下痢が続く方に、その原因や注意点、改善方法などをお伝えしています

続くお腹のゆるさにお悩みの方へ なっとークィーン10日間お試しセット

下痢の原因・季節と花粉

下痢の原因は春の季節と春の花粉
下痢の原因
は数多くあり、年々下痢の原因が複雑になり、病院で治療しても対処しきれなくなっています。下痢の原因の多くは生活環境が大きな下痢の原因となっています。
食べ物による下痢
例えば食事、季節の移り変わり、空気、温度変化など日常的に些細なことが下痢の原因の要因の一つとなっています。

今回は下痢の原因の一つ、変化が激しくなる季節の変わり目とスギ花粉について考えてみましょう。

下痢になるのは季節変わり目が原因?
下痢は、身体によくないものが入り込んでいるために、それを排除しようとする体の防御反応の現象の一つです。

特におなかは非常に敏感です。なぜなら体外から体内へ物質をとりこむ最前線だからです。
下痢が続く原因
入口を厳しくしなければ、命を脅かすような物質が体内に入り込み大変です。ですので、特におなかが弱い方は些細な事で敏感に反応してしまいます。

おなかは細菌やウイルス以外にも食べ物、食べ過ぎ、気温、気圧、心境などで敏感に反応してしまいます。下痢を起こす原因は、私たちが考えているよりはるかにバラエティに富んでいるのです。

季節の変わり目は、特に見過ごされやすい下痢の原因の一つです。
春はただでさえ、冬の間に滞ったものを動かそうとする力が働く季節です。春に旬をむかえる山菜などは苦味が特徴で、これらも体内の浄化と目覚めを促す役割があります。

季節が巡るとき、体は交感神経と副交感神経のスイッチを切り替えますが、こうした自律神経は、私たちが自分の意思でコントロールするわけではなく、身体が恒常性を保つため無意識に働くものです。

無意識であるが故に、働きすぎに気づくことがなかなか出来ません。そうした疲れきった自律神経からのSOSとして下痢という現象があげられます。
下痢で辛い
気圧の変化や、気温の変化が激しいとき、下痢を起こしてしまうのも、目に見えない環境の変化に対応しようと体が頑張りすぎてしまうのです。

また、春は進学、就職、転勤など、生活環境ががらりと変わる方も珍しくありません。生活パターンの変化、職場の人間関係の変化など、ストレスは下痢の原因として上位にあげられる理由です。

下痢が続く、そして去年の春と違うと感じられたなら、自律神経を整えるように心掛けてみましょう。
下痢の原因は何でしょうか2
朝起きて、夜しっかり寝る。これが自律神経の乱れを整える一番の近道です。一時的な下痢であれば問題ありませんが、下痢が続くと困りものです。

病院で治療を受けても改善されないと思ったら、生活環境をしっかり見直してみましょう。

必ずどこかに下痢の原因があるはずです。おなかは非常に敏感なところで、症状が出やすいところですが、回復も他の臓器に比べて早いものです。
腸内善玉菌が善玉菌が多い腸内環境にしよう!
腸内善玉菌が善玉菌が多い腸内環境にしよう!一番基本的なおなかの健康を維持するには腸内環境を整えることです。

腸内環境をしっかり整ええれば下痢の症状は改善されてきます。

しかし、急な下痢、発熱、嘔吐がある場合はウィルスや細菌性が原因の疑いがありますので速やかに病院へ行きましょうね。

腸内環境を良好にすれば、下痢をはじめ様々な問題は解決されやすくなります。



下痢の原因は春の季節の花粉
この時期になると下痢が続く方も多くなります。中でも下痢が続く原因の一つとして花粉が下痢の原因として挙げられるのは珍しいことですが、様々な花粉が下痢の原因として起こることがあるのです。

スギ花粉症は今でこそ認知度が高いのですが、昭和30年代終盤に発見された比較的新しい疾患です。

そして、その後、花粉症患者は増え続ける一方です。毎年花粉が飛び散る季節になるとなんだか吐き気や下痢を起こすという場合、花粉症が原因であることもあるようです。

花粉症と下痢、吐き気の関係性
たとえば、毎年花粉が飛散する時期に吐き気や下痢、下痢が続くなどの症状があったとしても、その症状が軽ければ見逃したり、そのままにして、忘れてしまうことも多いでしょう。

実は花粉症には下痢や吐き気の症状を起こす原因にもなるのです。そして、これらの症状は花粉が原因だと知らずに下痢が続くことに悩まされている人のなんと多いことでしょう。

口や鼻から肛門まではひとつの管で繋がっています。そのため、内壁は同じような粘膜で覆われています。鼻や口は例えるなら体の玄関であるため、花粉の影響を最も受けやすい場所といえるでしょう。

しかしながら、口や鼻から入った花粉が、唾液と共に胃腸へ運ばれてしまうこともあり、そんな時、胃腸の粘膜が反応して、胃では吐き気、腸であれば下痢という症状として現れるのです。

花粉症の色々な症状は、そもそも、体内に入った異物に対する過剰な防衛反応によるものです。口や鼻から運ばれた花粉は、胃や腸でも体に有害な物質と判断されるため、体は排除しようとします。

その時分泌される物質が、アレルギー症状を起こしてしまい、下痢の原因やこの時期特有の下痢が続く原因となるのです。

下痢の原因は花粉症の二次的疾患
花粉症の二次的疾患として、花粉が直接の原因ではなく、花粉症による目のかゆみ、頭痛、鼻づまりなどにより、極度のストレスを感じることで、自律神経が乱れてしまい、吐き気や下痢の症状があらわれることもあります。

花粉症はなかなか治りにくいものです。マスクやゴーグルで体に花粉を入れない対策はもちろん、合わせて腸内の環境を整えたり、体質改善に取り組むなど、対策が必要です。

特に腸内環境は免疫に影響を及ぼすといわれています。

おなかの調子を整えることで、副次的にアレルギー体質が改善することもあるようです。

代謝機能が正常に働いていれば、体内に蓄積した化学物質(毒素など)は便なや尿と一緒に体外に排出されます。しかしアレルギーの方は化学物質の蓄積に対し、その排泄が追い付かず、体内に蓄積され続けると考えられます。



腸内環境を整えよう
代謝機能を正常に保つ基本は腸内環境です。腸内環境を正常に保つのは腸内善玉菌の働きです。

腸内善玉菌が多ければ、腸内は正常な働きをします。免疫力も高まり、下痢はもちろんの事、アレルギーなども改善されます。

腸内環境が整えれば病気の9割は改善されるのです。腸内環境を整えるサプリメントがありますので上手に利用しましょう。

※慢性的な下痢が解決しない場合は、お近くの病院で医師の診断を受けて下さい。また、 必要なサプリメントで腸内の悪玉菌と善玉菌のバランスを整えることで解決する場合もあります。
いずれにしても、正しい栄養補給や生活習慣を心がけて、下痢体質をしっかりと改善していきましょう。

下痢の原因の最近記事

関連記事