冬に起こる下痢の原因

夏に起こる下痢の原因は

秋に起こる下痢の原因

綺麗な腸は病気にならない