下痢が続く方に、その原因や注意点、改善方法などをお伝えしています

下痢の原因・改善方法を徹底解説 | 下痢改善相談室
下痢を改善するには?

下痢を悪化させる食べ物は避けましょう

下痢を起こしやすい方、または慢性的な下痢を起こしている人はその時の体調によって下痢の原因となるあるいは、下痢を悪化させやすい食べ物がありますので注意しましょう。
下痢の治し方
その他にも下痢を誘発するものがありますので(詳しくは当サイトをご覧ください)避けましょう。
下痢の原因はクリスマスケーキの保存量
 ①果汁や甘いもの
砂糖の多い食品(お菓子類なども含めて)やかぼちゃ、栗、豆、サツマイモなど甘みの強い物は腸管内で発酵しやすく、そのためガスを生じて便を軟らかくするので控えましょう。但しペクチンを含むリンゴジュースは腸の内容物をねっとりさせるので下痢止めになります。
下痢の原因gは
 ②柑橘類
柑橘類にはビタミンも含まれているので体には良いのですが、やはり食べ過ぎると「腸管」に刺激を与えてしまうので下痢になりやすいようです。クエン酸を含む果物は腸管を刺激するので下痢のときにはよくありません。 レモン、みかん、グレープフルーツなどの柑橘類は避けましょう。
ラーメン
 ③背脂系ラーメン
特に脂の多いラーメンは胃腸の弱い人には向きません。 ラーメンで下痢になるという人はよく聞きますが、飲んだ後に食べることも多いので「アルコール」+「脂」で下痢の原因になる確立が上がるのかもしれません。
下痢の原因はきんぴらごぼう
④繊維の硬い食品
消化が悪い上に腸管を刺激して下痢を悪化させます。例として筍、ゴボウ、皮の硬い豆やすじ肉など。また消化の悪いものとして海藻類(ワカメ、ヒジキなど)キノコ類、豆類、ごぼう、オクラなどなども避けましょう。
下痢の原因はアルコールに
 ⑤刺激物
アルコール、コーヒー、炭酸飲料、カレー、唐辛子などの香辛料

 ⑥冷たい物
冷たい飲み物や食べ物は、お腹を冷やしますので下痢を招きます。冷たい物はゆっくりと噛んで食べましょう。消化を良くする上に食べ物を口腔内で体温に近づけ刺激をやわらげる利点があります。

⑥アレルギーを起こしやすい食品
アレルギーを起こしやすい食品は下痢の原因のひとつになります。牛乳や卵、魚介類などはアレルギーを起こしやすいので、アレルゲンになっていないかどうか調べましょう。体が弱っていると今までアレルギーを起こさなかった食べ物でもアレルギーを起こすこともあります。


慢性的な疾患は誤った生活習慣の累積によって起ります。いわゆる生活習慣病と言われていますが、慢性的な下痢も同様に食生活が大きな下痢の原因となっている場合が多いものです。

食事の質、量、食べ方や消化器の状態(消化能力)によって消化が充分に行えないと、腸内で食べたものが腐敗し、それが発酵して腐敗物質がたくさん発生します。

腸の中は強い酸性状態になり、酸性腐敗便となって、様々な病気の原因となったり、その酸性腐敗便を速く出そうとして下痢便が発生するのです。体の機能が正常だからこそ悪いものを速く追い出そうとして下痢が自然と起るのです。逆を言えば下痢便が速やかに排出出来ないと健康や生命が損なわれるのです。

下痢でお悩みの方、病気になるサインを体が出していると思って、まだまだ間に合います、早めに対処しましょう。腸内環境を良くするサプリメントを上手に利用することは下痢解決の近道です。賢く、上手に利用しましょう。

腸内善玉菌が善玉菌が多い腸内環境にしよう!
下痢改善には腸内の免疫力を強化しよう
健康は食べ物から維持できますが、すべての食べ物が健康に良いものではありません。中には体に、腸に悪いものも食べています。

しかし腸内が正常な働きをしていれば、腸内で有害なもの、有益な物をより分け、有害な物は排出出来るようになっています。

ところが腸内の環境が悪くて腸内が正常な働きが出来ない場合は有害な物まで吸収したり、腸壁を炎症させたりします。

こうして腸内の環境が悪くなると、腸内の免疫力は低下し、いったん下痢になるとなかなか回復が難しく、長引く下痢の原因となります。まずは腸内環境雄強化しましょう。腸内環境を強化するサプリメントがありますので、上手に利用しましょう。

PageTop

「下痢の改善方法」の記事一覧

PageTop

下痢の基礎知識

下痢の改善方法

子供の下痢

病気の可能性

下痢の原因

下痢+別の症状

下痢が続く(慢性的な下痢)

食べ物・飲み物による下痢

腸内環境を改善する菌や成分

コラム

下痢の原因 食品添加物

下痢の治し方

冬に起こる下痢の原因

夏に起こる下痢の原因は

秋に起こる下痢の原因