下痢が続く方に、その原因や注意点、改善方法などをお伝えしています

下痢の原因・改善方法を徹底解説 | 下痢改善相談室
下痢を改善するには?

下痢の治し方③意外な盲点・食品添加物

下痢の治し方③意外な盲点・・・食品添加物

普段何気なく食べている食品、例えば「カップ麺を食べると時々下痢するのよね~」などという事を良く耳にします。体調によっては同じ食品を食べても下痢をしたり、下痢をしなかったという事を経験された方はたくさんおられます。
下痢の原因を考えよう3
 私たちが毎日口にする加工食品には、必ずといっていいほど数種類の食品添加物が使われています。これら添加物は安全性があると言われていますが、体に悪影響を及ぼすものもたくさんあります。

特に胃腸の弱い方、下痢をする方など避けたい主な添加物を取り上げてみました。
 下痢が続いている方、下痢を治したい方などは成分表示を良く見て、できるだけ避けましょう。

でもあまり神経質にならないで下さいね。気にし過ぎるとストレスになってしまいますから。日頃から腸内環境を良くする食事やサプリメントを利用する事は下痢改善の早道です。
下痢を改善する腸内細菌

 ①着色料(カラメル色素)
使われる食品・・・菓子・冷菓・ソースなど
 問題点・・・動物実験で下痢・活性酸素を発生させる

 ②糊料(ブドウ糖多糖・デキストラン・増粘剤・安定剤・ゲル化剤)
使われる食品・・ゼリー・麺類・水産練り物製品など
問題点・・・動物実験で粘着便・血便・腸症びらん出血

 ③酸化防止剤(ブチルヒドロキアニソール・亜硫酸Na、亜硫酸ソーダ)
使われる食品・・・パーム原料油・マーガリン・エビのむき身・ブドウ酒など)
問題点・・・・染色体異常、動物実験で歩行失調・潰瘍形成・消化器出血・肝臓うっ血、胃腸の刺激

 ④漂白剤(亜硫酸Na、亜硫酸ソーダー、ピロ亜硫酸Na、亜硫酸塩、ハイドロサルファイト、二酸化硫黄)
使われる食品・・・エビのむき身、かんぴょう、缶及び瓶詰めチェリー、ブドウ酒など
問題点・・・・胃腸に刺激・下痢、嘔吐
下痢の原因は胃腸の機能低下
 ⑤苦味料(カフェイン)
使われる食品・・・・チョコレート・コーラなど
問題点・・・・空腹時に摂取すると胃酸が増加し胃潰瘍の原因になる・体質により腹痛・下痢・嘔吐

 ⑥膨張剤・かんすい・PH腸製剤(炭酸カリウム・炭酸ソーダー・炭酸ナトリウム・重層)
使われる食品・・・中華そば・ワンタン・餃子・シューマイ
問題点・・・・消化管粘膜にただれ、胃腸に潰瘍がある時は悪化、

 ⑦乳化剤(ポリリン酸ナトリウム・ポリリン酸カリウム)
使われる食品・・・ジュース・清涼飲料水・水・みそ・アイスクリーム・生クリームなど
問題点・・・・動物実験で胃出血・腎障害・高死亡率
下痢の原因は人工甘味料

 ⑧膨張剤(ミョウバン・アルミニュムミョウバン・塩化アンモニウム)
使われる食品・・・ナスの漬け物、うに・ゆでダコ・ベーキングパウダー、栗の煮ものなど
問題点・・・・高濃度のものは炎症、ただれ、嘔吐下痢

 ⑨調味料(塩化カリウム)
使われる食品・・・スポーツドリンク・パン・漬け物。ソーセージ、ソースなど
問題点・・・多量に飲むと消化管刺激・嘔吐・食欲不振

 ⑩色調安定剤(グルコン酸鉄)
使われる食品・・・オリーブ
問題点・・・・胃腸障害・子供では嘔吐・アノーゼなど
下痢を改善する腸内細菌

腸内環境を良好にして下痢を改善!下痢の原因を取り除こう
健康の要は腸内環境が良好な事です。
腸内では様々な事が行われています。免疫力の活性、消化吸収、ホルモンや酵素の産出、体温調整、毒素排出など様々な基礎的な代謝が行われています。

腸内環境を良好にすれば、下痢をはじめ様々な問題は解決されやすくなります。腸内環境を良好にするのに必要なサプリメントありますので、上手に利用してみましょう。

PageTop

PageTop

下痢の基礎知識

下痢の改善方法

子供の下痢

病気の可能性

下痢の原因

下痢+別の症状

下痢が続く(慢性的な下痢)

食べ物・飲み物による下痢

腸内環境を改善する菌や成分

コラム

下痢の原因 食品添加物

下痢の治し方

夏に起こる下痢の原因は

秋に起こる下痢の原因