下痢が続く方に、その原因や注意点、改善方法などをお伝えしています

続くお腹のゆるさにお悩みの方へ なっとークィーン10日間お試しセット

下痢は悪くない

下痢は悪くない
体の外に出ようとしているものは出さなくてはいけません。目くそ、鼻くそ、歯くそ、耳くそ、・・・体にはくそがいっぱい!これらはみなタンパクの毒素です。
下痢の原因を考えよう3
だから出ないより、出た方がいいのです。糞もそうです。出ないより、いやむしろ出さなくてはいけませんね。他にも出るものと言えば、汗、フケ、鼻汁、おりもの等体の自然生理現象があります。

体は異常があれば一時も早くそれを外に出さなければいけないと大変な病気になってしまうという体の防衛本能が働いてそれを外に出します。嘔吐、下痢などは顕著ですね。
下痢の状態はウンチでわかる
体の中では細胞が常に新しいものを作って古いものをだすという新陳代謝を繰り返しています。だから体の中から、何かを入れるより古くなったものを出すほうが、原理としては大事です。
下痢の原因は細菌感染
だから下痢が悪いのではないのですよ。体に備わっている免疫機能がちゃんと働いている証拠だから心配することはないんです。

ちょとした下痢、下痢が続くからと新心配してすぐに下痢止めを飲み、薬を離さない人がいます。体はミラクルを起こす不思議な未知の世界です。

そこが分からないから、みんな薬で止めようとします。出るもの出さなければ駄目なんです。
もちろんひどい下痢や血便、粘膜性の便、腹痛 など緊急性を要する場合は別です。すぐにお医者様に診察を受けましょう。
下痢になったらまず病院へ

腸内細菌が腸のメンテナンスをしっかりしてくれますので、まずは下痢そのものを心配するのではなく、あなたの腸内細菌はバランスが取れているのかどうかを心配してみましょう。

腸内細菌のバランスは食べもので決まります。食べ物に付着して腸管に入り込んだ環境細菌もいます。電子レンジで調理すると食品についている細菌が全滅します。

塩素の多い水道水は、善玉菌は死滅して悪玉菌は生きながらえます。肉類の多い食事、野菜不足の食事、コンビニフード、ジャンクフード、加工食品などあげればきりがありませんが、食環境を見直しましょう。

 腸は多彩な機能持つ重要な機関であり、ミラクルを起こすとってもすばらしいところです。若さも、美しさも、元気さも、長寿もすべて腸から始まります。
腸内善玉菌が善玉菌が多い腸内環境にしよう!
腸内環境を整えよう
「元気の元は胃腸から」と昔から言われています。昔は今ほど添加物はなかった時代に、腸内環境が健康に大きく左右していることが体験してわかっていたのです。

「身土不二」と言う言葉がありますが、身土不二というのは地元の旬の食品や伝統食が身体に良いのでそれを食べましょうという事です。身体に合わないものはそれを早く出そうとして下痢になってしまいます。

レトルト食品やコンビニ食品など、添加物がたくさん含まれている様な食べ物は有害な物質が多く、当然腸内の環境を悪くしてしまいます。

これらを常食すると、消化力の低下、冷え、自律神経のアンバランス等を招き下痢が続く体質を作り上げてしまいます。当然、腸内には60%以上の免疫細胞があるので、免疫力も低下します。

腸内が弱くなると正常な働きが行なわれにくくなり、水分調整も正常に出来ず、水分の多い、つまり下痢状態の便となってしまうのです。

まずは腸内環境を良くして腸内を正常な状態に戻すことが下痢改善のためには一番の近道です。腸内環境を良くするサプリメントがありますので、上手に利用しましょう。

コラムの最近記事

関連記事