下痢が続く方に、その原因や注意点、改善方法などをお伝えしています

下痢の原因・改善方法を徹底解説 | 下痢改善相談室
下痢を改善するには?

下痢の治し方⑨絶対にいいというものを

下痢の治し方⑨・・これが絶対にいいというものを

胃腸は心の影響を受けやすいものです。敏性腸症候群など下痢が慢性的に続く方はストレス等精神的なものと結びついています。なぜストレスが胃腸にくるのでしょうか。
食べ物による下痢下痢の原因は胃腸の機能低下
胃のレントゲンを撮る時に嫌な話を聞かされると、胃はキュッとしぼられるような動きをするそうです。腸も同じだそうです。ストレスは主に自律神経系の交感神経に影響を与えます。

血圧が上がったり、心臓が収縮するなど、また反対に胃腸などの消化器官の働きを抑制し、下痢や便秘を起こします。

内臓は私達が想像する以上に心の動きの影響を受けているのです。ストレスや疲労が重なると食欲がなくなったり、胃がしくしく痛んだり、又下痢にや腹痛、便秘になったりするのです。

ストレスが心に与える影響は、非常に個人差があります。ダメージを受けた後の立ち直り方も違います。ストレスを避けにくい現代ではストレスに強くなる状態を自分で作っておかなければなりません。ストレスに負けない方法として
睡眠不足や過労
①過労や睡眠不足を避ける
 夜更かしは自律神経の乱れも元です。早寝早起は三文の得です。
下痢の原因は見慣れない魚に?
②バランスのよい食事
 偏食でミネラル欠乏になると体調が崩れやすくなります。
下痢の治し方笑顔で
③適度な運動をする
 体を動かすことで心が解放されます。“快汗”を流しましょう
下痢を治すには友人にストレスを話す
④心をさらけ出す相手を持つ
  心の中をさらけ出すことによって心が軽くなります。

⑤人間関係を大切に
  言いたいことをきちんと言えるような人間関係が心と体の健康のためには不可欠です。日頃から家族、とりわけ夫婦、親子、友人、この関係づくりも一朝一夕、一方的にはできません。
 日々の積み重ねで努力しましょう。

⑥これが絶対にいいというものを持つ
 “鯖を食べると下痢をする“などというときの食物アレルギーにはその思い込みが一種の暗示となって、下痢が起る場合があります。この思い込みを良い方へ向けてみましょう。食後に“コーヒー”を飲むとお通じがいいのです。
下痢の原因は胃腸の機能低下
下痢の予防にマヌカハニー

下痢の予防にマヌカハニー


ある人は“ はちみつレモン”がいいという人もいます。コーヒーは迷走神経に刺激を与えて、胃酸を分泌するので腸も刺激を受けるのではないでしょうか。

といってもコーヒーでお通じがよくなるわけではありませんから、これはその特定の食べ物がお通じを促すというよりも「これがあれば快便に繋がる」という暗示が、気持ちよく排便させるのではないでしょうか。

排便とはそれほどメンタルなものです。“下痢に効果あり”というものを同じようにして試してみま しょう。きっと効果が出てきますよ。

下痢の解消にはこんな自己暗示が効くような、精神的な穏やかさや素直さも必要です。腸内環境を整えるサプリメントなどを利用するのも良い方法です。
下痢を改善する腸内環境
腸内環境を良好にすると下痢の改善が早い
健康の要は何といっても腸内環境が良好であることです。腸内は私達が食べた物を、消化・吸収・排出する働きをしています。

またその他、腸内ではそのビタミンやホルモンの産出、造血など様々な働きに関与しています。
腸内善玉菌が善玉菌が多い腸内環境にしよう!
腸内環境が良好であれば腸内は正常な働きをすることが出来、下痢の改善にも大いに役立ちます。腸内環境を良くするサプリメントがありますので、上手に利用しましょう。

PageTop

PageTop

下痢の基礎知識

下痢の改善方法

子供の下痢

病気の可能性

下痢の原因

下痢+別の症状

下痢が続く(慢性的な下痢)

食べ物・飲み物による下痢

腸内環境を改善する菌や成分

コラム

下痢の原因 食品添加物

下痢の治し方

夏に起こる下痢の原因は

秋に起こる下痢の原因