下痢が続く方に、その原因や注意点、改善方法などをお伝えしています

下痢の原因・改善方法を徹底解説 | 下痢改善相談室
下痢を改善するには?

下痢の原因・ダイエット②

下痢が続く原因は過剰なダイエット
近年、下痢が長く続く人口が増加しています。
下痢が続く原因は腸内環境に
下痢の原因は年齢、体質、環境、病気などによるなど様々な下痢の原因が挙げられます。特に下痢の原因が分からない、病的なものでないと言われている、慢性的な下痢です。

慢性的な下痢に悩まされている人は、下痢の原因も分からずに、医者からは過敏性腸症候群でしょうと診断されて、終わっている人が殆どのようです。しかし、どんな下痢でも必ず下痢の原因があるのが事実です。
下痢が続く原因はコラーゲンに2
その様な下痢の原因は主に食習慣、生活習慣に問題が多くあるようです。例えば若い人に多い、ダイエットもその一つで言えます。というのもダイエットには沢山の方法があり、糖質ダイエット、下剤ダイエット、バナナダイエット、リンゴダイエット等きりがないくらいたくさんあります。

ダイエットは度が過ぎると栄養の偏りが起きたり、栄養不良を引き起こしたりしやすいというリスクがあります。そしてそれは簡単に下痢の原因になることがあるのです。
下痢で辛い
危険すぎる下剤ダイエット
「下剤ダイエット」という危険なダイエットに取り組む人がいるようです。下剤は便秘を解消するための医薬品です。

下剤を飲むことでその時間を短縮化できかつ、栄養吸収を邪魔することができ便秘、便秘ではない関係なしに便の排泄を促せます。

下剤やコーラックでダイエットするのは副作用で身体を壊すだけ、時にはひどい下痢になることもあります。これは厳密にはダイエットではなく、自傷行為と言うべきです。

時には脱水症状になる
下痢は水分も一緒に排泄されてしまいますので、下痢が続くだけでも体に必要としている水分さえ出てしまい、脱水症状になることがあります。
下痢の原因はカラーリング
低カリウム血症になる 
カリウムといえば重要なミネラルの一つです。便秘薬を使えば下痢と一緒に必要なものまで排泄されてしまいます。カリウムが下痢とともに流れ出ます。筋力低下、高血圧、疲労、不安などが現れ、麻痺や自律神経失調が現れることもあります。

下痢では痩せない
多くの女性は下痢よりも”便秘”に対して敏感で、悩みも大きいと思います。便秘になればお通じが悪くなるため体重が増加したり、吹き出物がでたりします。

一方、下痢はお腹に溜まっていたものが一気に吐き出されるため、体重も減り痩せられる、便秘に悩まないで済むと思っている人が多いのではないでしょうか。しかし、下痢にも便秘と同じくらい女性を悩ます悪い面が多いのです。

特に下痢になると痩せると思っている女性は多いのですが、実はそれは勘違いで、下痢になると人間は逆に太りやすくなってしまうのです。

下痢になっても痩せられるのは「一時的」
まず、下痢になるとお通じが良くなるため、胃や腸に溜まったものが排出されて痩せられると感じる女性も多いでしょう。たしかに一時的にはスッキリとした状態となるので体重が減ったように感じるかもしれません。

しかし下痢が怖いのは、全て出し切ってしまった後です。下痢をすることで、栄養が身体の中からなくなってしまうと、栄養がなくなった空っぽのその状態を脳は「危険」だと認識します。

その認識が脳で下されると、下痢で栄養が満たされていない状態の体内に新たに食べ物を運ぶことで身体はその体内に入った食べ物の栄養をできる限り溜め込もうとします。

この溜め込もうとする働きと同時に、それを外に出さないようにするため身体の代謝量が急激に落ち、エネルギー消費も減るのです。
Fotolia_69108352_XS
下痢になり体重は一時的に減ったとしても、その後は溜め込む機能が働くために以前より太る=ダイエットの妨げにもなるということなのです。

下痢気味が続いたときは注意しよう!
ダイエット中に下痢になり数日間で治る場合は良いのですが、長く続くと危険です。下痢には急性下痢と慢性下痢の二種類があり、急性下痢の症状は1日何度も水のような便が出るため、体内の水分が不足してしまい貧血を状態になることも。
下痢になったらまず病院へ
こちらの下痢はウイルス感染の疑いや病気の可能性もあるので病院で検査を受けることが基本です。下痢が止まらなくなる胃腸風邪なんかもこの急性下痢に含まれます。

ダイエット中に下痢を引き起こす場合は、慢性下痢と呼ばれるものが多いです。こちらは1日に1~2回の軟便という程度の軽めの症状もあれば、お腹が何度も痛くなり下痢を起こすものもあります。急性下痢よりも緊急性は低いのですが、この状態が長い間続いたり、下痢と便秘を交互に繰り返す様な症状が出続けるため治すまでには時間がかかります。

下痢が続く慢性下痢を治すには? 
慢性下痢が続いている時は、行っているダイエットを一度休憩し、日々の食事に気を配りましょう。飲み過ぎや食べ過ぎは絶対に行わないようにしましょう。

下痢によって出されてしまった水分を補うことと同時に食べることで太りたくないと考える人は野菜スープなどのヘルシーで胃や腸に優しい温かい飲み物を摂るようにしてください。

下痢になってしまった場合は、体調の管理面においてもリバウンドで太る原因を取り除くためにも、早く治すことが大切です。

また、一度の下痢をきっかけにその後何年も慢性下痢と付き合う事になる人もいます。なお、あまりに症状がひどい場合には、お医者さんなどに相談した方がいいでしょう。

ダイエットとは関係のない理由で、便秘や下痢などの不調が起こっている可能性も否定できません。ダイエットに伴う下痢や便秘は、一時的なものである場合も多いようです。

しかし、時間が経てば治るものだからと決めつけて、辛い症状を我慢しすぎてしまうと、万が一重篤な病気のサインだった場合には、それを見落とすことにもなりかねません。

また、放っておくことで下痢が慢性化することは大いにありえます。慢性化してしまうと、腸内環境を立て直すのには、悪化した期間の倍以上の時間がかかる人もいます。

下痢の原因を取り除き、善玉菌を補給し、食事や生活を見直して……と、気軽に始めたダイエットの代償は、決して小さなものではありません。
下痢の原因は見慣れない魚に?
ダイエットの前に、ダイエットの必要がないようなバランスの良い生活をするように、心がけていきましょう。
下痢が起こる原因は大腸がん
腸内善玉菌が多い腸内環境にしよう!
ダイエットによる腸内細菌のバランスが悪くなってしまったら、悪玉菌が増えて、腸内環境が悪くなります。

腸内は正常な活動が難しくなります。そのため水分調節などもうまくいかず下痢になる可能性が大きくなるのです。

ダイエットをして腸内環境が悪くなり下痢になってしまったと思ったなら、腸内善玉菌を増やすサプリメントなどで補ってみましょう。
下痢の改善は一段と速くなります。また慢性的な下痢にならずに済みます。上手に利用してみましょう。

PageTop

「下痢が続く(慢性的な下痢)」の記事一覧

PageTop

下痢の基礎知識

下痢の改善方法

子供の下痢

病気の可能性

下痢の原因

下痢+別の症状

下痢が続く(慢性的な下痢)

食べ物・飲み物による下痢

腸内環境を改善する菌や成分

コラム

下痢の原因 食品添加物

下痢の治し方

冬に起こる下痢の原因

夏に起こる下痢の原因は

秋に起こる下痢の原因