下痢が続く方に、その原因や注意点、改善方法などをお伝えしています

下痢の原因・改善方法を徹底解説 | 下痢改善相談室
下痢を改善するには?

下痢の原因は秋の寝冷え?

下痢の原因は様々ですが下痢が3日以上続く場合や嘔吐・発熱などの症状もともなう場合、水のような激しい下痢の場合は受診が必要です。 
下痢の原因を考えよう3
下痢の原因・・秋の下痢

下痢が続く原因は様々ですが、身体は気圧・気温によって変化が生じ、中にはそれらが原因で身体の不調を訴える人がいます。

暑さ寒さも彼岸まで、といいますが、特に>秋になると、夏の食中毒、クーラー病を乗り越えた体にひたひたと迫る下痢の原因があります。

秋の彼岸前後になると、体はまだ汗をかくくらいの陽気なのに、風が急に冷たくなってきます。この時期は、汗の内攻が起こりやすい時期です。

汗の内攻とは、汗をかいて、その汗が急激に冷えることで、体に悪影響をあたえることです。自分でかいた汗が、自分の内を攻めるという意味です。

そして、10月にはいるとだんだん「冷え」という問題が出てきます。秋という季節は、真冬よりも「冷える」季節です。この時期、体はまだ夏の傾向が残っています。

ですから、感覚の面ではあまり「冷える」という実感がありません。しかし、本格的に寒くなる真冬より、暖かいことになれていた体が急に冷たくなる時期の方が、「冷え」の影響を大きく受けます。

特に注意すべきは寝冷えです。人は寝ているとき、汗をかくことで疲れがとれるようになっています。明け方の急な冷え込みでお腹を壊し、下痢をする方が多いのです。
下痢が原因でトイレに
寝るときは暑いからと布団を被らない人もまだまだ多いと思いますが、明け方はお腹をださないように注意しましょう。

最初は寝冷えによる急性の下痢でも、油断していると慢性化し、腸内環境が元に戻らなくなり、下痢が続く原因となり長期化することも考えられます。

まず、頭寒足熱を心がけましょう。少し涼しさを感じたらパッチやレギンスで下半身を温めるようにします。また、外からだけでなく、温かいものを取るようにして内側からも温めていきましょう。

秋に食べると良いのは、稲! つまりご飯です。ただ、涼しくなったからといって食べ過ぎると、腎臓や心臓に負担がかかるので、あくまでも腹八分目でおさえていきましょう。

また、秋は辛味。これから寒さに向かっていく季節なのでからしやワサビの辛味ではなく、塩気をきかせたものを取るように心がけてください。
下痢の原因は見慣れない魚に?
また、食べ物がおいしく感じられる時期です。夏野菜を生のまま食べたり冷たい飲み物をがぶがぶ飲むことはやめて、煮込んだ物やこの時期にとれるイモ類やでんぷん質の陰とちょっと陽性が混ざった食べ物を増やしていきましょう。

旬の果物も、体を冷やしてくれるスイカなどから梨やリンゴに変わります。旬の物を頂くことは、とても理に適っています。

秋は身体を整える時期です。 夏の疲れが秋にでます。冬に備えて秋はしっかり体のメンテナンスをする時期ですから、食べ物に注意(今は一年中季節を問わない野菜が溢れています)しながら、季節の野菜をしっかり摂りましょう。

きゅうり、トマトなどの身体を冷やす食べもは下痢の原因となりますので避けましょう。
腸内善玉菌が善玉菌が多い腸内環境にしよう!
健康の要は何と言っても腸内環境にあります。腸内環境が良好な人は病気知らずで、長生きです。

少々食べ過ぎたかな?冷えたかな?と思っても下痢になりません。まずは腸内環境を良くする腸内善玉菌をしっかり摂りましょう。

腸内善玉菌を増やすのに必要なサプリメントもありますので上手に利用しましょう。下痢改善の早道になります。

PageTop

「下痢の原因」の記事一覧

PageTop

下痢の基礎知識

下痢の改善方法

子供の下痢

病気の可能性

下痢の原因

下痢+別の症状

下痢が続く(慢性的な下痢)

食べ物・飲み物による下痢

腸内環境を改善する菌や成分

コラム

下痢の原因 食品添加物

下痢の治し方

夏に起こる下痢の原因は

秋に起こる下痢の原因